「ほっ」と。キャンペーン
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
お気に入りブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
JCJ機関紙部ブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
人気ジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
勇者
☆友達皆無でうかった勇者のスレ【復刻版】☆
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1097106479/762-
本当に友達いないんだな・・・

---------------------------------------
762 :氏名黙秘 :2005/12/27(火) 23:41:18 ID:???
今年合格した俺、去年ともっとも違っていたのは、一日に時間を決めて、
基本書を隅々まで読んだことと、百選にも眼を通したこと。

それだけで、こんなに飛躍的に伸びるとは思っていなかった。予備校の
指導に汚染されて、絶対に遠回りだと考えていた。精読してれば、もっと
早く合格できたのではないか、とさえ思う。予備校本は薄すぎて、
全部理解したとしても論証の肉付けがゼロになる。ようやく自覚できた。

763 :氏名黙秘 :2005/12/28(水) 12:33:14 ID:???
>>762
受験生鵜呑みにしちゃうから、最後にやった勉強だけ絶対視するのはやめましょうw

764 :氏名黙秘 :2005/12/28(水) 21:46:53 ID:???
>>763
いや、しかし、合格者の多くが言うことでもあるが。。。
>基本書早く読めばよかった

767 :氏名黙秘 :2005/12/29(木) 00:40:23 ID:???
>>764
直前の感想だけで、全然全体を踏まえた話になっとらん。
このレベルで依頼者側にたった法律サービスを提供できるのかと
あきれてしまう。

768 :氏名黙秘 :2005/12/29(木) 00:46:14 ID:???
2chなんて依頼者のレベルがまちまちだからな
一応対象としては、予備校教材で行き詰ってる人間に向けて書いてるんだろうが

769 :氏名黙秘 :2005/12/29(木) 00:46:56 ID:???
最後の一行忘れた

そんぐらい文脈で読み取れるだろ

770 :氏名黙秘 :2006/01/03(火) 04:30:40 ID:nnZeTpBY
>>762さん
同感。
私も今年基本書をみっちり読み込む勉強で合格しました。
予備校の学習法に踊らされていたみたいで。
ただ、この話題スレタイには則さないような気が・・・
とりあえず研修所ではよろしくお願いします(もしかしたらもう知り合っているかもしれませんが)。

779 :氏名黙秘 :2006/01/06(金) 17:16:02 ID:???
>>769
じゃあ、俺も書いてみる。
なんと言っても、一番の合格への契機は
友達に誘われた塾長のスタディツアーです。

法律はもっと硬くて難しくて、司法試験なんて
縁遠い話だと思っていましたけど、これに参加して
初めて憲法を身近に感じられました。

書店や図書館で見かける基本書は、硬すぎて読もうという
気さえ起こらなかったので塾長の講演が無ければ
司法試験を受けようとすら思いませんでした。
だから塾長との出会いがなければ司法試験合格は無かった。
----------------------------------------------
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-27 12:15 | メモ
なんか知らんが
設定色々いじってみた。
ところで、初めてブログにまともなコメントがついた。
大変うれしい。

実際のところ、トラックバックの仁義切りや
コメントのコピーって律儀にやる人やそうで
ない人(私だな・・これは)、色々いますよね。

なんとなくこまめにあいさつ回りをすべきか
そうとも限らないのか?
色々な論点が含まれているので
糞真面目に考えると「う~ん」と唸って
しまいそうですね。

しばしば会っているなら

頼む人「先生(もしくは先輩)!勉強になるのでコピーさせて頂きました。」
教授(or先輩)「おう!がんがん勉強してくれ!教授や先輩は利用してナンボだからな。」

といかにも江戸っ子なやり取りが出来るかもしれない。
そのような人間関係において、その都度許しを得ると言うのは
決して悪くは無いが粋で無い。

難しいところだ。

わたしのばあい、初めてブログ作り方を書くHPを見たときに
「トラックバックの類は一々断ったり、あいさつ回りをして
リンクし合うとかはしない方が良い」というのを見たのと
作成当初いくつかのブログにTBやリンク類を貼らせて頂いた際、
削除などを好きなようにし合うというのをされてきたので
「あぁ、こういうのが慣習なんだ」と思ってきたのがあります。
あとは、他の日付のブログのコメント欄にも書いてあります。

