「ほっ」と。キャンペーン
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
お気に入りブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
JCJ機関紙部ブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
人気ジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧
気合を入れるぞ!!
 昨日は、一橋・東大ロースクールの願書提出日(消印)だった。
今まで(*)語ってきたように、東大は文句無く外す。
で、一橋は新司法での躍進と明らかに旧制帝大との戦いを
バリバリに意識しているように見えたので大変興味があった。

 だが、結局諸般の事情で辞めることにした。私大の方を敢えて
選択したかったというのが主な理由。これに関しては
今までの日記でも述べたし、また触れることもあるだろう。

 受験前から狙っていたローは合格したので入学することは出来る。
本来の入試はそれで終わりだが少し迷った。

 と言うのは、
大学院選びの方針新司法試験の結果を見比べたとおり

 戦後に法学部を設立した私立大学は
一期既習生の新司法試験の実績はおもわかしくない。

 でも、行こう(笑)

 就職する道もあるが、俺は自分の能力を一番知っている
そして、東大法学部在学合格者と同等以上の脳味噌を
持っている自信がある。志がある。

 自信の無い人は有名ローや問題を漏洩する教授や
官庁や何やらにおもねっていればいい。行くぞ!

次回はここ
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-28 06:28 | 決意表明
締め?
自己投影
の続きであり、
現在の法曹界3のカテゴリ
の締めでもあります。
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-21 04:46 | 現在の法曹界3
メイン検索サイトの変更について
前回のブログ
に関してだが、思わずヤフーをクリックしてしまったぜ。

 そういう訳でHPを
別の検索サイト
に変えた。

 そして、デスクトップのショートカットからヤフーを消した。

 お気に入りではゴミ箱予備のフォルダーにヤフーを
移すことにした。これでヤフーの広告料は1日10円くらいは減る
のではないか。

 しっかし、是非ともヤフーには
「万引きを防いだこと・やめたことはありますか?」という
質問で投票を行って欲しい。

 油断する方が悪い・少年相手に厳しく取り締まるなと
のたくったバカのせいで店じまいしたところがあったな。
可愛そうに。

続編はここ
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-21 00:30 | ブログ
宣伝ではないぞ!!検索利用サイトを変えよう!!yahoo使用を辞める
 ニュース・評論のTBなのに、スポーツだの今日は
こういうことがありましただの全部別のカテゴリにも関わらず
exciteのニュース・評論にTBしまくる人が多いため
このブログは埋まってしまったので再びTBする。

 私の書くブログのように複数の分野にまたがっていれば
わかるんだが、単さい・・・いや単一の分野なのに書くのは
不可解だな。もう一回TB。
この日記で触れた出版社の続編

yahooについてである。
 [投票]いじめをやめさせることができたケースはありますか?

というヤフーのサイトである。

 予想通りコメント欄が大荒れである。
今回に限らず、いつもヤフーはわざと荒れるように投票の
質問のタイトルを仕組んでいるようにしか見えない。

 どう解釈してもマスコミ(特にヤフー)の倫理性・性根が
現れているようにどうしても見えるのだ。それを解説していく。

 前提の考えとして、少年その他に行われた(らしい)行為が
駐車禁止以下の問題でしか無いとマスコミは考えていると
しか思えない

 なぜそう断言できるのか?

 「辞めさせることができるのか?」という問いかけにある。
ここが大きなポイントである。各自の体験や解決策を問いかける
建設的な内容のような印象を受ける方もいるかもしれない。

 だが、私からすると「あぁ、こいつは悪党か、全く知らないアホ・
盛り上がればいいという根性しかもってないな」としか思えない。

 「駐車違反を無くすためにはどうしたらいいですか?
辞めさせることができたことはありますか?」
という問かけで考えてみれば一目瞭然だろう。

 仮に駐車違反を辞めさせることなんて出来ない・行政
や社会に責任がある・やむを得ないという結論になったとしよう。
あるいは、議論によってなる可能性があったとしたら、
決してヤフーは投票を行わないだろう。

 「暴力団による一般人への殺人・傷害・恐喝~」
ではもっと強くなるだろう。
仮に暴力団関係者側の「暴力団による殺人はなくならない
暴力団の取締りをつよくしても無駄。社会が悪い。
やられる側が油断しているから」という結論に
なったら報道しない・報道したとしてもそれなりにしか
対処しないのではないか?

