「ほっ」と。キャンペーン
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
お気に入りブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
JCJ機関紙部ブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
人気ジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
不可解だな
項目立て
 ①『不可解~葉玉ブログで暴れる未修者達~』
 ②『目覚めよ㊥!そして予告』(追記あり)
 ③『正々堂々の提言が葉玉ブログで少ない』

①『不可解~葉玉ブログで暴れる未修者達~』

 葉玉先生のブログで未修者が暴れている
という話は望まれていない人材(工事ほぼ終了)
で若干触れた。

 意味がよくわからん。
葉玉先生初め法務省はロースクールに
慎重な姿勢を取っていたろ。

 その人たちに対して、
ロースクーラーがなんでロー批判で
攻撃するんだ?
意味不明だ。

 余りにも意味不明なので、
「この支離滅裂さはひょっとすると
嵐の手口なのか。」と思った。
で、乗せられるのは嫌だったので
意見はあったが、直接コメントは載せないし
TBも乗せなかった。葉玉ブログにTBした
ブログに関して意見を書いただけにした。
もちろん、そのブログにもTBしなかったです。


②『目覚めよ㊥!そして予告』

 前出の
 望まれていない人材(工事ほぼ終了)
で取り上げたブログにコメントがついている
のを見た。

まずブログの著者の言い分

 有力大学(東大京大早慶)以外に法曹を
育てる力を持つ大学は無い。こういう
状況下ではローは無理。現行で行くべき

 という主張だ

 で、俺はそれに対して色々言った中で
「そういう体制を作った東大京大早慶の学者達は
許せん。エリートとは言えないな。おかげで
社会問題に対応できなくなった」という主張もした。

 で、件のブログの著者はとにもかくにも
その点に関しては同意した訳。

 ところが、件のブログにコメントを
つけた人曰く「有力大学に㊥が入って
いないのはけしからん」(注:㊥とは
戦えラーメンマンとは関係ありません。
中央大学の略とされています)

 ブログの著者は謝ったのだが、
私としては「㊥の人ってこんなにアホ
だったのか」という印象を植え付けられた
感がある。

 なんというか、指定暴力団に
俺の組が指定されてないからとマスコミや
警察に怒鳴り込む方達というか、そんな感じ。

 以前㊥の人で「ロースクールに経済的事情
で通えない人は今の日本ではあり得ない」
と言ってた教授がいましたが
在野精神も糞も完全に消え去ったのかなと
思いました。母校がどうやって出来たのか
先輩達が体を張って東大を初めとする国立大
早慶と戦い打ち勝って切り開いて行ったのか
少しは歴史を学んでくださいと言いたい。

 ㊥の歴史自体は結構嫌いではなかったりする。
今はもう嫌ですが。

 これは予告ですが、実は工事中の
検察官の印象
も関連していなくはない。

③は次回ブログ

ーーー追記9.3ーーー
 ㊥のブログの人は、京都の人に
噛み付いてたわけね。それなら少し(100万分の1)
はわからんでもない。でも、他の大学を
考えろ。ヴォケ!!という気持ちが残るね。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-31 02:39 | 現在の法曹界2
高校の進路指導教員に聞く、「指定校」「AO」の認識
高校の進路指導教員に聞く、「指定校」「AO」の認識
2. Posted by yuuki 2006年08月31日 01:50
教育の内容とマッチングねぇ・・・。
 受験生側の多くは、
義務教育の延長線上と言う意識で
やっている。
 で、さらに言えば、勧める側も自分の息子が
東大文Ⅰや理Ⅲに受かっていればそっち行かせ
たい人が大半でしょう。
 仮に↑が全く違っていたとしても
私には大きな疑問が残る。
 教育の内容云々で勝負なら大学資格として
勝負する必要は無いですよね。
予備校で良いんじゃないでしょうか?

3. Posted by yuuki 2006年08月31日 01:51
 大学側はお上からのハクが欲しい、で補助金
その他の優遇が欲しい、大学卒と言う
肩書きを売りに出きる。となると受験生も
その環境を前提にして動かざるを得ない。
 大学じゃなくなっても履歴に付かなくても
内容が素晴らしい、誰もが来たがる学びたがる
ところなら、大学だってお上に認めて
もらわなくいいじゃない?「予備校でも構わないですよ」と心底思っているかどうか。
 基本はそこだと思いますよ。それが無いから
正直に「うちは教育やって優秀な学生育ててます」と真正面から企業に言えないんじゃない
でしょうかね。
 要はマイスターさんが批判なさる超学歴社会と何かに乗っかるという意味では
ウリふたつ、根は同じな気がしますね。
 結果、稼げば良いという一部の高校の
進路指導が行われている訳だと私には
見えました。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-31 01:55 | 歴史
すかいらーく
すかいらーくのお話
フジサンケイビジネスアイ

