無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
フォロー中のブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
その他のジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 12月 ( 42 )   > この月の画像一覧
タウンミーティング(TM)のやらせ問題と、ヤフーCM問題
以下は予定です。
 大晦日ですね。

 よし、

 タウンミーティング(TM)のやらせ問題と、ヤフー(Yahoo!)CM問題
の二つを通して、こうものを考えればいいんじゃないかという
思考方法を整理したいと思います。

今年中に出きるかわかりませんけど。

少しあとでやります。
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-31 14:12 | video.news.com
タイプ別性格診断
http://www32.ocn.ne.jp/~emina/

INFP型:社会のためになることをする


このタイプを一言で言えば「理想主義」である。
IF型なので、この世を主観的に解釈して思想を見つけ、その理想をさまざまな形でほかの人の手助けに使う。
「ジャンヌダルク」のように、社会に役立つ崇高な奉仕をすることで達成感を求めることが多い。

INFP型には自ら課した生活「規則」があり、人に押し付けたりはしないが、自分は厳格に守る。

しかし、対人関係では、INFP型はのんきで人に合わせるタイプだ。

波風を起こすよりも和を大事にして、自分の理想を曲げずにすむ限り、「人に合わせる」ほうである。

だが、その「規則」を踏みにじられると、非常に居丈高になり、人をびっくりさせるだけではなく、自分でも驚く。

その例として、母親が学校にわが子を不当に扱われたと感じた場合がある。

普段はおとなしいINFP型の母親が、あらゆる手段を尽くして、その不当を正して、より良い環境をつくるよう全力で追求するー学校がよくなれば、わが子だけではなく、他の生徒達のためにもなると思うからだ。

INFP型の男性は、ほかの人、とりわけ男は男らしくあるべきだと思っている男性からは、優しすぎると見られたり、女々しいと思われることすらある。

見かけは立派でも、受身で無理をしないので、しばしば男の役目とされることについては、任せておけという態度にかける。

しかしながら、自分の価値観が脅かされそうだと感じたときは、一転して厳しい態度に出る。

職場や家庭や友人関係で、そこが分かっていない人には、二面性があると見られるが、悪くすると、得体の知れない気分屋と思われる。

INFP型の男性がE型の女性と結婚すると、女房の尻に敷かれているといわれてしまう。

だが、実際には、妻が主導権を握るには限界があることに早く気づかないと、結婚生活はうまくいかない。

INFP型の女性は、社会生活でその性格が好ましいと見られ、感心されることもある。

おとなしいが頑固なところは、男性の場合は押し付けがましくないけれども融通が利かないと受け取られがちだが、女性の場合は芯が強いとほめられる。

INFP型はレッテルをはられたがらず、こんな人ではないのにと思われるようなことをしたくなる。
それが時折予測もつかない、とっぴな行動となって表れる。


親子関係

同じことは親子関係にもいえる。

INFP型の親はじっくり考えたうえで、これは大事なことだというものをいくつか決める。
子どもがそれを尊重している限りは、子どものやりたいことをおおらかに認めてやる。

INFP型の親は総じて、子どもを積極的に認める姿勢をとるので、子どもは親を何でも打ち明けられる友達のように思う。

INFP型の親に弱点があるとすれば、I型の面である。

子どものよいところを認めていても、ロべたなので、なかなかあからさまにほめることができない。

INFP型の子どもはのんきな性格を装っているので、人からはのんきな子だと思われる。

親を喜ばせたがり、ほめられたがる。おおむね自分のまわりの人にやさしく、人の気持ちに敏感で、自分を犠牲にしても、人のいうことを聞く。

そうした自己犠牲を評価してもらえなかったり、さらに批判されたりすると、不機嫌になり、必要以上に相手の言葉を自分への当てつけと取ってしまう。

学校でもよい生徒で、先生に気に入られようと努カするので、成績がよい。
だが、よい子の仮面の下にはいつも自己不信と自己批判があり、「よくできた」といわれても、ほんとうの実力がわかっているのは自分だけだと思い、まだ完璧とはいえないと自分を責める。

自画自賛と自己卑下のあいだで葛藤をくり返し、結局は自分を過小評価しがちである。
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-30 10:19 | 自己紹介
「エゴグラムによる性格診断」
http://www.egogram-f.jp/seikaku/kekka/bbbaa.htm

性格
個人的な人付き合いを非常に重視するタイプで、友人関係も多く、趣味や娯楽、夫婦生活などを生き甲斐にしている傾向があります。別に仕事が不熱心だと云う訳では無く、責任感などは人並ですし、判断力や生活感覚にも、何ら異常のある訳では有りません。しかし、好奇心が強く、想像力も豊かで、物珍しがり屋な所と、御祭り好きの人懐(なつ)こい性格が際立っている為に、ややもすると仕事が後回しになる傾向が出てくる訳です。

恋愛・結婚
家庭生活や夫婦生活に限って評価するなら、非常に高い点を与えられるタイプです。仕事に振り廻される心配のないタイプですから、家族間のコミュニケーションや性のエンジョイなどには抜かりが無く、相手に十分の満足感を与えられる可能性は高いでしょう。但し、貴方が男で有った場合に、高望みをするパラノイア系統の女性を妻にした時は、無理矢理に目的志向を持たされた上、尻を叩かれる可能性が有ります。御用心下さい。

職業適性
職業選択に於ける適性分野の方向は、間違いなく芸能や芸術部門でしょう。自由奔放な喜怒哀楽の感情と、それを制御して行こうとする感情とが、織り成す綾に恵まれた貴方は、心を表現する才能や物を表現する才能にも、恵まれたものを持つ可能性が非常に高いからです。その反面、警察官、刑務官、検事、判事など治安関係公務員や法律家などには、全く適性がありませんし、実業家、科学者、コンピュータ技術者などのような職業にも殆ど適応性が無いでしょう。