と、このように神経質とも言えるほど
グチャグチャブログやネットのリンクやTBについて書き殴った理由は
もちろん私が神経質になっているということがあるが、他にもある。
それをこれから少しずつ書いていこうと思う。
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-23 10:05 | 社会問題②ネット
従来のエリート主義は通用しないかも4(会社法)
この機会に会社法100問に関する議論についても
述べなければいけないだろう。

↓の本についての議論です。
新・会社法 100問 葉玉 匡美 (著) 
 ダイヤモンド社2005/11/18
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478100195/qid%3D1137710336/250-4996186-6911428

ある学者の意見↓
②の1December 05, 2005

>この Blog を見ていて感じるのは、会社法の制定にとって
>法制審議会会社法部会での議論はさほど大きな意味を
>持っていないこと、実際の条文の立案作業の段階で
>多くの重要なことが決定されてしまったということ、
>法律の国会提出までの時間が短く、その間の立案作業に
>ついては情報が公開されず、その結果、会社法の内容を
>本当に知っているのは法務省の役人だけだという事態が
>生じていること。
ということで、他国の例を
>たとえば、イギリスで
~と続けて出している。

確かに、10年程度以上までは、会社法の改正について
途中までは商法学の大御所達や商法学会の意見を
法務省がご意見伺いに出てそれを通らなければ・・と
いう慣行はあったようだ。その慣行が無かったことに
怒っているんだろう。

だっけどねぇ、庶民から言わせると、官僚が決めるのと
一握りの商法学者が決めようと大差ないのよ。

①一部の東大のキャリア官僚が決めました。
②一部の東大出と私大出が少々混じった商法学者が
決めました。

あんまり大差無い

で、更に言わせてもらうと、
この人、恐らく鈴木竹雄先生(この人が存命中は
商法学会が強かった時代。この時、この人を中心に
改正が決まっていったと言う学者もいる位)
の時代で(学者と官僚・経済人が)改正を決めていた時代に
同じようなことを言えたのか?

一握りの人間で決めないで商法が全くわからない人にも
説明してわかってもらって、議決を取る時も自分達の
発言権は抑えて(全体の5%程度以下)やりましょうと。

言えないだろ。

>たとえば、イギリスで現在行われている会社法の
>改正作業の場合、2005年11月1日に Company
> Law Reform Bill が提出されたが、2005年3月の
>Company Law Reform White Paper の段階で
>Draft Clause が示され、意見照会が行われていた

これって商法の「しょ」の時もわからん(文理解釈って何?レベルね)
レベルの人間が意見を述べても採用されないだろ!
結局同じなんだよ。同じじゃなくても結論は変わらん。

だいたいだな。法律学者は、旧制帝大でも東大と京都大学
が頂点で後はカス、付け足しって根性が他の学問分野に
比べて強すぎる。

世界と戦っている理工系の分野と比べて学歴とコネが物を
言い過ぎるんだよ。

今まではそういうやり方もありだが、結局それだと
駄目だってことが今回露呈したと俺は思うよ。

だって、同情されないでしょ。
実質、密室状態で学問の流行り廃りを決めてた
(旧制帝大と私立数校)連中が、国家権力に対して
「お前、密室で決めるなよ。情報公開して開かれた場所
で決めろよ」と言っても「ハァ?」としか思われない。

いかにも一部のピラミッドの中で天下を取ったの云々
言っている連中がやりそうなことだ。大学のランクは
東京帝国大学を頂点に2番目はどこそこ3番目はどこそこ
~って感じで明治維新後に決められた(多少変動はあるが
法学部が一番変わってない)。
そこに乗っかって1番だ、京都だ、いや法科の中央だ
~~日大だまで来たのが今の日本。

いかにも効率が良いし、成績を取れば上から順に
席を取れるわけだからこりゃ良いやって思わされる。
だけど、これって国家権力からすれば要は使い易い
からなんだよな。

東京帝国大学だけ抑えりゃ「ハイ!反抗出来ません」
統制する側は超楽!滝川事件見ればわかるでしょ。

で、加えると、今の時代、明治時代と違って
経済政策にしろ政策も解釈も確実に
これがベストだって方法が見つからない。
だからどれだけ多様な場所に多様な人材をカバー
するか。研究者なんて本当に色んな人がなるべき
だと思う。