経済総合ニュース - 8月19日(土)8時33分 すかいらーく 米国産牛肉を来年以降使用
---ニュース
すかいらーくの横川竟(きわむ)会長は18日、輸入解禁となった米国産牛肉について「最終的にはすべての外食産業が使用すると思う。当社も今年中は使用しないが、来年以降は使用するだろう。使用するときはメニューにきちんと明示することが大切だ」との見解を示した。
 横川会長は、BSE(牛海綿状脳症)問題が騒ぎになったのは情報が正しく伝わらなかったためで、科学的な議論が不足していたと分析。その上で、「100%安全なものは世の中にない。米国産牛肉は99・4%は安全だ。安全なので当社も使用する」と話した。
 同社は米国産牛肉をステーキ用にだけ使う予定で、購入量は大きくない。このため、現在の数量不足の状態で買うと価格が上昇してしまうことから、「すぐには使わない」としている。また、「消費者もステーキで提供すると米国産でも食べるという人が多いが、米国産牛肉を購入しますかと聞くと、購入しないと答える人が多い」と語り、消費者意識の見極めに悩んでいる様子だった。
 外食大手では、牛丼最大手の吉野家ディ・ーアンド・シーが9月下旬からの「ヨシギュー」販売再開に向けて準備に入っている。
 しかし、他の牛丼チェーンなどは、米国産牛肉を使用しない方針を示してきた。
 ファミリーレストラン最大手のすかいらーくが、来年からとはいえ、米国産牛肉の使用に踏み切ることで、他の外食大手が“使用再開”に動く可能性が出てきた。
(フジサンケイ ビジネスアイ) - 8月19日8時33分更新
----ニュース終了

 使うのは勝手に使えば良い。
普通にすかいらーく系列の店には行かなくなるだけ
だから。
ただ、他のお店で表示しないでバンバン使うのを
促進する危険があるのでやめて欲しいね。

 表示してスポンジ脳にになった人(まぁ日本国民の
多くは既にそうなっているかもしれないが)の介護
の面倒は外食産業から特別課税してまかなうという
政策が必要になると思いますけど。

 話は変わるが、フジは狂牛病報道当初から
(問題があった)米牛輸入に肯定的な報道を繰り返していた
記憶がある。背骨つきの牛の話のときも層だ。
 
 君が代歌う云々かんぬんよりはるかに売国的な
行為だと思いませんか?ところが、街宣右翼の諸君は
殴り込みにはどこにも決して行かない。

☆関連リンク☆

[PR]
by chikkenndo | 2006-08-29 13:58 |
★★ロー制度『崩壊』カウントダウン!45★★
★★ロー制度『崩壊』カウントダウン!45★★
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1156674826/l50
606 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:39:33 ID:???
社会人の常識なんて3ヶ月で身につくよ。
しかし、これも形式的なもので、 長く社会人やるとだんだん
いい加減になり、そのうち名刺を財布に入れても
お互いに何とも思わなくなる(細かなマナーにうるさい奴
もいるけどそんな のに限って能力ない)。
社会人として大事なのはマナーより営業力や商品知識
だよ。俺の上司なんて長髪、派手な色シャツ、ネクタイ首元
ユルユルで商談 バンバン決めてた(元社会人より)。

607 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:41:01 ID:???
社会人マナーなんて、バイト(肉体労働などは除くとしても)
をきちんと こなしても身に付く程度のものだよ。
とりたててどうこういうこともないような シロモノ。

609 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:42:07 ID:???
>>606
同じような人間といつも商談するからだろ

611 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:51:13 ID:???
>>606
相手との力関係にもよるが…。
小さい会社だったの?

612 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:56:23 ID:???
>>609
そうでもないよ。俺が勤めてたのは某有名広告代理店。
マナーがいい加減な分、印象に残るし、相手も気を許す
みたいな感じがある。 ビジネスマナーがちがちで、あんまり
かしこまって来られると、応対する方 も疲れんじゃないかな。
社会経験ない奴ってすごく、社会に出ることにすごい
不安感持つけど、慣れた らどうってことないよ。
俺は営業やっててずいぶんさぼったな。月曜の午前中は
いつも喫茶店でマンガ読んでた。

614 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:58:08 ID:???
>>612
>俺が勤めてたのは某有名広告代理店

実質独占業種じゃん。話になんねーな。

616 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 21:59:52 ID:???
たしかに独占寡占が激しい業界の経験は「社会」として一般化できないよなぁ

619 :氏名黙秘 :2006/08/28(月) 22:04:38 ID:???
>>613
ごめん。正直どんな業種か見当付いてたわ。
そういうところは、まず鉄鋼や電力のようなカルテル企業で
仕事を一手に取っている。顧客の側はほぼ1社もしくは数社の
どれかを選ばざるを得ない。

ところが、ここからがその業種やマスコミ君の
異常な勘違いが始まる。
>>609のように「俺ら、自由で~す。型にはまってませ~ん。」
って匂いだな。能力っつーよりも業種が独占しているのに