対人関係
貴方は感情の襞が豊富なタイプですし、人間関係の綾から何かを学び、何かを得るタイプなので、社交重視の生き方は、それはそれで結構だと思いますが、それが昂じて人間関係に振り廻されて仕舞う事が無いように、注意すべきです。
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-30 10:10 | 自己紹介
プレスクラブ (2006年06月06日) 『おかしいぞ警察・検察・裁判所Ⅳ』( 東京・文京シビックホール)
 『おかしいぞ警察・検察・裁判所Ⅳ』( 東京・文京シビックホール)

第一部安田弁護士

要点二つ
1つ目
刑事訴訟法改正で対等な法曹三者ではなくなった。
2つ目
司法が当てにならない。

ことを母子殺人事件を通して話した。

 私の結論は安田弁護士と同じ共謀罪反対なのだが
敢えて反対の面からチェックを入れてみる。

 「裁判所による弁護人への出頭命令を出すことが
みとめられた。これは法曹三者が対等でなくなった。
司法の劣化の例だ」という安田先生の発言。

 これは合っている面とそうでない面の両方を含んでいる。
合っている面はそのまま。合っていない点は、
「純粋に最高裁の10数人の裁判官や裁判官の人数の少なさ
では処理できないのでは?」
ということです。スケジュールをつめつめで審議しているから。

 そして、昨今は、訴訟も多いでしょうから。

 この点も、本来ならジャーナリストがちゃんとチェックして
指摘する必要がある。その上で、「どうやら安田先生や弁護士会の
共謀罪反対の論陣の方が理が通っていそうだ」という記事なり
番組を作るならもっと面白くなります。

 私が記者・作家なら単調な記事は絶対に書かない。
そこを突くのが自由なマスコミの役目だろうと思いますね。
前に書いたこの記事の末尾で指摘したとおり、
きっちり根っこを持って単調頭にならないで突っ込まなきゃ
駄目ですよね。こうやって言うのはらくだが、実際に記事を書くと
取材相手の弁護士の方と仲がギクシャクしたりして
大変なんだろうけど・・。

More
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-30 10:02 | video.news.com
働きマンとDr.コトー
 働きマンと労働者流し

 公式サイト働きマン:「アニメ」と「人材派遣」の幸せな出会い ディップ
MSN毎日インタラクティブ
---コピペ改変↓---
  06年10月からフジテレビ系深夜に放送され、21日に最終回を迎えたテレビアニメ「働きマン」。主人公・松方弘子の猛烈な仕事ぶりに、20~30代の働く人たちが共感し、高視聴率を記録。さらに、松方をイメージキャラクターに使った人材派遣会社「ディップ」(東京都港区、冨田英揮社長)のCMも注目を集めている。「アニメ」と「派遣」というちょっと意外な組み合わせはどうやって生まれたのか。【渡辺圭】

 「働きマン」は、安野モヨコさんの同名マンガ(「モーニング」で不定期連載中)が原作で、週刊誌記者の弘子を中心に出版社などで働く人々の喜びや苦悩を描いたヒューマンストーリー。コミックス1~3巻で累計160万部発行という人気作だ。

 ディップは97年に設立。「はたらこねっと」や「バイトルドットコム」など派遣社員やアルバイトの求人情報サイトの運営を中心に、05年度の売り上げは前年度比67%増の約51億円と急成長を見せている人材派遣会社だ。

中略

ディップの「働きマン」を使ったプロモーションは続くといい、相原部長は「主題歌を聞いたり、DVDを見たりしてディップを思い出してくれれば」と期待する。アニメの最終回で、仕事に打ち込み過ぎた弘子は恋人と別れてしまったが、「働きマン」とディップの“幸せな関係”はまだ続きそうだ。

ディップ
http://www.dip-net.co.jp/
働きマン
http://hataraki-anime.com/
アニメ・マンガ・ゲームの無料情報紙「まんたんブロード」 全国800カ所で配布中
 2006年12月28日

---終了↑


 この番組の第1回だけみたことがある。
CMで主人公を出して派遣会社の宣伝をやっていたのを見て
即TVをぶちきったのを覚えている。

 こんなのが高視聴率を記録すること自体、

 若者=バカモノ

だと自己紹介してるようにしか見えない。

 派遣会社のCMをやるのが悪いんじゃない。

 いいか、この漫画の内容は、正社員で大手出版社の
記者になった人間が主人公なんだぞ。で、苦労した苦労した
といいながら数万部以上の雑誌の記事を20代で担当させて
もらえるわけだ。

 舐めているんじゃないか?フリーや派遣社員でシコシコ労働して
なんとか一人前のルポライターとして独立して食えるように
なるまでやっていく(となると大成するのは40台以降になるだろうが)
内容なら、人材派遣会社を薦めるのはわからんでもないし
納得も行く。すぐに報われないので視聴者は飽きるだろうが。

 私は、「世の中なめくさりやがって」という怒りをもった。
3日くらいTVみていないで初めてみたのが深夜のそんな糞番組でした。

 若い連中はよくもまぁあんなのを楽しんでみれるな?