その流れの中に大学の独立行政法人化やら地方分権が
ある訳。
本当の意味で競争できるようにならなきゃ日本は終了
する。その位の危機感を持たなきゃ駄目よ。

役人にやられて悔しいなら

>「ひがみ」と言われるのだろうが(そしてそれでも別にいいのだが)

などと逃げ口上を打つのではなく、正々堂々
会社法の解釈書を出し、戦いを挑むべきだ。
そして、プロセス重視というなら、わずか数回のペーパー入試で
決まった学部の大学で差別せず、それこそ中卒高卒でも
優秀な人間がいたら研究者として実務家として育て上げる位
の意気込みを見せて欲しい。

やることは管をまくことで無く現状に戦いを挑むことなんだ。
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-20 08:29 | 社会問題①エリート?
従来のエリート主義は通用しないかも3
さて、
このカテゴリ社会問題①でやって来たテーマの続きである。

ところで、辰巳かどこかの予備校の択一対策で
「なまけもののなまけものによるなまけもののための講座」
とかってのがある(あった)らしい。
なにやら全科目判例百選すらも読まないで受かりましょう
みたいな・・。

そんな要領やちょっとした小手先で受かるもんなら苦労しないし
勉強しないで受かるほど甘くない。
やりたくない人は受けないで欲しいと俺は思う。

真面目に勉強(しようと)している君もそう思うはずだ。

だが、学説や政策や立法を考える際はこのような視点の意味が
0だとは私は思わない。そもそも老人ホームに入る際、そんなに
詳しく法律を勉強しなきゃ契約書を事細かに読まなきゃ駄目
なの?

あるいは、読みそれに納得して承諾したってことを前提に施策を
うって良いの?

な訳無いだろ(ま、実際に法律もそれに多少は配慮している)
さっきの建築問題やNHK問題を見れば一目瞭然
なんだよ。ヴォケ!!ってことだ。

だから、少なくともエリートを目指すなら、そのエリートと言う
ものの意味合いが、今まで思われてきたものとは違ったものだ
位の認識は欲しい。

更に言えば、学部でアフォ相手に講義する。それは
詰まらないだろう。実際、俺も中学高校時は、実質授業妨害
をする連中を見てきているし、腹が立ちまくってたから。

だけど、だからといって頭の良い人たち(俺は必ずしもそうは
思っていない。というか少なくともそのままエリートになって
もらっては困る)だけを相手に接すれば万事良しとは全然
思わない。違うと思う。

自分の尺度からすればアフォかもしれない。
だけど、違った面からすれば全く違った見方が出来る
位の気持ちが欲しい。

俺は、そもそもそういう旧来(のエリート?)尺度が自身を
苦しめているという気がする。むしろ、そういった
尺度にとらわれている限り本当に国民の為になる
立法政策・学説や国自体の改革は生まれ得ないと
直感している。

明治で終わりたくないで終わらずに
高卒だって中卒だって優秀な法学者にでもなんでも
なれる!俺はそういう人材を育てたい!位の気概を
もって欲しい。

俺はそういう意気込みを持ってやっている。明大出ではないが。
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-20 06:28 | 社会問題①エリート?
大前研一敗戦記
アマゾンで受け付けてくれなかったものを
乗せます。

大前研一敗戦記
大前研一敗戦記

本書を読んだのは3年ほど前。そして、先の衆議院選挙前後の報道を
見て初めてわかった。

大前研一を初めとした具体的な政策論・改革論を前に押し出して
戦おうとした人たちが、選挙や政治の場で力を持てない理由が
わかった。そして、田中角栄~鈴木宗男のような旧来型と
言われた政治家が力を持つ(持たざるを得ない)原因
がわかった。

大前氏が都知事選の選挙演説を行う商店街に着いたとき、こう側近に
言われた「商店街の方に挨拶して下さい。」。大前氏は激怒した。
「許可得ているって言ったじゃないか。なんで騒音立てたからって
頭下げなきゃならないんだ。俺だって好きで騒音立てたくないのに
許可得たからやったのに。」

も、もう駄目だと俺は思った。宗男ならばこんなことは絶対に言わない
自分から率先して頭を下げに言っているだろう。

あと、大前氏は常日頃へ理屈をこねすぎだ。東大に行けなかったのを
「楽勝だと思って試験の初めは寝てしまった。そうしたら終了10分前(
5分前かもしれない)に起きた。解くのに間に合わなかった。早稲田は
滑り止め。」
こんな言い訳を複数の著書で見かけました。