他の民間企業からすれば「アホかっちゅうのヴォケ。」ってお話。
世の中語るの1万年早いわ。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-28 22:10 | メモ
腰痛
望まれていない人材(工事中)で大変長文の追記を行ったのだが、
途中でPCが動かなくなり強制終了させた。

再起動して書き直そうとしたら腰が痛い。

機能からマジで痛い昨日はギックリに近かった。

腰が痛い中「中々ええもんが賭けたな」の最中
であって腰にショックが来た。
毎日10時間以上座っているとこうなるもんか。

という訳で更新は趣味除いて1週間ほど延期します。

----8.26追記----
一応完成した。まだ、腰痛いな。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-22 22:55 | 司法試験受験生の体調管理
検察官への印象
びびりながら、
メモ3を題材に考えてみたいと思います。

この検事、
今就職をどう考えるか
の書評の一番長い文で取り上げた
中年以降の劣等感にぴたりと
当てはまる感がありますね。

 まず、インタビューがまともな会話・
コミュニケーションになっていないと
いうのが象徴的で滑稽にも見える。

 学者である鎌田教授の方が柔軟性と
社交性を備えているように見える。
これを読むと学者の方が優秀に
見えますね。

----
 メモ3と離れて、私が興味深いと思ったのは
ある掲示板の検事関係のスレッドを見たとき
である。
---↑と書いたがそれはまたの機会----

-----コピペ↓------
白井:社会経験を積んだ人や自分自身のキャリアを通してものを見る目をもっている人にも、検事をめざしてほしいですね。実際、検事のなり手が少なかった時代を支えてきた先輩たちには、それなりに人生観や価値観が養われてから司法修習生になった方も多く、個性豊かな人材だったと思います。
----終了↑----

 この検事さん、
いわば法律家にとって多様な価値観・人生観が
極めて重要であると主張している。
そして、個性の豊かさも必要だと述べている。

 なるほど、
 が、

----コピペ↓②
白井:
法曹をめざす人の中には、刑事事件のように人間のドロドロした部分を扱うのは苦手で、「どちらが得で、どちらが損をするか。」というような民事事件の方がわかりやすいし、訴訟のゲームのような側面がおもしろいという人もいるでしょう。ただ、刑事事件を扱う検事も、
----終了↑

 と検事についてアピール。この検事さん
インタビュアーの質問の意に反して(?)
検事についてのアピールが全ての会話の
多くを占めている。

 それはさておくとして、少しこの言い分には疑問がある。
刑事事件も民事事件と似ている部分があるんですよ~と
アピールしているのだが、なぜこんな言い方をしている
のかと言うことである。

 私なら、「民事事件もドロドロな部分が一杯あるので
人格の対決という面が多々あります。そういう能力を
鍛えるのに検事は最高です。」とでも述べる。

 が、2ちゃんねるやカトシンの講義を聴くと、なぜ
このような言い方を彼女がしたのかがわかってくる
ところもあるが、それは略す。(めんどいから)

 民事だって、例えば京セラを立ち上げた稲盛前会長
にしたって京セラの前進の会社を経営したとき
社員数十人から「生活を保障してくれないならやめる」
と突き上げられた話とか知らんのか?

 そういう話を少しでも知っていれば、ガキの価値観(
パズルやゲーム=民事法)にあわせて、「検事も民事法
の知識が必要なんです」ということを言わないでしょ。

 実務で何を学んできたんだろうか?
単に犯罪を処理してきただけなのだろうか。

 「民事法でも人とのぶつかりあいは避けられませんよ」
とでも言えばいいものを。彼女は実務で何を経験して
来たんだろうか?ひょっとして、民事の弁護士や判事への
コンプレックスのみで生きてきたんじゃなかろうか。

 という印象を受けちゃう。

 彼女が就職を決めた頃(今から20年程度前)は
渉外事務所や民事事務所が検事より
人気で優秀な人材が集まりやすかった。
そして、彼女も渉外事務所に入りたかったので
あると考えられる。
一々民事法・経済事犯・理系知識とアピールする
のが理由の一つ。

何か勘違いしているおばちゃんという印象を受ける。

さらに

>1979年 早稲田大学法学部卒
>1987年 検事任官

 という経歴に示してあるとおり、
悲惨なことに卒後6年間職歴(修習2年)が
無いのだ。現行の過酷さを表してますね。
人間的な感覚が単調になるのも無理は無い。
しかも民間なら多様な価値観に触れることも
あるだろうが、単調な渉外・判事>>検事という
ノリできてしまったのだろう。

 だからこそ、鎌田教授が
「検事を目指す若い世代を先生はどう見ていらっしゃいますか。」
という問いに対して良い面は僅か1行悪い面は5~6行。
およそバランス感覚の欠片も見当たらない記述を
している。任検志望者も多種多様と言うのに。

