無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
フォロー中のブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
その他のジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
案外人種差別的なmiracleさん+BerryGardenさん(サッカーとナショナリズム)
人気ブログランキングへ

とれまが就職・転職人気ブログランキング



web拍手 by FC2

上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。





新しくカテゴリーを作りました。

 反保守あるいは反極右反在特会を唱えているインターネットのかたがたも同じような考え方をもっていると思うのでその原因などを考えてみたいと思う。

極右翼勢力という有門という人が運営するブログの 
保守死すとも排外主義は死せず!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51741707.html
という記事(↑タイトルはいかにもおどろおどろしいが単なるサッカーの話題。極右翼勢力という部ブログは結構そういうものが多い)

クラブ潰す気かよ【miracleさん+BerryGarden】
http://miraclemiracle.net/archives/2011/0518_131445.html
がTBされていた。
現在はその記事の内容は、

クラブ潰す気かよ2011年5月18日(水)13:14
http://miraclemiracle.net/archives/2011/0518_131445.html
に移転されているようだ。

中身を掲載すると、
パトラッシュ有門さんは偏差値35のくせしてなんか油断するとフットボール方面に擦り寄って来るので駆除する方は大変でございます。AKBとかあっちいってくんないかな。


と書き
保守死すとも排外主義は死せず!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51741707.html
をそのままコピペしてその上で↓のように書いている(長いので引用部分はてきとうに読み飛ばして下さい)

長くなるが全文を引用した。クラクラこないだろうか。僕はした。これが今年37歳を迎える人間の考えることだ。フットボールと暴力、スタジアムで恒常的に行われる差別的言動、さらには欧州の歴史に対して無知な人間がこれほどまで妄想を書き連ねるというのも犯罪的行為だよな。

ご多分にもれずフットボールも白人のスポーツだった。特に発祥の地であるヨーロッパでは。ペレはたしかに偉大なプレイヤーだったが所詮新大陸での出来事であり保守的な欧州フットボール界にその方面の影響を与えたわけではない。それにはもう少しあとのアフリカ大陸からやってきたプレイヤーの出現を待つことになる。

当時ポルトガルはヨーロッパ的にハブにされていてほとんと選手の交流もなかったのだが、サラザールが「海外県」にした地域からの選手の発掘は積極的に行い、ポルト、スポルティング、ベンフィカといった3大クラブが揃って出店をモザンビークやアンゴラに出していた。「黒豹」エウゼビオもそんな買われてきた見出された一人である。最初はスポルティングに行くはずだったんだけどいろいろあってベンフィカに入団。その間リーグ優勝10回、チャンピオンズリーグ優勝2回、白眉は66年ワールドカップの対北朝鮮戦。0-3のビハインドから一人で4点叩き込んで金日成の野望を轟沈させた。ペレ以上にインパクトの有る黒人選手だったというのは彼がヨーロッパの選手だったと言う事に尽きるのだろう。それでも、ポルトガルは当時ハブにされていて、カーネーション革命まで待たなければならないが。

その後、少しずつイングランド、オランダ、スペイン、フランスなんかで黒人選手が増えてきた。旧植民地からの選手の優先的な受け入れもあったことは疑いない。逆に第一次大戦ですべての海外植民地を失ったドイツや植民地拡張合戦の最中はリソルジメント真っ最中のイタリアなんかにはあまり黒人選手がいないと言う現状である。そして、隠然と差別は残った。74年ワールドカップのユーゴスラビア対ザイールでコロンビアの主審はゴール前で決定的な反則を犯した選手ではなく、近くにいた選手に赤紙を提示して退場処分にした。「お前らクロンボなんて誰が誰でも同じだろ」という態度で。もちろん、ザイールがワールドカップに相応しいレベルのチームだったかには疑問も残る。何しろスコアは9-0だ。


・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
(以上計3つ)

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2012-01-18 04:33 | 反極右反在特会
東京叩きにみられる地方民の悲劇(瓦礫編と柳ヶ瀬裕文議員の活躍)
人気ブログランキングへ

とれまが就職・転職人気ブログランキング



web拍手 by FC2

上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。
,<追記>
京都府京都市への瓦礫搬入には特に反対だな↓参照