にも関わらず、その滑り止めの大学の付属中学(小学校か幼稚舎かもしれない)に
息子を入学させているところがなんとも気の毒だと思いました。
「学歴社会はもう終わりだ。東大とか早稲田とかにとらわれるな」と
SAPIOでも宣言していたのに。

こんな言い訳人間・どうでも良いプライドに溢れた人間だと、青島が
やった臨海副都心再開発中止も出来なかったんじゃないだろうかとす
ら思ってしまう。

そう考えると、青島を選んだ都民は一番ベターな選択をしたんじゃ無
かったろうか。そんな思いが、「もし、鈴木宗男と杉村太蔵2人だけが
自分の選挙区で出馬して二者選択になったら、宗男に入れざるを得ない」という想像と共に
選挙後小泉チルドレンを報ずるTVを見ながらこみ上げました。
なるほどと思われた方
↓クリック願います


・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

画像が表示できない人の為のブログランキングリンクは↓
http://blog.with2.net/link.php?916012

http://blogrank.toremaga.com/rank/s13/1.html

web拍手

More
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-20 05:45 | 主に法律以外の書評
柴田孝之先生
かつて、アマゾンの書評でコメントしたことがあり、
その後訂正して発信したのだが、
アマゾンが受け付けてくれなかったのでここで書きます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534039581/qid=1137701716/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/250-4996186-6911428
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<司法試験機械的合格法> 論文基礎力養成講座 民法
柴田孝之

素晴らしい!(2箇所訂正有り)
---元原稿---
同シリーズ憲法に続く第二弾として出版された。
参考書と問題集のセットで初めての試みとなっており大変素晴らしい。

だが、カスタマー氏の「ロー対策本と明記した方が」良いという
アドバイスを受け帯の言葉を変更したような印象を受ける。

帯のコメント
「使える知識として頭に叩き込むことを第一に考えた」
     ↓
「法科大学院入試や大学の試験対策にも最適な」

内容は、発想としては大変斬新である。
ただ、日本語が若干変な印象を受けるので☆一つ減らして4つにしました。
あとは、商法をどれだけ早く書けるかどうか、受験生の本心から
言うと下三法を先に書いて欲しいというのが望みです。
年内に勉強しないと、恐らく直前にしか勉強できないというのは
司法試験の受験経験がある方なら合格者なら当然把握しているでしょう。
---元原稿終わり----
訂正①↑
商法は年内出版予定だそうです。
訂正②
↓を付け加えます。

同シリーズ行政法に絡めてのレビューでしたが、
著書の先生のHPによると行政法の発刊は当分無いそうです。
訂正して先生及び読者の方にお詫び申し上げます。m(..)m。
先生は法専の破産法が得意科目のようなので、
ロースクール時代の破産法に対応した参考書・勉強法の
出版を是非とも期待したいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

内容的には問題無い筈なんだが。。。
あと気になった点としては、

5 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

と初めは書かれていたのに、途中で0人中0人となり
10人中0人を経由し
16 人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
とまでなったことです。大変奇妙な現象かと思いきや
一旦本の著者・出版社・アマゾンサイドが編集しなおしたりした
場合はリセットされてやり直しになるようです。
日付的にも、HPで行政法云々の話題に入った前後に
人数がおかしくなっていました。

これでは、書評の意味が無くなってしまい、都合の悪い点が
付いたらリセットを繰り返し、自作自演で点をコントロール
するという技がまかり通ってしまいます。

いかんせん、あまり良い規定ではありませんね。


19 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
素晴らしい!, 2005/10/21 ☆4

14 人中、12人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
論文の書き方がわかる!, 2005/09/21☆5

また変わっている。日付が前の人より投票数が増えているのが
凄いですね。
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-20 05:35 | 主に法律以外の書評
従来のエリート主義は通用しないかも2
 この記事の続き
----前段----
私はもっと酷い経験がある。
学生時代、パソコンや携帯も持たず、電話も黒電話のみで生活していた。
夜12時近くにいきなりチャイムが鳴り、大声で「とにかく明けなさいよ。」と怒鳴られた。
近所迷惑であるどころか、NHKを装った押し込み強盗の類と思い「こんな夜中に
来てこれ以上騒がられると警察を呼びますよ」と言ったら勝手に帰ったようだ。
偽者かとも考えられたが、ポストにNHKのパンフが入っていた。
騙すとかうそをつく前に大声を出して脅しにかかるとは、性質が悪い。
サラ金ですら深夜の取立ては規制されているのに・・・。
---おしまい----