 なぜか?
良い面の1行目で答えの鍵は出ている。
>私が司法試験に合格した時代に比べれば、若くて優秀な司法修習生が増えたことは間違いないと思います。

 正直ですね。

 言い換えると

「私が司法試験に合格した時代」はベテランで無能な司法修習生が多かった

と暴露しているのだ。

と同時に、「その代表格は私だ」とも思って
いたのだろう。

 その気持ち、コンプレックスが未だに残っているから
5行に渡って悪口を書かれている訳ですね。

 鎌田教授が同意しつつ受験生側をフォローしているのが
印象的だった。心の中で「困ったちゃんだな」と思ったこと
だろう。

 ちなみ彼女の意見は恐らく自身でも建設的な批判
だという意識は無い筈だ。

 単なるコンプレックスの発露だろう。
本当に建設的なものとして批判するなら
確か早稲田は司試合格者1位か2位だったろう。
なら、稲門会の指導に当たる地位にいる、またはそこ
出身の自分に対してもっと何かしら意見や覚悟がある
という意思を持つはずだからである。

 と、同時に学部長がなぜ呼んで話を聞きたいと
思ったかの意図もわかってかわからずか無視する。

 多種多様な価値観を受け入れる豊かな人間性も
無ければ精神的なタフさ(コンプレックス炸裂させない・
バランス感覚を保つ強さ)もろくな社会経験もない・
人間的な成長もみられないのを自分で押し出している
のが印象的だった。

 自分がもってないものを修習生に求める(笑)

 仮に私が止む無く犯罪を起こしたとしても
こんな検事に追及されるのは勘弁して欲しい。
機械的より酷いわ。

 子供も、こんな人が単身赴任してくれて
さぞ助かるだろう。こんなのが母親で父親は
弁護士というのは正直きっついわ~。
アホだし。



鎌田:
今日は、稲門法曹である白井先生をお迎えしてお話をうかがいたいと思います。早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)も開設3年目を迎え、学生はいよいよ新制度で初めての司法試験に挑むことになります。白井先生は、第一線の検事としてご活躍され、現在は司法研修所で修習生を教えていらっしゃいますが、法科大学院に期待されること、また法曹をめざす人たちに指針となるようなお話をうかがいたいと思います。最近は検事志望者が増えていると聞きますが、検事を目指す若い世代を先生はどう見ていらっしゃいますか。

白井: 私が司法試験に合格した時代に比べれば、若くて優秀な司法修習生が増えたことは間違いないと思います。ただ、時代の傾向として、生活の苦労のみならず、勉強の面でも挫折を味わったことが少なく、他人にしかられるという経験が少ない人も多いのではないでしょうか。そのため、検事になったとたんに上司や先輩検事から、捜査が不十分であることなどを指摘されて叱責されると、それだけで自信を失い落ち込んでしまうことになります。検事をめざす人に対しては、いわゆる打たれ強さ、精神的なタフさが要求されると思います。

鎌田: 確かに、そういう世代的特徴はあるかもしれません。法曹資格を得るためには、社会的に認められたレベルの高い試験に合格しなければならない。そのために一所懸命勉強し努力する、ということ自体は悪いことでないと思います。が、それと同時に、法律問題は生身の人間の生活がかかっているわけですから、法曹の養成にあたっては、より総合的で全人格的な評価がなされなければならないと考えます。そんな中で、法科大学院は、いろいろな社会経験を積んだ学生に法律を学ぶ機会を与え、多様なバックグラウンドをもった人材が切磋琢磨することで、豊かな人間性をもった法曹を育てることが期待されているわけです。

白井:
検事の仕事の中でとても重要で大きな部分を占める取調べは、まさに人格と人格のぶつかり合いだといえます。そこでは「若くて優秀」であることが良い検事ということにつながらない。だから、社会経験を積んだ人や自分自身のキャリアを通してものを見る目をもっている人にも、検事をめざしてほしいですね。実際、検事のなり手が少なかった時代を支えてきた先輩たちには、それなりに人生観や価値観が養われてから司法修習生になった方も多く、個性豊かな人材だったと思います。

鎌田: 司法の世界には、しっかりした価値観や豊かな社会経験をもった人が必要とされるのですが、大学を出たばかりの人でも、いろいろな人と自由で真摯な議論を重ねることで人間的な成長を図ることができるわけで、そういう環境を整備することが大切だと思います。まさに法科大学院制度そのものが、そういうかたちの人材育成を目標として構想されたわけで、早稲田大学の法科大学院はその理念に最も忠実な方法で入学者を選抜し、教育を実践していると自負しています。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-21 23:54 | 現在の法曹界2
メモ3
http://www.waseda.jp/law-school/jp/interview/interview04_02.html
鎌田:
今日は、稲門法曹である白井先生をお迎えしてお話をうかがいたいと思います。早稲田大学大学院法務研究科(法科大学院)も開設3年目を迎え、学生はいよいよ新制度で初めての司法試験に挑むことになります。白井先生は、第一線の検事としてご活躍され、現在は司法研修所で修習生を教えていらっしゃいますが、法科大学院に期待されること、また法曹をめざす人たちに指針となるようなお話をうかがいたいと思います。最近は検事志望者が増えていると聞きますが、検事を目指す若い世代を先生はどう見ていらっしゃいますか。