 ところ~が、「いじめ」というカテゴリでくくられると
このような対処は絶対にしないというのが大変興味深いのだ。

 いじめと言っても裸にしたり恐喝をしたりというのは
駐車違反より酷い行為だ。

 しかし、駐車違反では決して誰も公然と言わない論理

「環境が悪い・被害者(駐車禁止の場合は国・付近の住民が被害者だ)が悪い・
被害者の親(駐車禁止の場合で言えば国・国民)が悪い」

 という論理が表現として堂々と容認されるのだ。

 ここに性根が出ていると言えるだろう。
「駐車違反は国が相手だから面倒だ・いじめなら被害者と極少数だし
国も揉み消したがっているから中立を装って議論を盛り上げて
アクセス数を稼いでやれ」という腐った根性が現れている。

 本人達は意識してないかもしれない。無意識に悪事を働くのが
習慣になっているからだろう。
 
 一層のこと暴力団員による殺人も投票にかけてはどうか?
「被害者が悪い・国が悪い・社会政策が悪い」という意見が大量に出て
結論になったとしても一切削除しないと誓ってくれ。

 「大学の講義が不満」何が問題?
これも無茶苦茶である。いつも舐めた質問しかしない。

 むかついたので検索サイトは別をメインにしようと思う。
ここ
をとりあえず使ってみることにする。

続編はこの記事

関連記事
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-20 12:28 | ブログ
サンキュー・スモーキング 映画その1
サンキュー・スモーキング

-----------------単なる概略↓---
Thank You for Smoking
10月14日公開 アメリカ映画/1時間33分
 「情報操作の王」の異名をとるタバコ業界のPRマン、ニック・ネイラーは、得意の話術で嫌煙家からのバッシングをかわし、絶好調の日々を送っていたが、ある日突然、人生最大の災難がふりかかる……。タバコ業界のPRマンと嫌煙派の戦いを風刺したクリストファー・バックリーの小説「ニコチン・ウォーズ」(東京創元社刊)を、28歳の新鋭監督ジェイソン・ライトマンが映画化したブラックコメディ

報操作の実態を暴く、痛快な風刺喜劇



 「サンキュー・スモーキング」というタイトルで、タバコ業界が舞台になってはいるが、タバコについての映画ではない。言葉巧みに情報をすり替え、黒い物も白いと思わせてしまう“スピンニング=情報操作”の実態を暴いてみせる、痛烈な風刺喜劇だ。

 嫌煙万歳の今の世の中で、タバコを吸う人間は肩身が狭い。タバコ会社などは害毒をまき散らす悪者扱いだ。これでは企業が成り立たない。というわけで、この映画の主人公、ニック・ネイラーのようなスポークスマンが必要になるのだ。彼の仕事は、嫌煙家のヒステリックな矛先を巧みにかわし、タバコ産業がいかに社会のために活動しているかを印象づけること。冒頭のテレビ番組のシーンで、その鮮やかな仕事ぶりが描かれている。タバコの害を証明しようと、タバコ攻撃派がガン患者の少年を連れてくると、巧みに論点をすり替えて、この少年のためにタバコ業界が何をしてあげたかという美談に持って行き、聴衆の拍手を浴びるのだ。ニック役のアーロン・エッカートが、二枚目半の明るいキャラなのも効果的だ。

現代社会に蔓延する、情報操作で世論を導くノウハウ



 このシーンはスピンニングの典型だが、情報の使い方によって、世論を有利に持って行くノウハウは現代の社会に蔓延している。企業イメージ広告などもそのひとつ。例えば日本のタバコ会社“JT”では、地域のために活動している市民を素敵だねと褒め称え、そこに社名を流すことで、“JT”も社会に貢献しているという印象を与えるCMを流している。これはとてもソフトな例だが、この映画で見せてくれるのは、もっとあからさまなケースだ。映画の中でハリウッドの人気スターにタバコを吸わせようと画策したり、タバコのCMを続けてきて肺ガンになった役者の口を封じるために大金を積んだりするのだ。対するタバコ攻撃派もなかなかあくどい。ニックを誘拐してニコチン責めにするのだから、どっちもどっち。ドタバタの攻防戦で大いに笑わせ、スピンニングは事を有利に運ぶためにすることで、善悪を問うものではないと一刀両断に切り捨てている。そこが見ていてとても痛快だ。