 さて、と本論に入る。
最近リフォーム詐欺や建築詐欺とでも言われる問題が取りざたされている。
先ほど引用したブログにおいて、「NHKの詐欺的取立て」と述べ
「説明責任」をきちんと果たしていないとある。

 実は私は全く別の見解を取っている。リフォームの勧誘を受けて
建築学を学んでもいない素人の老人が元々見抜ける訳が無い。
騙されて当たり前。それを守るには訪問販売自体を規制・ほぼ禁止に
する必要があると思う。

 仮にNHK問題で説明責任を果たそうが果たすまいが一般の素人は
放送法の細かい規定がわかる訳が無い。そして、勧誘員自体も
そんな放送法云々の規定を説明してなどとは基本的に
考えない。歩合制でいかに多くの契約を取ってくるかが
お仕事なのだから。

 つまり、説明責任云々は若くて法律知識があり、NHKの深夜の訪問にも
動ぜず追求できる人にしか役に立たない。
世の中の人間の99%には意味の無い規定や宣言なのだ。

 となると、

><<参照>>
>  私が放送法32条などの基礎知識を勉強させていただいたページです。
> ただし、ページ趣旨には賛同致しかねます。どうぞご了承ください。
> http://simohakase.hp.infoseek.co.jp/index.html(別窓)

 の意見も当たっている面が多いと思う。少なくとも説明責任を
議論するよりもストレートに「廃止しろ!」という意見が真実
を射ている。

 NHKの現在の受信料の問題点は他にもある。
経済的な観点である。端的に言って勧誘員を雇うコストがバカに
ならない。

 ある時、新聞拡張員が「NHK(の勧誘員)がうらやましい」と
言ったのを聴いたことがある。新聞拡張員は
多いとき1件で5000円を超えるときもある。

 私はその時黙っていたが、それ以上の額をNHKは掛けて
いる訳である。なんという無駄遣いだ。

 仮に税金にして(消費税1%分でも良い。)おけばこのような経費は
掛からない。
正確に言うと、国民の負担は増えない。無駄としかいえないのだ。

 ここは素直に訪問販売禁止法を制定し、消費者保護庁(警察検察
関係者も入れ、それ専門の刑事を育てる)を創設して
訪問販売が行われていないかを監視し
NHKを支えるお金は
税金から支出するという主張をする法学者が現れるのを期待したい。

 ということはエリート諸君はやってくれるかどうか・・・
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-13 20:20 | 社会問題①エリート?
従来のエリート主義は通用しないかも
某ブログからのコピペ(改行以外はママ)
意見はタイトルを別にして述べる。

【醜悪】NHKの受信料取立て問題
-------------------------------------------------------
■NHK受信料の詐欺的取立て
  昨日は大変残念なことがありました。
 NHKに対する信頼が減退する事件がおこったからです。
 事件は非常識な夜21:30頃、突然起こりました。
 ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン
 職員S「こんばんわ?、学生さんですか?」
 私「・・・どちらさまですか」
 職員S「あら学生さんじゃないんですか?学生さんですか?」
 私「どちらさまでしょうか」
 職員S「(一向に名乗らず、セールスのような高い声で)
     学生さんですよね?お宅テレビあるでしょ。受信料払ってください」
 私「NHKですか。申し訳ありませんが、部屋にテレビを置いておりません。」
 職員S「はっ?テレビがない」
 私「はい。勉強のためテレビを設置していません。
   ですので受信料を払う義務はありません。」
  私は司法試験勉強の邪魔になると考え、
 大学1年次からテレビを部屋に置いていません。
 自分から名乗らない点がまず大変無礼といえます。
 当初は何かの「宗教勧誘」「セールス」と思ってしまいました。