白井: 私が司法試験に合格した時代に比べれば、若くて優秀な司法修習生が増えたことは間違いないと思います。ただ、時代の傾向として、生活の苦労のみならず、勉強の面でも挫折を味わったことが少なく、他人にしかられるという経験が少ない人も多いのではないでしょうか。そのため、検事になったとたんに上司や先輩検事から、捜査が不十分であることなどを指摘されて叱責されると、それだけで自信を失い落ち込んでしまうことになります。検事をめざす人に対しては、いわゆる打たれ強さ、精神的なタフさが要求されると思います。

鎌田: 確かに、そういう世代的特徴はあるかもしれません。法曹資格を得るためには、社会的に認められたレベルの高い試験に合格しなければならない。そのために一所懸命勉強し努力する、ということ自体は悪いことでないと思います。が、それと同時に、法律問題は生身の人間の生活がかかっているわけですから、法曹の養成にあたっては、より総合的で全人格的な評価がなされなければならないと考えます。そんな中で、法科大学院は、いろいろな社会経験を積んだ学生に法律を学ぶ機会を与え、多様なバックグラウンドをもった人材が切磋琢磨することで、豊かな人間性をもった法曹を育てることが期待されているわけです。

白井:
検事の仕事の中でとても重要で大きな部分を占める取調べは、まさに人格と人格のぶつかり合いだといえます。そこでは「若くて優秀」であることが良い検事ということにつながらない。だから、社会経験を積んだ人や自分自身のキャリアを通してものを見る目をもっている人にも、検事をめざしてほしいですね。実際、検事のなり手が少なかった時代を支えてきた先輩たちには、それなりに人生観や価値観が養われてから司法修習生になった方も多く、個性豊かな人材だったと思います。

鎌田: 司法の世界には、しっかりした価値観や豊かな社会経験をもった人が必要とされるのですが、大学を出たばかりの人でも、いろいろな人と自由で真摯な議論を重ねることで人間的な成長を図ることができるわけで、そういう環境を整備することが大切だと思います。まさに法科大学院制度そのものが、そういうかたちの人材育成を目標として構想されたわけで、早稲田大学の法科大学院はその理念に最も忠実な方法で入学者を選抜し、教育を実践していると自負しています。

白井: 刑事事件の捜査・公判活動に従事する検事の仕事についていえば、例えば、殺人事件が発生した時点では何もわからないのですが、捜査を進め、証拠を収集する過程において、しだいに事件の真相が明らかになっていくわけです。そして、検事は、被疑者、被害者の遺族、その他事件に関係した人たちの取調べを行うのですが、それは、ただ機械的に相手から事情を聞いてその内容を記録するというような単純な作業ではありません。被害者やその遺族についてはいうまでもありませんが、その事件の背後には、被疑者がそれまで歩んできた人生そのものが、そして、その家族を含めたこれからの人生が大きくのしかかっているのです。そのようないわば極限状態におかれた被疑者が、突然目の前に現れたひとりの検事を信頼し、自分のすべてをさらけ出して真実を語ろうという気持ちになれるかどうか。検事は、常にそういった生身の人間と接し、ひとりの人間の人生を左右するぎりぎりの場面に関わっているのです。そこが検事の大きな責任であり、そして同時に、やりがいでもあります。
白井:
法曹をめざす人の中には、刑事事件のように人間のドロドロした部分を扱うのは苦手で、「どちらが得で、どちらが損をするか。」というような民事事件の方がわかりやすいし、訴訟のゲームのような側面がおもしろいという人もいるでしょう。ただ、刑事事件を扱う検事も、経済事犯では民事法の知識がなくてはなりませんし、自動車事故や航空機事故あるいは医療事故等を扱う場合には、理系の知識が必要となるわけです。いずれにしても、検事は、社会で生起する様々な事件やそれに関わった人間と常に身近に関わり続けることにより、その過程で常に勉強し、自分自身が人間的に成長することができる職場であると思います。

鎌田: そういう実務の現場における心構えが極めて重要なのですが、早稲田では、弁護士や裁判官、検察官としての実務経験を有する優れた実務家教員が数多くいますし、臨床法学教育などの実践的な授業を通して実際に現場を見聞できる機会も設けています。自分が将来なりたい法曹への具体的なイメージを、いろいろな側面から見て実感することができると思います。法科大学院では、制度上、検察実務や裁判実務を実際に体験することはできませんが、現役の検察官や裁判官がそれぞれの実務について教えています。また、弁護士の立場からの臨床法学教育を通じて、弁護士実務だけでなく、検察官や裁判官の役割の重要性についても、実に活き活きと感じることができ、法曹についてのイメージが一気に具体化することになると思います。