 と説教の一つもかましたくなった。・・・が、

 見たときに

 「どうせ、俺と同じ世代とそれ以下の人間の大多数には人気あるだろうな。
所詮その程度だから。ヘタレも大概にしないと」とは思った。

 どうせ講談社とフジテレビだろうと思ったが、ドンピシャリだったな。
「他人を見下す若者達」も「のだめカンタービレ」も「働きマン」も
同じなんだよ。講談社側からすれば、「こいつらはこうすればヒステリックに
反応して良い金儲けになる」「こうすればこいつらはイメージ良く
都合よくとらえて良い広告になる」

 相当↓で触れた。

 『のだめカンタービレ1』
 『他人を見下す若者たち』と『のだめカンタービレ』
 「のだめカンタービレ」クラシック音楽をテーマにした漫画
 
 この機会に「Dr.コトー」についても触れようか。
山田貴敏先生の作品ですね。「ブラックジャックによろしく」とは違うスタンス
だな。
 
 実は、山田貴敏さんは「BJによろしく」よりもっとえぐく
書く人だったのだ。例えば、「いただきます」では当たり屋や
詐欺師をやって生き延びていくゴダイという人間を描いた。
あるいは、三菱自動車リコールを10年以上前に漫画で
とりあげていた。

 要は、「BJによろしく」なんかよりも、世界のエグサを
描きつつ人間味を加えられることが出来る人材なのだ。

 だが、「コトー」ではそういう書き方はしなかった。
読者層が変わってしまったからだ。「いただきます」では主人公は
元詐欺師なのだが、その知恵を生かして社会矛盾を変えていく
というスタンスで物語りは進んでいく。が、「コトー」はそうではない。
主人公は初めから優秀で人間味溢れる若い医者という設定。
で、矛盾も描かれるのだが、結局なよなよとする。ソフト。

 山田先生が年齢を重ねたのもあったが、読者層が変わった
日本国民の性格が変わったというのが大きい。
「のだめ」と同じなのだ。ストレートに、女性に対して
「部屋がゴミ屋敷で成績や仕事がいまひとつでも大丈夫だよ。」
「頑張っていこう。」「少しずつよくしていこう」と言うのは禁句。
で、「全然別の人の話なんだけど、ゴミ屋敷に住んでいる
女性がいてね~」という展開にしないとうけない。少なくとも
そうした方が受けるわけ。

 ネットでもそうだよね。特にブログをやり始めてから
気が付いたんだけれども、掲示板でまともに質問してやりとりして
情報を得るというよりも、「コソッ」と盗み出すような印象を受ける。

 大学院入試において、数十のブログでブックマークをつけて
情報を引き出していることを合格体験談でのたまう一方、
お礼の一言もしない(Yuichiroの記事参照)

 あるいは、わたし自身の大学入学直後の体験だが、
2ちゃんねるの語学関係の板で質問スレがある。
そのスレで私はこんな質問をした
「第二外国語は自由に選び過ぎて、内戦のある国の言語とかだと
将来の問題はありませんか?」という質問だ。

 始めに回答者は根堀葉堀学歴を聞いたが、
結局回答には難の関係も無かった。あるいは、田舎だからと、
大学をバカにする人間もいた。

 回答者は1人も自身の体験や経歴に基づく回答は一人も
いなかった。例えば「俺の友人は~語でこういう経験をした」
「俺はこういう語をとったけど、問題なかった」全くなし。
明らかな嘘もあったな。

 まぁ、これはあくまで2ちゃんねる・掲示板上のやりとりだから
どうでも良いと言う考えも出きる。実際どうでもいいですし。
だが、わたし自身の経験では、現実でも結構こういうタイプの人間は
かなり多い気がする。他人にやたら経歴そのほかは聞きまくるのに
自身のことは全く話さない・聞かれたら碇出すなど。
怒りだすのは論外としても似たタイプは結構多い。
「ヘタレ」系である。この「ヘタレ」系の分布にも特徴がある。

 大学生同士で比較すると・・

 国立大学が圧倒的に私立大学よりも率が高い・・気がする。
決意表明というカテゴリとも関係がある。
どうもヘタレが多いのだ。そして、ロースクール入試を
通して教授・院生に接触したが、同様な印象をもった。
この話は長くなるのでDr.コトーに戻す。

 さて、医療関係の方の運営するブログではよく
BJによろしくには酷評・ここが違うという意見を書きながら
Dr.コトーは好きな漫画ですと自己紹介に書く人がいる。
医学的にありえないとBJに指摘しておきながら
Dr.コトーの作品中の結構無茶苦茶な手術(小船で盲腸手術など)
には一切指摘なしである。

 Dr.コトーは基本的に読者の医者が気持ちよくなるようなことを
中心に書いてある。孤島で一人医者を営んでいる五島先生は
20代の男性であるのに性欲処理についての話題は一切無い
のである。しかも家にはほとんど帰らず、診療所に住み込みに近い。
かわいい看護婦もいるが、プラトニックラブだそうである。一体どうしている
のだろうか?・・という疑問には一切答えない。キレイキレイな世界を
演出している。

 少なくとも同著者の「いただきます」はそこまで異常ではなかった。

 多くの読者は「いただきますが異常で、コトーはまとも」という感想を
持つだろう。しかし、この感想を持つ感性が、「働きマン」が人材派遣業を
宣伝しても不思議に思わないということや「のだめカンタービレ」が癒し系だ
と考える人々、「他人を見下す若者達」に対して騒いで売れ行きに
貢献した若者達を生み出したと、私は思うのである。

 医学界・医者の世界・医学部のせこさ情けなさは
以前から批判されていたと思ったが、のだめや働きマンを見る限り、
一般の若者でも同質のせこさ情けなさが蔓延している
という感想を否定することができないのである。


関連リンク
 講談社
 フジテレビ
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-29 11:27 | 主に法律以外の書評
デザイナー
エキサイトブログ利用規約改定とライフログカテゴリの拡張について

Commented by hotway_z at 2006-12-21 16:27 x
アフィリ解禁に否定的なご意見も、けっこうあるんですね。ちょっと意外です。私は賛成。感謝したいと思います。exciteは非常に軽くて、更新も楽なのですが、アフィリエイトが不可ということで、他のブログを併用して使っていました。――と言いますか、exciteがほったらかしになりがちになってしまっていたのです。私としては、exciteがもともと気に入っていましたので、また、戻ってこようと思います。exciteで大もうけしようなどとは考えていませんが。いずれにしても、なんとなく、ひっそりとした解禁で、あまり話題になっていないようです。exciteさんも、ちょっと及び腰と言いますか、積極性は感じられないですね。解禁によるブログの活用方法など、もっと知らせてほしいと思います。今回の解禁、評価は分かれているようですが、私は歓迎、賛成票1票を投じます。^^