ジェイソン・ライトマン監督インタビュー



 映画監督のアイヴァン・ライトマンを父に持ち、数多くの短編やコマーシャル・フィルムで高い評価を得てきたジェイソン・ライトマン監督。初の長編映画となった「サンキュー・スモーキング」について、監督にインタビューした。

日本でも喫煙者はかなり肩身の狭い思いをしています。純粋に消費者側として、今の健康ブームをどう思いますか?

私はタバコを吸わないので、側でタバコを吸ってほしくないというのが本音です。でも知識的に考えれば、それは差別なのだから、喫煙家は吸いたい時に吸えばいいと思います。国が法律で禁煙・喫煙所を決めてしまうのはおかしいと思うし、自由に選ぶ権利があるべきです。
--------------

色んな意味で、この映画の製作者もMSNも病んでいるなと思ったが
この点については次回述べよう。
-----------------
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 19:28 | 主に法律以外の書評
新潮社
ここについて
 今ネットで流れているニュースが本当なら無茶苦茶だな。
少年が犯罪者なら開示に躊躇するのにな。
少年犯罪者のプライバシーだけが守られる結果になる。

 犯罪を犯したことのない人間に対してはプライバシー侵害
しまくっていいのかよ?
事態がはっきりするまで新潮社の雑誌購入を控えることにするぜ。

 次回は
アホーについてだ。
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 17:23 | 主に法律以外の書評
民事訴訟法 伊藤 眞 (著)有斐閣
アマゾンさん、書評受け付けろよ。
受け付けて下さったようだが、日本評論社の平野裕之先生の
『民法総則』の書評の変更がまだ受け付けてもらってない。
早くやってくれよ。
民事訴訟法 (単行本) 伊藤 眞 (著)
出版社: 有斐閣; 第3版再訂版版 (2006/05)

判例・実務に近い、そして昨今学会で有力説になった
新民事訴訟法説の批判の対象である旧民事訴訟法説
にたつ数少ない概説書。

 新民事訴訟法に立つ人も、新民事訴訟法自体が
旧への批判から生まれたという経緯があるので
まず押さえるべき教科書の一つだと思う。

 でも、改正がある度に短期間で改訂するのは
残酷だと思う。学生にとって5千円は大金。
学者の先生が度々批判なさる試験対策講座は
改訂の多くをpdfで無料対応している。
この教科書はおまけに一文が長めである。

 法改正を余白に書き込む・紙に書いて貼り付ける
という方法も取れない。本文が横書きで1行1行を詰めて
書いてあり本文の左右の余白が小さすぎるためで
ある。せめて縦書きにして上下の余白を多めにとって
くれるだけでかなり違うのですが(ポストイットが
使える)。。。100~150ページ増やして1000円値上げ
してくれたほうがまだ余白に貼り付け戦術を使えるので
いいです。

 出版社も少しは考えて欲しい。


この本のいいところは他の人が書かれるとおり。

 悪いところは、改訂してもpdfなどのフォローが0
なところ。学者がしばしば批判する、予備校本の
代表である試験対策講座は基本的にpdfで無料対応
しているのと好対照だ。

 せめて行間を空けるなり、縦書きにして余白を
作って改正情報を書き込める・貼り付けられる
レイアウトにして欲しいと思う。
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 17:14 | 主に法律以外の書評
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方
稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

面白いな。
現在の方が肯定的・勉強になるという意見が多数に
なっている。
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 02:03 | 主に法律以外の書評
どうも
文章が美しくないな。
遂行するか。
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 01:51 | 更新などお知らせ
「のだめカンタービレ」クラシック音楽をテーマにした漫画
 がテレビ放送されるようだ。
思い出したことがある。ちょっと書くか。