白井: そうですね。法曹三者の中では、検事の仕事がいちばん見えにくいかも知れません。法科大学院で、事実や証拠の見方など、どこまで検察実務を具体的に学んでもらえるか、期待したいですね。



http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060821&a=20060821-00000071-mai-spo
<高校野球>早稲田実 好投で駒大苫小牧の本塁打攻勢しのぐ
2006年8月21日(月) 19時43分 毎日新聞

 延長十五回決勝引き分け再試合。大会史上最多の60本塁打。幾多の名勝負と新記録を球史に刻み、長年語り継がれるであろう16日間の熱闘は幕を閉じた。最終日の21日は37年ぶりの決勝再試合が行われ、早稲田実(西東京)が駒大苫小牧(南北海道)の夏3連覇を阻んで、夏初優勝を果たした。春も含めた全国制覇は、王貞治・ソフトバンク監督をエースに擁した1957年の第29回センバツ以来。東京勢の優勝は第83回大会の日大三(西東京)以来5年ぶり6回目。
 前日に続き、この日も早稲田実・斎藤、駒大苫小牧・田中の両エースが投げ合った。斎藤は7試合で計948球、田中は6試合で計742球。死力を尽くした力投に、5万人の観衆から万雷の拍手が送られた。
○早稲田実(西東京)4-3駒大苫小牧(南北海道)●
 序盤から好機を着実に生かして加点した早稲田実が、4日連投となった斎藤の好投で、駒大苫小牧の終盤の本塁打攻勢をしのいだ。
 早稲田実は一回、駒大苫小牧の先発・菊地の乱調につけ込み、四球と安打などで築いた2死一、三塁に船橋の中前打で先制。二回にも救援した田中から四球を足掛かりに2死二塁とし、川西が左翼線に二塁打して加点。六回に1点差に詰め寄られたが、その裏、白川が左翼線に適時二塁打。七回は2死二塁で後藤が左前適時打を放った。
 駒大苫小牧は140キロ台の直球にスライダー、フォークを有効に使う斎藤に、五回まで3安打に抑えられていたが、六回、三谷が左中間にソロ本塁打。九回、無死から安打の三木を置き中沢が中越えに2ランを放って1点差に詰め寄ったが、計13三振を喫し斎藤の前に屈した。
【相川光康】
 ▽早稲田実・和泉実監督 こんなにも選手に力があったことに驚いている。駒大苫小牧は本当に強い。逆の立場だったら、こんな試合はできない。敬服する。
 ▽駒大苫小牧・香田誉士史監督 うちの選手もよくやった。たたえてやりたい。4対1でなく、4対3にしたのがうちの選手のすごさ。あと1点は斎藤君の素晴らしさだ。
 ◇早稲田実 斎藤の恐るべき球威 最後まで
 甲子園に来て948球目、2日連続の決勝で296球目となった早稲田実・斎藤のストレートが駒大苫小牧の最後の打者、田中に向かっていった。壮絶な決勝を投げ合ったライバルのバットは、144キロの速球に空を切る。恐るべき球威を斎藤は最後まで保ち続け、2試合で5時間33分に及ぶ戦いに決着をつけた。
 4日連投となるこの日の朝、斎藤は意外にも疲れを感じていなかった。その秘密が明かされたのは、試合前の練習の場だった。
 延長十五回の死闘を演じて宿舎に帰った前夜、早稲田実の選手は交代で、「高気圧カプセル」の中に入っていた。カプセルは1人が横になって入れる程度の大きさ。酸素供給度の高いカプセルの中に1時間前後いることで酸素を多く体内に取り入れ、疲労を回復する。サッカーのイングランド前代表、ベッカムが使って話題を呼んだ、通称「ベッカムカプセル」だ。
 「センバツの時は使っていなかったが、今回は体の回復度合いが違う」と斎藤。37年前、松山商と三沢の決勝が引き分け再試合になった時代には考えられない科学の力を借りて、早稲田実の選手は2日連続の決勝に臨んでいた。
 八回の打席を終えてベンチに戻った斎藤は、携帯用の酸素を一口吸って最終回のマウンドへ向かった。だが、駒大苫小牧の3番・中沢に中越えの2ランを浴びて1点差に迫られた。
 「やばいと思ったけど、あと三つアウトを取るだけ」。理詰めの投球同様、気持ちを切り替えて冷静さを取り戻した斎藤は、こん身の投球で続く3人を片づける。田中は「斎藤君にはまだ力が残っているんだと感じた。相手の方が上だった」。3連覇は逃したが、潔く負けを認めた。
 斎藤は青いハンドタオルで感激の涙をぬぐった。「第1回からこの大会に出ている早実が成し遂げられなかった優勝を果たせた。その重みを感じる」。斎藤はいつもこのタオルを使う。ゲンかつぎのためだが、袖で汗をふいていると指先が滑ることもある。そんなことまで考えて早実の選手は野球をしていたのだ。【滝口隆司】