Commented by ss at 2006-12-22 11:22 x
hotway_z at 2006-12-21 16:27
>私は歓迎、賛成票1票を投じます
>アフィリ解禁に否定的なご意見も、けっこうあるんですね。ちょっと意外です。

意見を述べた積りなんだろうけど、「意外」と言っておきながら
他人の論拠には全く触れず、一方的に自己の都合だけたらたら書く。
こういう人間がいるから民主主義は数の暴力と悪口を言われる
んだろうな。

Commented by haruuo2 at 2006-12-22 15:26 x
(中略)

広告やアフィリエイトに対する意見は賛否両論あって良いと思いますし、ここは自由に意見を述べて良い場所のはずですが、匿名で他人の意見を否定するのは良くないことですね。
匿名で幾ら偉そうなことを言っても小さな犬がキャンキャン鳴いているのと同じで何の力もありません。民主主義とか正義を振りかざすのであれば、堂々と名前とIDを出して発言するべきでしょう。

Commented by q_z at 2006-12-22 16:50 x
ネット上で
>堂々と名前とIDを出して発言するべきでしょう
などと言う方が未だにおられるとは。。。

Commented by ごもっとも at 2006-12-23 02:37 x
ごもっともだが、今じゃブラウザ自体に串機能付いてる奴も結構あるし、固定IPの奴なんて、5%もいないぞ?
IPの変わる頻度はプロバイダ次第だろうけど、IPで拒否しても数日しか持たんのじゃないか?
まあ、代案出せるわけじゃないから、付けられるなら付けて欲しいのは同じだがw
>付けれる能力がない
ブログのソース然り、規約然りだな。
期待のしようがないorz 妥協するか、引っ越すかしかないと思うね。

>ネット上で
>>堂々と名前とIDを出して発言するべきでしょう
>などと言う方が未だにおられるとは。。。
エキサイトの中の人も公式の場で言ってるぜ~
ネットに未熟なネット企業ってのが露出した瞬間だったがw

Commented by ss at 2006-12-23 21:07 x
> haruuo2 こと すみ 春魚さんへ

>匿名で幾ら偉そうなことを言っても小さな犬がキャンキャン鳴いている
>のと同じで何の力もありません。民主主義とか正義を振りかざすので
>あれば、堂々と名前とIDを出して発言するべきでしょう。

うん?私に対してのご意見ですか?

>Commented by hotway_z at 2006-12-21 16:27 x
>アフィリ解禁に否定的なご意見も、けっこうあるんですね。
>ちょっと意外です。

この時点で

「他人の意見が常識とは合ってない。予想外常識外のことを
やっていて意外です」というニュアンスがぷんぷんしますね。

そして、「常識的な私は」
>賛成。感謝したいと思います。
ということなのがよくわかります。

Commented by ss at 2006-12-23 21:09 x
すみはるおさんが
>広告やアフィリエイトに対する意見は賛否両論あって良いと思います
>し、ここは自由に意見を述べて良い場所のはずですが、匿名で他人の
>意見を否定するのは良くないことですね。

そうですね。賛否両論あって良いと言うならば、
まず、hotwwayさんに一言
「賛否両論あっていいんだから、意外と言うのは常識が無い。」
と、まず一言言うべきですね。

Commented by ss at 2006-12-23 21:09 x
それと、
>匿名で幾ら偉そうなことを言っても小さな犬がキャンキャン鳴いている
>のと同じで何の力もありません。民主主義とか正義を振りかざすので
>あれば、堂々と名前とIDを出して発言するべきでしょう。

なるほど、匿名者は正義をもって筋道を言っては
いけないのですね。面白い見解ですね。

「泥棒をやりました。あるいは犯罪をやりました。
あるいはこういう悪いことをする人がいました。」
匿名で批判しては駄目なんですね。
「こういう暴力団による集団殺人事件が起こった。
テロ事件が起こった。これは酷い話だ。酷い奴らだ。
早く逮捕すべきだ。」
ということも言っては駄目なんですね。匿名では。

道徳も言っては駄目なんでしょう
「嘘をついてはいけない。」「嘘をよくつく人がいるけど
それはいけないことだ」「そういうことをする人は駄目だ」
と批判してもいけない。
「嘘をついてもいいだろう」という人に「嘘をつくことは
いけない」と正義を説いても駄目なのでしょう。

 凄いですね。一度どこかで診てもらったらどうでしょうか?

---------↓コピペ------
 すみ 春魚 : スミ・スピンスタジオ 
すみ 春魚 のプロフィール
1954年東京生まれ  左利きの右手描き(?)
都立世田谷工業高校・水泳部卒
血液型:大型 ・ 正座:苦手(しびれます) 

現像所で写真を焼いたり、小さなデザイン会社で版下原稿を作ったりしながら、通信教育でイラストやレタリングを習い、セツ・モードセミナーの夜間部に通いながら絵と自由な生き方と下品なジョークとを学ぶ。

ニットから始まって、手紡ぎと羊毛の染色に手を染め、電動紡ぎ機を自作し、’95年にハンズ大賞でマインド賞をもらったのがキッカケで機械作りが仕事になり現在に至る。


’03年に安いパソコンを手に入れてから、Windowsに付属の「ペイント」とマウスを使って絵が描けることに気付き、二ヶ月で300枚くらいの絵を描いて、それをパソコン雑誌に送ったのがキッカケでイラストでも仕事をするようになりました。めでたしめでたし・・・と言いたいけど、いつも先が見えずに前途多難の毎日です。お仕事下さい。