自民党への期待。小沢一郎と手を組む懲りない今井一神保哲生愛川欽也氏京都府市瓦礫反対
http://yuukinohan.exblog.jp/15640540/

平成二十三年東京都議会会議録第九号
平成二十三年六月二十四日(金曜日)
http://www.gikai.metro.tokyo.jp/record/proceedings/2011-2/03.html#03の一部を掲載するが、私のブログの読者でも半分くらいは読めないだろう。
〇二十七番(柳ヶ瀬裕文君) 三月十一日に起きた東日本大震災によって、我が国はまさに未曾有の国難といえる状況に陥っています。また、大震災によって引き起こされた福島原発事故は、東北地方のみならず、関東圏、そして、この首都東京にまで大きな影響を与えています。
 福島原発から飛散した放射性物質は、遠く離れた東京にまで到達し、さまざまな問題を引き起こしています。この放射性物質の問題で対処が困難なのは、その影響がよくわかっていないということなのです。高線量の放射線を浴びれば、がんの発症率が上がるという知見はありますが、低線量被曝がどのような影響を与えるか、これはよくわかっていません。
 ですから、私たちがこの問題に対処するに当たり、とり得る方針はただ一つ。被曝量、放射性物質の量、これを可能な限り低減させていく、この方針しかありません。つまり、私たち都議会と東京都は、都民の健康を守るために、この大方針を掲げて施策につなげていくべきだと、そのように考えています。
 さて、都内の下水処理施設で高濃度の放射性物質が検出されました。東京に到達したさまざまな放射性物質が雨によって降下し、下水道に合流し、下水汚泥に入り込んだ。その汚泥を焼却することによって濃縮され、高濃度の放射性物質を含んだ焼却灰を生み出したのです。
 問題は、下水処理施設は放射性物質を取り扱うこと、これを想定したものではありません。本来、厳重に管理されなければいけないその物質が、突如として都の施設にあらわれた。しかし、都は、高濃度の放射性物質があること、これを認識しながらも、その影響を考慮することなく、原発事故前と同様に、変わらない工程でこの間、処理を続けてきました。ここにまずは大きな問題があるのではないかということ、これを申し上げておきます。
 放射性物質を飛散させたのは東京都ではありません。都も被害者です。しかし、その問題への対処をちゅうちょし、都の施設が万が一にもこの汚染を再拡散させることがあるとするならば、それは加害者の一員になってしまうのです。どうか賢明なご判断をいただきたいと思います。
 二つの大きな懸念があります。一つは、下水処理を作業している職員、作業員の安全は大丈夫なのかということ。もう一つは、その処理作業の過程で、周囲に放射性物質等を飛散していないかどうかということです。
 南部スラッジプラントでは、東京都の調査で毎時二・六九マイクロシーベルトを記録する施設がありました。この値は計画的避難区域に指定された地域と同等の非常に高い値であり、国が電離放射線障害防止規則で定めた管理区域にしなければならない基準である毎時二・五マイクロシーベルトを超えるものです。
 管理区域とは、作業員や一般人を被曝による健康被害から守るために、放射線量の高いエリアをほかの地域と分けて区分管理するというものです。
 東京都は、この高線量を記録した施設を、規則に従い管理区域に指定し、むやみに人を立ち入らせない、線量管理をするなど、作業員の安全を図らなければならないはずです。しかし、高線量が判明してから二週間たっても、その指定はなされていません。
 そこで、なぜこの管理区域に指定しないのか、その理由をまずは聞かせていただきたいと思います。
 また、管理区域に指定しないと労働安全衛生法違反に問われるということ、これをご存じなのかどうか、これも伺いたいと思います。
 南部スラッジプラントでは、たまたまこのような線量の高い施設が判明しました。ほかの各水再生センターやスラッジプラントの状況はどうでしょうか。同様の施設がないかどうか、徹底した調査を要請しますが、見解を伺いたいと思います。
 各下水処理施設の周囲への影響も心配です。焼却灰や混練りされた灰が運搬などの過程で飛散していないかどうかということもありますが、一番の懸念は、焼却時に排出される排気ガスです。
 先ほども申し上げたとおり、下水処理施設は放射性物質の処理を目的につくられたものではありません。ですから、その排ガス処理においても、ダイオキシン対策、粉じん対策が主眼に置かれています。そのような施設で、果たして高濃度の放射性物質を燃やすとどうなるのか。
 昨日、排ガスはフィルターや水処理を通じて九九・九%以上の放射性物質を捕集できるから安全だという答弁があったかと思います。これはどのような根拠に基づくものなのでしょうか。その根拠はよくわかりません。粉じんが九九・九%とれるから放射性物質もとれるということなのでしょうか。多分、国の災害廃棄物安全評価検討会で提出された九九・五%捕集できるという、この資料に基づくものなのでしょう。
 そこで、私はこの検討会のメンバーである、独立行政法人国立環境研究所の大迫センター長に話を聞いてまいりました。すると、この検討会に示された条件と都の施設では条件が異なるということがわかりました。
 この図を見ていただきたいのですが(パネルを示す)これがその検討会に提出された資料であります。国の実験では、放射性物質を焼却した後、急冷をして、バグフィルターを通して、その後に水処理、活性炭、触媒、こういった処理をして、煙突から排気がなされています。
 これに比べて、都の施設はどうか。例えば南部スラッジプラントであれば、焼却された後、急冷されることはありません。非常に高い温度、三百三十度、これでフィルターの方に送り込まれます。バグフィルターよりも性能が劣るセラミックフィルター、これを使っている。湿式スクラバーはどうか。水処理も、上からのシャワーリングでしかありません。活性炭、触媒、こういった機能はスラッジプラントにはついていないんです。