 例によって

0背景説明
1クラシック音楽への誤解
2法曹エリートコースに乗る人間の脳

 に項目を分ける。

0背景説明

 「のだめカンタービレ」この漫画を予備校か電車の中でみた。
そこで思い出されたのは、
いとみみずさんのブログである。

 某有名私立大学出身の方で昨年か
一昨年あたりに司法試験に合格された方である。
クラシック音楽についての日記のみが残っているが、
司法試験をテーマにした日記も書かれていた。

 が、管理人のいとみみずさん自らによって消去された。
実際は、消去に追い込まれたというのが正確な言い方だろう。

 原因となる事件は↓

 20代後半の司法試験合格者が渉外事務所の説明会や
なんやかんやに行って事務所で働く弁護士の先生を囲んで
雑談をするタイムがあった訳。

 で、まぁ、やっぱ東大出の新卒若手と早慶中央の学部合格者
のみを熟練した先生の周りに生かせてにこやかに雑談するわけだ。
他はてきとうにあしらって。あしらう=シカトね。

 それで、いとみみずさんは大変屈辱的な思いをして、
帰ってきた当日か2~3日でブログに書いたわけだ。大変悔しいと。
そして、女性の合格者で泣いた人もいたと。

 もっともな話だ。私の意見は
他人のブログを訪問して
の日記で書いた(ブログの名前は書けなかった。
というのは、書くとただでさえどこの事務所だ
そんな内容を晒すのはけしからんだと
書き込みすうが増えているいとみみずさんのブログの
荒らしを援助してしまう危険があるから)。

 そして、いとみみずさんのブログにも
「実務に出られる前に大変いい経験をしましたね。
一般庶民の多くはこういうことは1度は2度は経験してます。
がんばってください!!」と書いた。

 その前後の荒らしで追い詰められ、とうとう更新停止に至ってしまった。
おまけにブログも司法試験関係は全て削除されてしまった。

1クラシック音楽への誤解

 私は彼のブログの中でクラシック音楽について
熱く語っているのをみて、この人は過激な人だなと
いう印象を抱いていた。

 だから、よもや削除まではせんよなと思っていたのが
削除までしたのは大変意外だった。

 彼にしかわからないコメントで書いたが、
私が伝記をむさぼり読んだR.シューマンにしても
モーツアルトにしてもベートーベンにしても
その生き方は無茶苦茶だ。

 そうなる必然的な理由・社会的背景がある。

 社会が封建→近代化になる激動期で要は
文化面で革命を担ってきたから。ベートーベンなんか
吊るせというのを支持している。やれやれ。ダビンチ
もそうだな。宗教革命の時期だけども、カトリック相手に
大喧嘩だから革命だわな。ユダを対等に描いたのは
びびったけど。

 それが大好きだというから、「今は驚いているけど
時期に腰を据えている腹が据わった対応をするんだろうな」
と予想していただけに少し残念。大変残念。

 先輩が助言してくれたらしいけれども、気合を入れて
くれなかったのかよぉぉぉ、先輩!!!

 当時のクラシックの精神に近しい人間は今のクラシック業界
ではほとんどいないんだろうな。
精神を受け継いでいるのは長渕や矢沢栄吉吉田拓郎
の方だと思っている。

 と思っていたが、近代以降のクラシック音楽にそういう
背景を考えている人はクラシック愛好者で少数派なんだな
とタイトルの漫画をみて改めて思い知らされた。

 私のいう内容は一般教養で音楽史2単位プラス世界史の
しょぼい知識レベルのお話に過ぎない(あ、シューマンの
伝記6種類くらいもあるか。)。でも、誰も考えない。

 和魂洋才なんだろうかね。上っ面。しょうもねーな。
(岡本太郎も同じ事行ってたっけ)

 が、この漫画を愛読するような人間が多数を占めている
からこそ、私のように他学部で司法試験の勉強を新卒
までに全くやらなかった人間がロー入試で戦が
出きるのでは?と思い、ありがたいとも思った。

2は次回
[PR]
by chikkenndo | 2006-10-19 01:43 | 歴史