                    →すみ 春魚:スミ・スピンスタジオのホームページ

 スミ・スピンスタジオ
------コピペ終了↑-------
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-27 05:43 | ブログ
マル激第293回その6生放送総集編と比較して
 その5
 ビデオニュースがオーバーチュアを提訴の記事の続き
 総集編の回とも絡む内容ですので
両方TBさせて頂くかもしれません・・。

 ニュース記事をごらん頂きたい。

 中学生自殺に思う=大場弘行(大阪社会部)

---概要↓(コピペ改変あり)---
◇自覚ない、いじめの悲劇--心の痛み、想像したい

 「娘は、あんな高いところから飛び降りたんです。どんだけ思い詰めてたんやろか……」。先月、団地の8階から飛び降りて亡くなった
(略)
父の嘆きが今も耳から離れない。自殺の要因は、生まれつき病気で身長が低いことを周囲から「チビ」と言われていたことで傷ついたためとみられる。だが、取材で感じたのは、周囲の生徒にいじめているという自覚がほとんどなかったのではないかということだった。

 私に彼らを責めることはできない。中学生のころの私もその場にいたら加わったかもしれないからだ。今、社会全体が、いじめ被害者の心の痛みに鈍感すぎたのではないかと感じている。

(中略)

 「チビ」と言われていたのを、1年の約4割に当たる65人が知っており、何人かの生徒が通せんぼなどの行為を認めた。亡くなる約1カ月前のバレーボールの練習中、女子生徒からわざとボールを当てられそうになったほか、約1週間前にも、男子生徒の集団から「元気がないから笑わせて励ます」と大声でからかわれそうになっていた。

 (中略)
しかし、(略)本人の受け止め方は違った。遺族によると、たびたび「チビ」と言われ、怒って帰宅して悩んでいることを家族に打ち明けていた。

 (略)、暴力や金品を奪うなどの行為はなかった。被害が明らかないじめに目が行きがちだが、実際の学校現場では、受けたような「からかい」や「おちょくり」などが圧倒的に多いのだろうと、容易に想像が出来た。

 投書を寄せてくれたいじめ体験者に直接会って話を聞くと、多くが何らかの後遺症を抱えていた。いじめによって人間不信に陥り、社会に出てもうまく友人を作ることができない。仕事も人間関係のもつれから辞めたり、退職させられた人もいた。多感な10代の一時期に周囲から人間関係作りを拒否されたことに対するトラウマは簡単に消えるものではない。

 にもかかわらず、これまで国、教育委員会、学校が、いじめの被害を深刻に受け止めてきたようには思えない。相次ぐいじめ自殺を受けて複数の教委が「被害者の視点」で調査し直した結果、いじめの認知件数が急増している。

 いじめた側に厳しい処分を科す議論もあるが、人の痛みが分からない子どもばかりではない。葬儀に参列した生徒のうち10人近くが、焼香が始まると、うずくまったり、肩を震わせ、教師らに抱きかかえられた。学校は今、そうした子どもたちのケアに懸命だが、苦しみや死の重さを実感しているからだと思う。

----終了↑

 う~ん、やっぱり日本社会の劣化が現れている感がどうしてもある。
そして、やはりこの記者の言も大マスコミという気もしないでもない。

 第一に感じたのは次の通り。
 「おちょくり」つったって、何度も言われて自殺や鬱病になる人間は
50人いたら1~3人はいるのが普通の感覚じゃないのかなぁというのが
一番の感想でした。

 こう言うとマニュアル的に「友達同士で軽口も叩けないのか」と言う
人も出てくると思うので丁寧に書かなければいかんのだろうね。
ニュアンスが通じないと思うので。

 ニュアンスが通じない・もしくは共通の考え方として根付いていないのは
家族構成や暮らしのあり方の変化が大きな要因だと思います。
森毅さんと言う作家がいる。元京大教授の数学者なのですが、彼は
戦中か戦前生まれだ。で、著書でこう書いているのを10年位前に
読んだ。「大家族の時代で貧しくて、姉は結核で伏せがちだった。
けれどこういう環境で育った方が『好ましく』思えた」
良い悪いは言わない、あくまで「好ましく」という言い方を何度も使っていたのを
思い出す。

 じいさんばあさん病人と一緒に暮らせて、自然と自分と違う体力
感覚感性を持つ人間と共存する力がついたという話だと俺は考える。
例えば、どこかへ遊びに行こう(遊園地でもいいが)という話になった時
「ばあさんが急に体調を崩したから」となれば早く切り上げたり
無しにすることは当たり前に出来た。一緒に散歩するときも同様。
「じいさんの肢が悪いから遅くしよう」と自然と出来た。
当然言葉の使い方・感性も異なっているから自然と学べたのではないか。

 この記者の人は多分善人な方だと思う。でも、そういう人間としての
基本的なところを学ばなかった(学べなかった)、あるいは忘れて
しまったのではないのだろうか。

 なんというか、画一的な処理をしさえすればいいという気が
この記者の元々の意思や考え方としてあったのかなという
印象を受ける。

 背景も文脈も人間の構図も何も抜かして。

 他人への悪口と言う意味で、差別用語の言葉狩りの議論が少し前に
あった。士農工商の下の被差別集団や人種差別性差別色々あるが、
宮台先生のライバルである小林よしのりさんが部落差別への大批判を
やって、その漫画の中で差別用語を使った。本当は小林さん本人も
びびっていた。差別用語(もちろん、差別に反対する文脈の中で)
を使ったことを批判されるのではないかと。だが、結局、それは無かった。