 つまり、この国の九九%捕集できるという施設に比べて、非常に簡易なつくりになっているのがこの下水処理施設なんです。正しくいえば、それぞれの施設は設備、性能が異なり、やってみなければわからないということになるのだと思います。つまり、この排ガスの安全性というのは、非常に脆弱な根拠の上に成り立っているといえるのです。
 また、もし排ガスから放射性物質を九九・五%捕集できたとしても、安全だといえるわけではありません。それは、その排ガスの量、規模が圧倒的に大きいからなんですね。濃度が低くても、大量に放出されれば危険だということなのです。
 専門家の助言をいただきながら、どれだけの放射性物質が大気中に排出されている可能性があるか、これを試算してみました。
 東京都から提出された一日当たりの汚泥の量、焼却灰の量、そして放射能の量、こういったものを掛け合わせていくと、一日当たり、東京都全体の下水汚泥の総放射能量、これは約二十一・五億ベクレルになります。焼却灰の放射能総量、これは十七・六億ベクレルなんですね。
 とてつもない量の放射能、放射性物質を扱っているわけですが、ポイントは、放射性物質は焼却してもどこかに消えることはないということなのです。その姿が気体になったり固体になったりはするものの、トータルの放射能量、これが減ることはありません。つまり、この汚泥に存在した二十一・五億ベクレル、焼却灰となって捕集した十七・六億ベクレル、この数字を引いた一日三・九億ベクレル、これが行方不明となっているのです。どこに行っているかわからない。都は、この三・九億ベクレルがどこに行ったのか、これを合理的に説明することができるのでしょうか。
 大きな可能性としては、これは二つあります。排ガスとなって大気に排出されている、もう一つは、水処理によって溶けている、そのどちらかです。セシウムは水溶性ですから溶けている可能性はありますが、それがどれだけの量か、これはわかりません。
 そこで、もし都がいうように、排ガスに放射性物質が含まれないとするならば、非常に高い濃度の汚染水を排出していることになります。都は、大気中に放出されていないというのであれば、そのことを示すためにも、処理水をしっかりと検査するべきだと思いますが、その見解をお伺いします。
 また、土壌を中心とした処理施設周辺への影響調査が必要です。それは原発事故から三カ月がたち、濃度が低くなっていると考えられる現状の排ガス測定だけでは、これまでどれだけの影響を与えてきたのかわからないからです。
 江東区では、江東こども守る会という有志の皆さんが独自に専門家に調査を依頼し、測定を行っています。その結果、東部スラッジプラント周辺の土壌から高濃度の汚染を検出し、調査に当たった神戸大学の山内教授は、その報告書で、東部スラッジプラントが二次的な汚染源になっている蓋然性が認められるとまでいっているんです。この結果を都はどのように受けとめているのか。
 まずは、現状の排ガスを各施設で検査測定すること。その測定方法に関しては、よく検討することが必要です。また、施設周辺など外部への影響を調査し、広く公表すること。必要に応じて除染することなどの手だてが必要だというふうに考えますが、所見をお伺いいたします。
 また、下水汚泥の放射性物質は、今後も継続的に排出されていきます。高濃度に汚染された焼却灰も大量に出続けるんです。現状は、この高濃度の焼却灰は、中央防波堤に埋め続けていますが、このことは未来に禍根を残すことになりませんか。
 今、我が国の技術は大変すばらしいものがあります。例えば、金沢大学の太田教授が率いる汚染処理プロジェクトチームなどは、この下水汚泥処理の途中段階でセシウムなどを洗浄できる、その可能性を示唆しています。このような技術をぜひ積極的に検討していただきたいと思いますが、見解を伺います。
 私は、昨日お言葉をいただきましたが、不安をあおる者ではありません。そこに都民の健康を害するわずかでも可能性があれば、徹底的に調査をして明らかにする必要があるんです。それが私たちの役割なんです。それを調査することもなく、根拠もなく、安心だ、安心だという者があれば、その者こそ不安をあおる者だということになりませんか。
 普通の焼却施設で放射性物質を燃やし、不安を持つのは当然です。東京都は、その不安に対し、納得のいくまで説明する責任があります。徹底した調査をし、その結果を広く明らかにしていただきたいと思います。
 次のテーマに移りますが、原発事故による影響で食の安全が大きく揺らいでいます。東京は、世界でも有数の食の中心地でしたが、現状はどうなっているのか。各区市議会には、給食の食材を心配し検査を求める陳情などが数多く提出されています。なぜこのような要望が多く出されるのか。それは現状の検査体制が不安だからですね。そして、子どもに対しては本当に安全なものを食べさせたいという、ごく当然の願いがあるからなんです。
 東京都は、この状況で何をするべきなのか。都は産地で検査をしているから問題ないと考えているようですが、それで本当に不安を払拭できるのか。
 元農水事務次官、高木氏が委員長を務め、伊藤裕康氏もメンバーとなって出した日経調の緊急提言の中には、消費者の不安に対応するため、東日本から入荷する水産物の汚染度合いを築地市場など消費地市場でも独自に調査を行い、定期的に情報発信することが必要だとしており、各段階での検査が重要だと述べています。つまり、産地での検査だけでなく消費者に近いところでも、ダブルチェックをすることが必要だということなんですね。
 実際、東京都は消費地として、この放射能汚染に関しては、チェルノブイリ以来二十四年間、ヨーロッパの食材を徹底的に検査してきました。平成二十一年度には六百十六品目、これを検査し、フランス産ブルーベリージャム一検体から三百七十ベクレルを超える放射能を検出しています。
 私は、都内流通食品は世界一安全だというブランドを再度取り戻さなければいけないと思います。そのためには、徹底的な検査が必要なんです。都は、中央卸売市場において、都内で流通する農産物などの抜取検査を実施するべきと考えますが、見解を伺います。また、検査機器を整備するということですが、これらの機器を積極的に活用し検査すべきと考えますが、見解を伺います。
 以上で私の質問を終わります。(拍手)
   〔下水道局長松田二郎君登壇〕