■問題発言「パソコンを持っていれば基本受信料は生じます。法律です。」
 
  まだここまでは許容範囲です。
 問題は次のやりとりです。
 Sという女性職員は「パソコン」について話をはじめました。

 職員S「パソコンをお持ちですか?」
 私「はい。」
 職員S「そうであれば、法律で基本受信料が生じるのですよ。」
 私「パソコンをもっているだけですか?」
 職員S「そうなんですよ。学生さんだからご存じないかもしれませんけど、
     法律でそうなっているのですよ。ですから払っていただかないと。」
 私「????法律って放送法のことですよね。」
 職員S「あらご存知でしたか。そうですの、ですから払っていただきます」
 ・・・以下、Sという女性職員は「パソコン所持」=「受信料が生じる」
 と延々と話し続けます。
 らちがあかないので、階段を降り、インターホンがある玄関までいきました。
 
■「(TV受信チューナーつき)パソコンがある」=「受信料」

  この職員Sに問い詰めたところ、
 嘲るような笑いと苦笑いが混ざったような表情で、
職員S「ですから、チューナーがあればパソコンでもTVが見れるでしょ!」
 私「そのような説明はいままでしていなかったではないですか。」
 職員S「関係ありません。とにかく払っていただかないとですね。」
  どうやらこの職員は、チューナーがついている場合という条件を
 故意に隠して「パソコンの所持」だけを学生に聞き、
 基本受信料の支払いをさせる方法をとっていたようです。
  放送法など仕組みがよくわからない学生の方であれば、
 「法律なんだから仕方ないか」と受信料を払っていたかもしれません。

  みなさんも説明義務を果たさない、
 詐欺まがいの取立てにはどうぞご注意ください。
 他のNHKの職員の方が一丸となって信頼回復に努めている最中、
 この新宿営業所職員の行動は、本当に信じられません。

  ある地方NHK職員の方が、新聞の投書欄に、 
 「私は1人1人にきちんと説明し信頼を回復するよう努めています。
  怒鳴られ追い返されることもありますが、何度も足を運び、
  我々の努力を伝え、納得してもらい、受信料をいただきます」
 という旨の投書をしていました。

 真面目なNHK職員の方の努力を踏みにじる行動に真剣に怒りを覚えました。

<<参照>>
  私が放送法32条などの基礎知識を勉強させていただいたページです。
 ただし、ページ趣旨には賛同致しかねます。どうぞご了承ください。
 http://simohakase.hp.infoseek.co.jp/index.html(別窓)
-----------------------------------------------
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-13 19:20 | 社会問題①エリート?
平野裕之教授関連リンク
いずれ書かねばならんテーマですね。

①ゼミ学生司法試験受験生Yuichiroの早稲田日記(東大既修3期)
http://waseda.livedoor.biz/archives/50336374.html
②合格体験記1
昭和58年度
司法試験合格者体験記
    ●●●喜びと戦跡を語る
「基本書一冊の徹底的読み込み」 平野裕之(明治大学在学)

 一 司法試験に合格するためにほ、難解な法律論
をする能力、特殊な知識、そして、分けの分からない
受験技術などが必要とされていないことは、
それらとは全く縁のない私が合格したことで実証された
といえる。それでは何が必要かといえば、具体的
方法は別として一般論としては、次のことが言えると思う。
(一)まず、法律家としての教養を見る試験である以上、
法律家特有の法的思考能力が試されているはずで、
その能力が身に付いていること、およびそのような
法的思考能力を身に付けるに適した勉強方法を
採ること。
(二)次に、試験科目が限定されている以上
それだけでは不十分で、ある得度の知識があること。
ただし、知識は司法試験の中核たる法的思考能力の
前提ないしは、それを活かすものにすぎない。
(三)最後に、気力が結局はものを言うことは、
昨年の猛暑の最中の論文式試験を例に出すまでもなく、
明らかであろう。 

 二 各試験について
(一)まず短答式試験でよく言われるのが、
①過去問題、②条文、③基本書精読の三つである。
合格著が口を揃えて言うもので、
経験は最高の師であり異論はない。
ただし、私は過去問題は一回通して解した後、
チェックしておいた理解していなかった部分、および
そこへの書き込みを繰り返し読んだ以外は、
基本書の精読のみで、条文はその際中に確認した
だけだった。