 考えてみれば当たり前のことだが、状況的にびびったわけ。

 法学部の方なら判断がついたかもしれない。
刑法で習う恐喝や脅迫でも、暗がりで150cmの女性に200cm100kg
を超える空手二段の男が、「腹減ったなぁ。かねないなぁ。誰かかして
くれなかなぁ」と言うのと、同じ体格で立場も対等の男が真昼間に
「あぁ、金貸してくれねぇかな」というのでは、判断方法を変える必要があるくらい
おわかりだろう。

 これは他の回でも書いたので繰り返しになるけど。

--参考2ちゃんねるの書き込み↓---
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/male/1162909968/
360 :Mr.名無しさん :2006/12/03(日) 04:20:43
しかし今の50代って何であんな、口に書き込むようにして急いでメシ食うんだ?
戦後の貧困経験世代の防衛本能なのか?会社の奴等と一緒に昼食行くと、あのペースに合わせにゃ
ならんから嫌だな。メシを食うのが、遅い派(時間がかかる派)の俺は一人飯が一番!

361 :Mr.名無しさん :2006/12/03(日) 04:35:44
>>360
お前一人っ子か?
現代っ子でも兄弟がいるとおかずの取り合い・・・は今さら無いにしても
お菓子の取り合いとか
「急いで飯食い終わってTVリモコン争奪」とかで
必然的に食べるスピードは速くなる。

昔友人数人と飯を食ったとき、あるタイミングで「3人完食、3人まだ食べてる途中」という状態になった。
前者は全員兄弟持ちで後者は一人っ子だった。

俺も兄貴持ちだったから、未だに一人メシでも速攻で食い終わるなあ

376 :Mr.名無しさん :2006/12/05(火) 06:56:45
>>360-361
俺のところは正反対だな・・。
俺の兄弟だと年下の方が飯食うのが異様に遅い。
年の差は一つずつ。

でも、幼稚園とか行き出して回りを見るようになると、
お菓子配ったりするとき年も体格も性格も色んな奴が混ざって
いるのに早いもの順でやっているのを当たり前にしている
バカ教師がいたな。親が山間に来てて俺の親が注意して
辞めさせてたのを思い出す。

 そんな連中が多いから殺伐とした世の中になるのかと
ふと思った。
----↑---

 そして、生活の多様化が進んでいるのにヲタク化が進み始めている。
恋愛ブームもその一つだと思われる。他人とコミュニケーションが
取り難くなるから決められた範囲のものだけカバーして他は
全て排除する論理である。この結果、自分に都合がよければ
死んだ臓器は単なるものだということにしてしまう・できてしまう。

 ヲタクブームが一般にポピュラーなものとして受けいられたのは
電車男あたりだと思う。電車男と言うのはもてないオタクが2ちゃんねる
という掲示板で匿名の人間相手に、恋愛相談・実況をしながら
彼女をゲットするという話である。そしてその話を電車男が小説として
出版する。

 スレッドも大量に立てられた。5000以上の書き込みがついた。
電車男が書いたものは半分程度以下だろう。となると、たいはんを書いた
人間の著作権を無視して・意向を無視して出版したということになる。
あるいは、全くのネタ(フィクション)を掲示板に展開したことになる。

 このような危険性はあるスレッドのストップという記事でもお伝えしたので
略す。問題は、こういう著作権無視や架空の話ではないかと言う掲示板
で応答した人間の抗議のブログなどにこういう反応があったことだ。
「私は彼氏とこの話を読んで感動して楽しかった。この感動をぶち壊す
抗議者は許さない」と抗議者に怒りをぶちまけているのだ。自分達が
この話で気持ち良い思いをした。で、著作権無視・あるいは一言も無しで
勝手に出版したという話が本当だとしても、その気分を壊す人間は許さない
という、自分達だけ気持ちよけりゃ良いという言い分だ。

 無茶苦茶である。だが、臓器移植を初めとする論理と酷似している。
私と私の家族がよければそれでいい。と。しかも、それを取材・評論する側も
同調してしまう。本来、例えば、神保さんが事故で脳死状態になって
臓器を提供する立場になったら、神保さん自身の権利の問題は当然あるし
神保さんの嫁さん子供家族や親友の宮台先生だって嫌だろうという
そういう考えを全く排除している訳だ。一刀両断的に「はい、こっちが可愛そうだから
臓器はこの瞬間からものです」という論理である。

 臓器移植の法案があっさり通ったのもこうした自分の都合の良い関係の中での
論理慣習のみでやって、他者を排除してしまうという日本の社会の変質が
影響しているのではないか。この背の小さいことへの蔑称も全く同じだ。
「いや、この位はいいあってもふざけの一種」それはその通りだが、人によっても
状況によっても全然違う筈だ。ところがそういうことはおかまいなく「いや、俺達は
これはオーケーだから他の人間もおなじだ。」となってしまう。

 この臓器移植の話は先ほどの言葉狩りの話と共通してはいないか?
背景に核家族化や2ちゃんねるの書き込みに見られるように「相手を出し抜かせる」
あるいは、強者によるルール無き統治を社会が黙認・促進しているように見える。

 と、ここまでは宮台先生の言い分とかなり似通っているが、敢えて違う見方を
提示してみたい。宮台先生や森達也さんが指摘することは恐らく不可能な
考え方ですので。

 

More
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-25 20:28 | video.news.com
マル激について
 生中継
 299回

マル劇をみながら年を越すということですし、
少し感想の総括を書かせて頂きます。
よろしくお願いします。第一に生放送について。第二は総括の順にやります。

 第一の、初めての生放送について。

 神保さんのブログのコメント欄に少しあったので書きます
---
それはさておき、問題はテディの方で、これはあくまで想像ながら、たぶん当たってると思うけども・・・ VNNは神保氏個人の会社という性格上、企画も構成も全部一人でやってしまって、最終的な権限も自分だけで握ってしまい、結果として、下の若いスタッフは「ただ命令に従うだけ」という、よくありがちな人材の育たない環境になってるような印象がします。雰囲気で垣間見えるのです。
---