〇下水道局長(松田二郎君) 柳ヶ瀬裕文議員の一般質問にお答えをいたします。
 放射性物質を含む下水汚泥の取り扱い等に関するご質問でございます。
 まず、下水道の各施設の管理及び放射線量の調査についてでありますが、放射性物質を含む焼却灰などの処理作業に当たり、施設へ立ち入る作業者を限定するとともに、マスク、手袋、ゴーグルを着用するなど安全対策を講じております。
 また、汚泥処理を行う水再生センターやスラッジプラント全十二カ所において、既に施設の内部や周辺で空間放射線量を測定し、作業環境の安全性を確認しながら作業を進めております。私どもは、推計値だけで仕事を進めているわけではございません。
 なお、測定結果が比較的高い一部のエリアでは、既に安全対策を講じておりますが、作業員の労働安全衛生対策に万全を期すため、厚生労働省など関係機関と協議しつつ、作業の安全性を一層高める観点から、よりきめ細かな作業方法を徹底するなど適切に対応してまいります。
 次に、下水汚泥の焼却によって生じる排ガスやその影響についてでございますが、排ガスは煙突から排出をされる前に、細かいちりなどを除去できる高性能フィルターなどに通しまして、その後、さらにアルカリ性の水によって洗うことで、固形物を九九・九%以上回収し、焼却灰が施設外へ飛散することのないよう適切に管理をしております。
 水で洗った後の排ガスの成分を専門家に委託して測定をした結果、放射性物質は検出されておりません。このため、周辺環境への影響はないと考えております。
 次に、処理水に含まれる放射性物質の測定についてでありますが、当局では、これまで放射性物質による処理水などの汚染状況を確認する目的で、総量としての放射能である全ベータ放射能による測定を行ってまいりました。
 四月二十八日に四カ所の水再生センターで測定した数値を公表しておりますが、二カ所で不検出であり、検出をされた二カ所の水再生センターでも、一キログラム中一・五ベクレルと一・七ベクレルでございました。その後も継続して測定を行っておりますが、直近の六月七日に測定した数値は、四カ所すべてで不検出でありました。
 次に、下水汚泥の焼却によって生じる排ガスの測定方法や外部への影響などについてでありますが、先般、国から下水汚泥等の当面の取り扱いに関する考え方が示され、この中で、排ガスの放射能濃度を測定することとなっておりますが、測定方法などの具体的な手法が示されないなど、多くの自治体が対応に苦慮する内容となっております。
 既に当局では、一部の施設で学識経験者などの助言を踏まえ、排ガスの成分を専門機関に委託して測定をしており、その結果、放射性物質は検出をされておりません。今後とも、各施設で継続して測定をしていくこととしております。
 また、汚泥処理施設の敷地境界の空間放射線量について、既に公表はしておりますが、都内の他の地域と変わらない数値となっております。このため、周辺環境への影響はないと考えております。今後とも、いたずらに不安をあおられることのないよう、正しい情報を公開してまいります。
 次に、放射性物質の除去などの技術の検討についてでありますが、既に、首都大学東京や東京工業大学などの学識経験者などから、下水汚泥や焼却灰に含まれる放射性物質の測定方法や取り扱いについての助言を得ております。
 また、国がこのほど設置した放射能に知見を有する学識経験者などで構成をしております下水道における放射性物質対策に関する検討会において、下水処理施設における放射性物質の挙動や、下水汚泥の保管、有効利用、処分の方策等を検討しております。この検討会には、私ども下水道局も参画をしております。検討会における意見や議論などを踏まえまして、今後とも適切な対応を図ってまいります。