(二)次に論文式試験だが、そのための勉強は、
自分の考えを文章に表わす力をつける方法が
必要となる。実際に書いて見ることが一番と言えるが、
答練等を経験してない私は、基本書を分析しながら
読むこと以外のことは行わなかった。
けだし、答案に自分が理解していることを示さねば
ならない以上、書く本人が、基本書を読みこんで
実際に理解している必要があるし、また、法律書の
文章を分析することで、その構成のコツがつかめる
からである。
 本番では、このおかげで構成は楽に行え、後は、
不必要なことおよび自分がよく理解していないことを
書かないように心掛け、極力簡潔かつ流れがあり、
しかも迫力のある答案を書くことに努めた。
けれども、試験中に読み返して見て、全く難しいことは
書いてないし、文章も平易で軽く読み流しされて
しまいそうなものであり、何度も手を加えようかと
迷ったが、結局そのまま提出したため、勝手に不合格
と決めつけてしまっていた。結果は合格。つくづく、
司法試験は難しいことを要求しているのでなく、
要所を押えてさえいればよいことを身をもって感じた。

(三)最後に口述試験だが、私はここでも基本書中心で、
前に気力が最後はものを言うといったが、後掲の基本書
全部をわずか二週間で二回読んだ。口述試験は、
司法試験が法的思考能力を中心に見るものである以上、
論文式試験で、これを欠く者が誤って受かっていないかを
判断するものと言える。事実、口述試験では、その場で
答えねばならないし、また、従来論じられてないような
問題ばかりが出されている。
したがって、これに対処するには、日頃から、
基本書を考えながら読むことにより、
応用力を身につけることが必要となる。

 三 最後に基本書だが、自分の考えが中心であり、
基本書はその資料を得るためのものである以上、
どれでなければならないということはない。
ただし、基本書が定まらないような状態では、
体系的な理解および自説の形成ができないはずで、
論点中心主義の悪弊だと思う。
基本書一冊を徹底的に読みこなすことが
短期合格には必要である。参考までに、私の基本書を
掲げるが、基本書一本に絞れるように厚いものが多い。

憲法-清宮・憲法Ⅰ (法律学全集、有斐閥)、
     小林・憲法講義(上)(東大出版会)。
民法-我妻・民法講義ⅠⅢⅣⅤ(岩波書店)、
舟橋・物権法、来栖・契約法、松坂・
事務管理不当利得、我妻・親族法、中川・相続法 
(以上、法律学全集、有斐閣)。
幾代・不法行為(筑摩書房)。
刑法-団藤・刑法綱要総論・各論(創文社)。
商法-大隅・商法総則、西原・商行為法、
鈴木・手形小切手法(以上、法律学全集、
有斐閣)、田中誠二・会社法詳論上下(_草書房)。
民事訴訟法-新堂・民事訴訟法(筑摩書房)。
国際公法-国際法ⅠⅡⅢ(法律学全集、有斐閣)。
政治学-高畠・政治学への道案内(三一書房)。

③合格体験記2
明治大学法学会ニュース 第44号より切り抜き
      平 野 裕 之
「普通の人間では終わりたくない」
           孤高の野心家
 司法試験、それは日本で最も難しい試験である。
昨年の合格者の平均年齢は二十八歳弱であり、
その難しさを端的に物語るにふさわしい。
この司法試験に現役合格を果たすのは
東大や京大のほんの一握りの学生だけである。
にもかかわらず、本学で見事現役合格を果たした
奴がいる。
その名は平野裕之である。
我々法学会特別取材班は早速、彼にインタビュー
を申込み、それに成功した。
今回ほこの模様の再現である。
彼がどういう考え方のもとに大学四年間を過ごして
きたか、また司法試験受験生のために彼がどういう
勉強をしてきたかを紹介してみたい。

 -現在の感想と、この難関をどのように突破して
いったのか教えて下さい。
 平野 感想ですか、別にないですけど、
まあ夢みたいだったですかね。僕は三年の時、
択一に落ちたのですが、学者になりたくて
がんばりました。司法試験は二年の初めから目ざし、
その年の夏までに七科目すべての基本書を
一通り読んだんです。初めはわからなかったのですが、
だんだんと法解釈のおもろしさに魅了されたのです。
僕はいつも心の中で、「明治」で終りたくない、
普通の人間で終りたくないと思っていて、
これが僕の心を支えていたのです。いわば、
このままで終りたくないという危機感ですね。
ですから、スランプもなかったし、息ぬきもしませんでした。
受かるまで「人権はない」と考えました。