 ◇駒大苫小牧 昨夏の金にも負けない“銀メダル”の輝き
 ストライクは全て振った。九回、駒大苫小牧のエース田中の打席。中沢の2ランで1点差に追い上げたものの2死走者なし。土壇場だった。
 初球のスライダーをファウル。ワンバウンドになる鋭い変化球を空振り。さらに変化球をファウルにして、食らいついた。田中の気迫をそらすように、マウンドの斎藤が背を向けて間を取る。一呼吸置く4球目は、高めへの147キロ。「斎藤には力が残っているんだな」と思った。そして7球目は低めへの速球。フルスイングが、空を切った。
 「終わったんだ」。その言葉だけが、心に浮かんだ。
 「肩にもひじにも張りがあった」という。昨夏、150キロをマークした速球は140キロ前後まで落ちていた。「気力で戦う」と肝に銘じたマウンドだった。
 六回、三谷のソロで1点差としたその裏、2死から四球を出し、白川に左翼フェンスに運ばれた。初球、不用意な高めのストレートが、失点を招く二塁打となった。七回は2死二塁から、後藤に甘く入った変化球を左前適時打とされた。この夏の甲子園で投じた742球の中で、最も悔いの残る2球。でも、「やれることは、やり切った」。涙はなかった。
 昨夏の優勝投手として、この1年間注目され続けた。センバツを上級生の飲酒、喫煙で辞退したことも注目に拍車をかけ、大会直前に主将を本間篤に交代したほど。その中で、3連覇をかけた夏。「逆の立場で考えれば、大変なことだ。すごいと思う」。敵将の和泉監督が称えた。
 閉会式のために整列すると、3三振に泣きじゃくる本間篤の背をなで続け、笑いかけた。センバツ辞退のどん底を、一緒にはい上った仲間と手にした“銀メダル”。輝きは、昨夏の金にも負けない。【藤倉聡子】
 ○…早稲田実の主将で4番の後藤は「優勝出来て日本一になれて夢のようです」。七回2死二塁、「斎藤が頑張って投げていたし、1点でも多く取りたかった」という気持ちがバットに乗り移り、田中の低めのスライダーを左前に弾き返した。「集中出来たのがよかった」と後藤。チームのまとめ役としても絶対の信頼を得ており「ここまで来れ、優勝出来たのも全員のお陰」と感謝していた。
 ○…早稲田実の2年生・川西が、勝利に貢献した。二回2死二塁、駒大苫小牧のエース・田中の外角低め直球を、うまく流して左翼線へ適時二塁打を放ち、田中攻略の口火を切った。相手は屈指の好投手だが「『自分は自分』と心に言い聞かせた。雰囲気にのまれないよう田中投手の顔は見ず、球だけを見極めた」。七回はセーフティーバントを試みるなど粘り、死球。後続の適時打で生還した。「3年生に甲子園に連れて来てもらった。今度は自分たちがチームを引っ張り、ここに戻ってきたい」
 ○…駒大苫小牧の先発は、3試合連続で2年生右腕の菊地。香田監督に「後は(田中)将大がいるから、全力で飛ばして、いけるところまでいけ」と送り出された。一回、いきなり内野安打などで2死一、三塁にされ「焦っちゃいました」。船橋の適時打で1点を許して降板、田中にマウンドを託した。「もっと長く投げてつなぎたかった」と悔やんだ。しかし経験は自信にもなった。「甲子園は自分の力以上のものを引き出してくれる場所。(田中)将大さんみたいに、プレッシャーをバネにして粘り強いピッチングができるよう目指したい」
 ○…打撃センスが光る駒大苫小牧の本間篤だが、斎藤には前日に続き、完全に封じられた。4打数3三振。「斎藤君はスピードも体力もまったく落ちなかった。4番を任せてもらったのに……」とうなだれた。3連覇を託された主将として重圧の中でナインを引っ張ってきた。「気力では負けていなかった。勝敗を分ける差はどこかにあったんだと思うが、今はそれが何か分からない」。汗と涙で濡れたタオルをギュッと握り締めた。
 ○…駒大苫小牧の先発は、3試合連続で2年生右腕の菊地。香田監督に「後は(田中)将大がいるから、全力で飛ばして、いけるところまでいけ」と送り出された。一回、いきなり内野安打などで2死一、三塁にされ「焦っちゃいました」。船橋の適時打で1点を許して降板、田中にマウンドを託した。「もっと長く投げてつなぎたかった」と悔やんだ。しかし経験は自信にもなった。「甲子園は自分の力以上のものを引き出してくれる場所。(田中)将大さんみたいに、プレッシャーをバネにして粘り強いピッチングができるよう目指したい」