 前提として、私は現場の映像を見ていないです。
途中から(5時から見るのは無理でした)

 が、意見を言わせてもらいます。重要な部分だと
思いますから。

 ご指摘の通り、垣間見えるということにします。
それを認めたとして、それならどうしたら良いのって
問題が残ると思います。

 マスコミ業界のことはわかりませんけど、
法曹なら司法試験合格後5~10年は修行して始めて
一端の弁護士としてやっていけるそうです。
医者の世界でも医学部卒業・医師国家試験合格後すぐ
一人前じゃなくて、これもまたインターン・その後の経験を経て
やはり同じような月日修行しないと一人前とは呼べないそうです。

 理工系の自然科学者も同様で学部卒業後たとえ博士まで
5年間やったとしても「足りない」というのが通常ですし、
法学の研究者の世界なら院卒後40歳代でも若手扱いされたりします。

 どれも一流大学卒出身(一流が偉いというわけではない!)ですよ。
 
 良いか悪いかという話はあると思いますけど、
こういうことを踏まえて、「いや、それはわかるけど、今の若者には
ちょっと・・・」という話ならま~だ理解できます。

 わからないで、「厳しすぎる。」というのはちょっと困りますという話ですね。
もちろん、多様な人を入れるためにおっとり系の人間を登用するという話
もありえなくも無いです。が、これも難しいですよね。財政的にも人材的にも。

 なぜなら、少なくとも日本はvideonews社のような会社が楽にできる環境
じゃないからです。環境があったならば、本来ならば、本来神保さんの前に
続く人がいたり、30代の部下ができているのです。
その30代が20歳台の時神保さんは確保出来たかと言うとできなかったんでしょう。
環境がその経営を許さなかったから。

 出来ていれば、責任を委譲・分担して出来たけど、採算が合わないから
出来なかった。

 だから、老骨(失礼なら謝ります)に鞭打って指導に当たっていると
見てて感じる。ジャーナリストを目指す体育会系の男はわかっていると
思いますよ。。多分。

 あと、もう少し言いたいのは、神保哲生という男が柔軟性に溢れていて
人当たりも良い人間だったら、インターネット放送局を作って記者クラブと
戦おうなんて絶対に考えないということです。学歴も実力もあるわけだから
もっと稼いだり作品をもっと作って広めるということは柔軟性があれば
いくらでもできると思います(作品をみればわかるでしょう)。

不器用ならではのvideonews.comですよ。

 つまり、現状で神保さんに柔軟かつvideonews.comを運営し続けろ
というのは不可能かつ土台無理な要求なのです。私は、「黒字に
なってきたようだし、そろそろ後継者を育成して欲しいな」と思ってましたが
最後にテレビに立命館大学生のスタッフ7人を映したのを見て
「あぁ、とりあえずの目処をみて、後継者育成を意識してきたのかなぁ。
良かった、良かった。あと長くて5~10年位必要なことを教えれば
videonews.comも真の意味で安心できるな。きっと神保・宮台先生も
同じ感想ではないかな。」と勝手に感じました。

 正直、僕が現在ジャーナリストを目指していて、マスコミ関係の就職に
望んだり、悉く落ちてvideonews.comにインターンで入ったとして、
教えられる側ならば目茶目茶うれしい。上が一人しかいない訳だから。
10年でも5年でも必死になってやればスキルはつく、
しかも、恐らく日本でここしかつけられないスキルが(ネットビデオジャーナリスト
はここくらいでしょう)。ぅぅぅ、よだれが出ますね。

 理不尽な言いがかりな理由でいちゃもんつけられる就職活動とは
比べ物にならない。できていないものを「できてない」といわれるだけだから。
で、世間は毎日12時間労働派遣社員みたいな感じでスキルもそんな
付かずに使い捨ての状況ですから、私が同じ立場になると、
ありがたいという感情を抱く気がします。就職活動をまともにやった
若者の多くもそう感じるかと思います。いや、感じないかな。
でも、俺はそう考えます。

 ところで、beantown さんのコメントは複数のブログでついていますね。
「みのもんた頼み」って・・比較するだけでかわいそうだと思います。
メディアリテラシーと関係して提言したいのですが、ベタな放送の裏側って
どうなっているのか見たいです。イメージでジャーナリストを目指すとか
テレビを捕らえているのも裏側を知らないからです。私も知らない。

 放送でつけて欲しいです。
例えば、DVDでこの回の放送の裏でどういうシチュエーションで
撮ったのかを知りたい。そうした情報が一通りもたらされた結果視聴者から
「ここの部分はこうした方が良い」という意見の中から、プロが「むかつくが
わからんでもない。当たっている面が0でもない」ということが出てくる
かもしれません。どんどん(出きる限りで結構ですよ)裏側を明らかにして
みるのもメディアリテラシーとして重要だと思うのです。古い2年前の奴
とかなら可能だと思うのです。難しいでしょうが、1回か2回やると面白い
と思います。

 現状では難しいと思いますが、例えばインターンの方に裏側を撮影
して頂いてDVDの最後に付録として5分とか10分とかつけるという
方法も面白いのでは??と素人考えで思います。

第二に、感想の総括です。

 マル劇を視聴開始してから1年も経ちませんが面白いですね。

 私が

 「これを言えよ。これを言ってくれよ」

 と思っていることをズバッと仰ってくれてスキッとします。
見てて楽しくてしょうがない。頭の中で考えることは多分
私と神保・宮台先生は同じだと思います。

 でも、実際に行動して言えるのが凄いなぁと尊敬します。
私は、バ○経○連とか、顔晒して一人ではいえませんよ。
隣で一緒に話す仲間がいたらつい言ってしまうかもしれませんが。