ネオ東条英機という新極右評論(極右翼勢力)のコメント欄の方は
「東京湾に運び込まれる瓦礫処理は大工が穴掘って埋めるから産廃やゴミ処理業者など使う必要は無い。利権は発生しない」などとのたまっていたそうな。

 でたらめもいいところだな。

 管理人含めてデマでも何でも受け入れるのには恐れ入ったな。

2011/09/29災害廃棄物の受け入れについて【東京都】
http://yanagase.org/2011/09/29/%e7%81%bd%e5%ae%b3%e5%bb%83%e6%a3%84%e7%89%a9%e3%81%ae%e5%8f%97%e3%81%91%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%90%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%80%91/

2011/10/04中央防波堤は安全か?【社会科見学について】
http://yanagase.org/2011/10/04/%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e9%98%b2%e6%b3%a2%e5%a0%a4%e3%81%af%e5%ae%89%e5%85%a8%e3%81%8b%ef%bc%9f%e3%80%90%e7%a4%be%e4%bc%9a%e7%a7%91%e8%a6%8b%e5%ad%a6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%91/

2011/10/28震災瓦礫の受け入れについて【日程詳細】
http://yanagase.org/2011/10/28/%e9%9c%87%e7%81%bd%e7%93%a6%e7%a4%ab%e3%81%ae%e5%8f%97%e3%81%91%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e3%80%90%e6%97%a5%e7%a8%8b%e8%a9%b3%e7%b4%b0%e3%80%91/