[ 8月21日 22時18分 更新 ]
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-21 23:40 | 現在の法曹界2
一体
法科大学院に関してあるブログのコピペ
(どこのブログの誰とかは書かない。
もう本人はわかっているから)

----コピペ開始----
私は、適性試験・小論文試験によるロー入試こそが最も比重が置かれるべき法曹への入り口であり、卒業後の試験は確認程度のものと見ていたのです。そのため、ロー合格者には国家公務員として採用される権利も与えられていいのではという発想をしていました。
----コピペ終了----

普通の国公立出でこんなこと考える人
存在しないはずなんだけど、一体なんで?

国公立受験する人間がセンター試験で
高得点取ったからって勝ち誇らないだろうに・・・。

しかも適性はわずか3時間前後の試験なのに。
大学受験だと8科目ある、しかも1日では終わら
ない。

ちょっと経歴が珍しいからって地道に
努力するのを嫌う人間を入れるからこうなる。

弁護士事務所経営者も気をつけて下さいね。
新司法合格者でもこういう勘違いは多いと
思うよ。有名ロー卒の方が「楽して儲かると
思ってた。」とか平気でいい層だしね。


他にも色々言いたいことはあるが、
入試が一段落ついたら言おう。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-21 22:45 | 現在の法曹界2
伊藤真岩崎茂男柴田孝之新保義隆千葉博羽広加藤晋介堤小塚
 LEC早稲田セミナー辰巳法律研究所
シケタイCブックデバイス基礎シリーズ

 予備校の講師教科書を適当に並べてみました。

 勉強開始時は、「どれが一番楽に合格できるか?」
を一番知りたくなってそれを調べるのに相当な
エネルギーを費やすことが多いと思う。

 だけど、余り意味は無い。いや、意味はあるんだけど
きっちりこなした(もしくはこなせる)奴でないと意味が無い。

 例えば、なんか本をやってて友人なり掲示板で
「あの本はやさしすぎるから効率が悪い。足りない」と
指摘されたとする。正確な指摘だとする。

 でも、やっている人間が自分の脳にあっているものを
選んで(選ばされて)やっている訳だ。その人にとって
あっているからやっている。結果としてもう一冊本を
読むことになるだろう。

 だが、ショートカットして(その人にとって)難しい本を
選んだら、ほぼ100%うまく行かない。

 国語力が足りないから予備校本でごまかしますと
ヤメ検先生のHPで書かれていた受験生の方が
おられましたが、アホならまずその国語力を埋めること
を考えるべき。または、国語力の無さを認めて
無いなりになんとかする対策を真剣に
考えることだろうと思う。

 もちろん、受験に全然関係ない本を読むということ
は駄目だぜ。(ただ、該当する受験生は、「基本書は全く
読めない」と言っているので地道に国語力をアップさせる
しか道は残されていない)

 あと、正直に「ここの部分は俺の脳みそが足りないな」と
把握しないと試験対策は立てようも無い。
例えば、小論文試験で60分では1200字書くのが
精一杯だという事実を受け止めたら
そのレベルの脳みそ・能力に合わせて対応を一生懸命
考えるか、早く書く努力をするかという話です。

 そう考えるとシケタイなどの予備校本が読めるけど
基本書が読めないという程度の国語力の無さなら
素直に基本書を読めるレベルまで上げる努力をする
という戦術の方が効率的だと思う。

 このレベルなら真面目に努力すればカバー出切る
弱点だと思う。

 こういう屈辱(な訳でもないんだが)に対応する能力って
結構大事だと最近思う。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-21 10:36 | 現在の司法試験勉強
ごっつめんどいな
望まれていない人材(工事中)
でメモ・下書きとして書いてコピペ・整理途中だった
ものになぜかTBがついていた。

本人からの反論なのだろうか。

いや、反論っちゅうかね。工事中(かきかけ・推敲中)
な訳だ。なぜ、噛み付くのだ?

後でじっくり読ませてもらうかもしれんが、
う~ん若干気味悪いなぁ。

俺の過疎ブログへ来たと言うのは
アクセス解析でもしたり、自分のブログの
タイトルを検索して探した訳でしょ。

俺はTBもコメントもつけた訳でも
他の掲示板・ブログにりんく貼った訳でも
ないからなぁ・・・・。

この時点で

少し気持ち悪い。

例えば、柴田孝之先生が自分について
悪い評判がないかシコシコ掲示板ブログを
探してアクセスするのはまだわかる。

生活掛かっているわけだからな
(俺はそれも相当気色悪い印象を受ける。
毎日たかだか10~30人程度しか来ない
のに。なんというか、代ゼミの
休憩時間中に食堂で「~~は使えない。」とか
「~はいい」「悪い」と雑談している学生を
いろいろな場所で見張って、自分に不利
な意見の予備校生を捕まえて一々反論
するみたいな気持ち悪さ。または「~先生
はすばらしい」と評価する学生を発見して
わざわざ褒め称えるのも気持ちいいとは
言えないきがする)

賛同の意見も違和感が無いわけでもない

まして・・

ネットには色々な考え方があるので一概に言えんが
こりゃ、きもいなとも思った。
面倒くさいとも。と同時に普通の日本語力があれば
だいたい言いたいことはわかるでしょ。読者の
みなさんはって気もする。

まぁ、それは都合のいい発想なのでじっくり読ませて
書かなければいかんのだろう・・・(それでも放置して
しまうときもあるんだがな。)

めんどいから。
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-19 07:57 | 現在の法曹界2