 健康に気をつけてがんがって下さい。

簡単な続編はここの記事
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-25 03:55 | video.news.com
マル激第293回その5解決の方向性
videonews.comについて
 その4の続き

 少しこちらの記事でも書いた。

 なぜ、解決方策が現場から出づらいのか。
あるいは、内藤先生のような優秀な方から出ないのか。
それを見据えながら考えてみたい。

 一つの原因は極めてはっきりしている。
教員はほぼ教育学部出身者しかいないからだ。
紛争が起こったとき、適格に対応し、調整したり制度を変えたり
するのを専門にやってきた社会科学系の人間(法学部経済学
もちろん社会科学部)がいないのが大きな要因だと思う。

 教育学部出身者は接してみればわかるが、
一番幼く価値観が古く固定的な人間が多い印象を受ける。
「ヘタレ」も多いかも。ストレートな話だが、社会科学系の
学部出身者からみた
教育学部出身者への共通認識だと思う。

 みなさんが確認しやすい例をあげよう。
就職サイトの掲示板を見ていただきたい。登録制の
ところのほうがよりよい。「みんなの就職活動日記」あたりかな。
みん就という。その中で教育学部で検索してどこかの
大学のところを見てみよう。

 その教育学部出身者達の議論の一つに必ずあるのは

 「そのまま教員になるのか、就職して社会経験を積んでからなるのか
どっちがいいか?」議論である。

 議論の進め方がまた興味深い。
発想が演繹的、どちらが素晴らしいが決めてそれが決まったら
その決まり以外のルートは全てカスだという発想が
そこに書き込んでいる全員の認識なのだ。

 こんなことは他学部では考えられない。
例えば、法学部なら法曹が一番で他はカスとは、
このカテゴリなどで私が揶揄してきている東大法学部ですら、
現在は不確定になっている。

 当然、他大学なら、道は違って当たり前になる。
銀行に行く人もいるし、商社に行く人もいるし、マスコミも
いるし、起業する人もいるし、学者になる人もいるし・・・となる。 

 また

More
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-25 00:07 | video.news.com
ビデオニュースがオーバーチュアを提訴
 ☆検索サイト利用について・・・☆

ビデオニュースがオーバーチュアを提訴

 失礼ながら、利用者にも責任はある。
この記事でも言ったが、ある特定の検索サイトが便利だからと言って
それのみを使うから図に載せるという面がある。

 私は以前から、Yahoo!やgoogle・MSNといったメジャーサイト
以外も意識的に使うようにしていた。
googleやYahoo!を3回使ったらしょぼい他サイトも1回は使う
というように。。。(今は逆の割合になっている。)

 一気に特定の方向に流れ込む自分自身の特徴には常に気をつけるべきだ。

 話は変わるが、ツーバイフォー批判や大店舗制度・郵政改革への批判は
今の社会には当てはまらない。若者には納得できないと思う。
正社員で終身雇用と言う労働が維持されて定年までに家1軒立てられる
状況なら全くその通りだが、中小の店舗や公務員就職者が強者になり、
地方議会に圧力をかけることができている。

 一方、若者は使い捨てられる傾向になる以上、若者側の選択肢としては
少しでも安いものを選択せざるを得ない。この状況をきっちり見据えて
対策を練らない限り改善は無理でしょうね。労働側弱者擁護側のやるべきことは
マル激 229回郵政民営化反対その2(2005年08月12日)の記事
書いた。読んで欲しい。筋通ったことしか書いてないから。強者救済
はやめろ。

だから、

 この投稿で述べた記事の家電量販店の話でも言ったけど、
現状では企業間では競争を認めて、その代わり労働者をきっちり
やとうように労働政策を行わざるを得ない。
ただ、労働政策に関しては宮台先生はまともに取り上げる気
はないでしょうね。神保さんも。二人なりの理由はあって
背景を分析できるが、略す。二人とも強者しか回りに集まらない欠点が
でてきている感があるね。

 わかってて、神保さんは仰っているんでしょうけど。
建設的な代案ができれば理想的なんだけど、不可能な気が・・。

市民としての自立に関しては、
地域地域の大学から社会科学の研究者を誕生させるリーダーなどを
誕生させるルールを少しずつ作って対応し競争させる
ことを行うことがポイントだと思う。
職業も技能者だろうが高卒中卒だろうが優秀ならば
上へあげる競争させる仕組みを作れば次第に答えは
出てくると思う。具体的にはここの記事
技能者に関してはここの記事で示した。

 ちなみに、山本さんのお話での裁判官による保護の考え方は、学部の刑法の
講義で聞きましたね。刑法の教授が来ると面白いですね。

 宮台先生によると、
1980年代からの若者の変化は、「相手を見通せないことへの不安」が出てくる
ことだそうだ。

 一般の大人へのロールモデルが変わったんだそうだ。
ヒステリックになりやすい。若者バッシングに向かいやすい。
排除的だ。それが少子化に繋がっていくそうだ。

 これも恐らく宮台先生は気づいていると思うけど、
団塊の世代前後が大人になったときからおかしくなった
ような印象を受ける。丁度年代的にも。これも
ここの記事で書いた。赤軍派のように超同調社会的な
イメージはこの世代あたりから強くなった気がする。

 そして、やはり現場の実感が無くなっている気がする。
宮台先生のステゴザウルス化という表現もあったが、
これは内藤先生あたりが現場での具体的な処方箋を描けなかった
ことと関連性があると思う。既に述べたが、法務省でも会社法ブログ
で、司法書士相手に登記の議論でまともに対応できなくなって
いることとも関係がある。私は登記官も優秀なものは国1として
登用しろと言った。内藤先生の教育問題も現場の知恵がでにくい。

 

More
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-24 22:09 | video.news.com