瓦礫については
2011年10月29日
多摩の汚泥焼却灰が東京湾に埋め立て開始されたが、焼却灰の埋め立ての様子に「飛散しまくってんじゃん!」「扱い適当すぎ」の声多数
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/49573447.htmlに詳しい。
a0065225_8285990.jpg


 しかし、私は瓦礫自体はもう下から染み出て東京湾に流れ出す前提の構造の設計をしているのでしょうがないという気もしている。都民の立場なら。

 一方、地方民、千葉神奈川静岡愛知から高知県の立場としてみると、東京湾が汚染されたということは静岡以西に汚染が行き届くことは必然に近くなっている。(ま、海流の流れを考えると必然ではない)

 だから、地方の立場としては、この東京湾埋め立てには厳しい目を向けなければいけない。東京は最悪漁業が無くても生きていけるが地方はそうは行かないから。


・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
(以上計3つ)

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2012-01-11 06:02 | 地震と原発問題
条例改正反対と死刑廃止議論(東京都青少年の健全な育成に関する条例改正18)
人気ブログランキングへ

とれまが就職・転職人気ブログランキング



web拍手 by FC2

上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。



桜井瀬戸両氏は規制賛成派だ!と永久運動(東京都青少年の健全な育成に関する条例改正17)
http://yuukinohan.exblog.jp/11944730の続きである。

 一連の議論の流れは

http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%85%A8%E3%81%AA%E8%82%B2%E6%88%90%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BE%8B/
http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%85%A8%E3%81%AA%E8%82%B2%E6%88%90%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%9D%A1%E4%BE%8B/


http://yuukinohan.exblog.jp/i107/などをご覧下さい。

 今回は書き足りなかったことを書く。

 死刑廃止議論である。

3/7『平岡秀夫』法務大臣は粛々として死刑を執行せよ
http://youtu.be/3yIYKDKpmbw


死刑議論に関しては

死刑廃止議論考察2メディア問題
http://yuukinohan.exblog.jp/5250815などで述べているが、

 今回の東京都青少年の健全な育成に関する条例改正議論にどう関係するか述べていこう。

 コメント欄のやり取りも含めて追いかければわかりますが、

 条例改正反対者の議論は、「こういった書籍が青少年を犯罪に駆り立てている証拠を見せてほしい」「そんな因果関係があるのを証明しなければ改正は認められない」ということなのである。

 この時点で「これは不味いな」と思い、私は議論を続けておりました。

 どういうことかというと、社会に性犯罪が増えるか否かで判断するのは実は結構危険な面があるな。

 死刑で考えればわかりやすい。死刑廃止を主張する人達はこう言う。

「復讐で刑を執行するのは非常に野蛮なことだ。刑務所から出てきて再び過ちを繰り返さない。社会世間様に迷惑をかけないかで決めるべきだ。」という主張である。

 これは非常に危ないことでもある。

 例えば10万円を盗んでつかまった人がいる。通常ならば何年も刑務所に放り込まれることはない。
ところが「再犯をする可能性があるのならそれを治すまで何百年何万年刑務所や病院に入れておいても構わない」という議論になるわけである。

 10万円の範囲で刑務所に入らないで何年でもぶちこまれる。

 あるいは、これは本当かはわかりませんが、北欧諸国では性犯罪者は全員性器を切断します

 これも論理の立て方から言って正しくなってしまう。

 チ○ポを切れば明らかに強姦は減少するからだ。

 こういうことをわかっていて北欧の福祉国家を礼賛する人達は、それほど死刑廃止運動にこだわらない。死刑廃止になるということは応報部分が無くなる。「目には目を歯に歯を」なら、10万円盗んだだけで刑務所に100年ぶちこまれるということは無いから。言い換えると、死刑があるということは「目には目を歯には歯を」の理論が残っている。残さないと危険なことになるとわかっているのだ。
(わかっているブログの例↓
ほくそ笑む日本の金持ち達
http://takashichan.seesaa.net/article/124826543.html
2010年08月04日死刑制度について
http://takashichan.seesaa.net/article/158418732.html
2011年07月29日「風流夢物語」
http://takashichan.seesaa.net/article/217329241.html



・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
(以上計3つ)

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2012-01-04 05:51 | 青少年少女保護