 -どんな勉強方法をとったのですか。
平野 基本書が中心で、十回ぐらいは読まなければ
いけませんね。徹底的に。それから、私が合格した唯一の
原因は基本書の中にあり、次のようなものなのです。
それは蛍光ペンで色、形で記号を分類し、
基本書の著者の結論を赤の星印、理由を赤丸、
その反対説の結論を緑の星印、理由を緑の丸、そして、
錯綜する学説を第三者的立場から説明する部分で
著者の結論と一致するものに紫の星印、理由で一致
するものに紫の印をつけ、
その他、立法趣旨には青の星印、解釈の指針
にはオレンジの星印、概念は赤の四角、
解釈上の争点は二重丸でそれぞれチェックし、
棒線も色分けし、判例は黄色、条文の文言
そのままは青、条文を解釈レベルまでいかない程度に
砕いて説明した文はオレンジ、そして解釈上の争点が
生じる原因にはピンクをそれぞれ引いた。
この方法によれば、論文対策は必要でなく、
基本書を読むことで、答案構成ができるし、速続も
できるのです。この方法で、一日十時間ぐらいで、
二時間ずつほどで七科目やりました。

 -大学の授業はどうしましたか。
平野 二年までずっと出ていたのですが、三年になって
会社法・小切手法・労働法・担物法は出ませんでした。
労働法はおもしろいが司法試験向きでなく、他は教科書的
説明だけで、法解釈のおもしろさを教えてくれなかった。
本当に役立ったのは、僕には納谷先生と川端先生の
講義だけでした。

 -最後に後輩達へ何か一言どうぞ。
平野 まあ、一つの道を選んで、がんばることですね。
遊んで暮すのもいいけど、ほとんど遊んでしまうのが
明治ですからね。しかし、明治だからといって
あきらめてはいけない。同じ明大生が互いに
足をひっぱりあっている今の現状は大嫌いだ。
ですから、僕はあまり大学に愛校心もないし、むしろ
落胆しました。校歌を歌ったこともほとんどないですね。
友達もいませんでした。野望をもった人間はいなかった
ですからね。まあ、これから大学院に進むのですが、
これからもずっと孤独でしょうね、僕は。

 以上が主な質問とそれに対する平野君のコメント
であった。その他に我々は、次のような質問もしたので、
それについての簡単なコメントもつけて紹介してみる。
☆尊敬する人-野口英世。野心家故に。
☆趣味-特になし。猫と遊ぶことぐらい。
☆恋愛-勉強のため彼女をつくる暇なし。
☆好きなタレント-特にいません。
☆貴方の父が裁判官であるという噂があるが-でたらめである。
父はサラリーマン。
☆大学での成績は-恥ずかしいのですが、
三〇個ないのですよ優が。二年の試験の時、
熱を出してしまって。でも、専門はほとんど優ですけど。
☆演習は何を選択したのですか-演習Aは納谷先生で、
Bの方は立石先生です。

 以上で、「時の人」平野裕之君へのインタビューを終える。
このインタビューを通じて、読者諸兄にも彼の人柄ならびに
その勉強の方法も理解していただけたのではなかろうか。
彼の精神を支えるもの、すなわち、それほこのまま
普通の人間で終りたくないという、せっぱつまった
感情である。そして彼は入学後、明治大学に深い失望を
いだいている。そういう彼に対する心理的作用が彼をして
司法試験現役合格を成し遂げさせたのであろう。
我々は彼の合格を称賛し、しかも彼を尊敬をもする。
しかし、彼の喜び方はあまりに孤独だ。大学生活において、
彼は自分自身に勝ったであろうが、友を得ることが
できなかったのである。我々はそんな彼を
「孤高の野心家」と呼ぶにふさわしいと思う。

最後に彼は重要な事を指摘してくれた。
明大生(法学部生)は変な劣等感を持っていて、明治の
学生なのだから、裏を返せば、東大や早稲田でないから、
ある一定以上の事はできないというような見えない壁を
造っているという。この指摘は大学内のトイレのらく書を
見た人なら、十分うなずけるものであろう。
 我々にとって劣等感は必要なものである。けれど、
それだけではいけない。劣等感をバネにして飛躍
しなければ意味がないのである。さらに、彼の指摘は
大学の授業のあり方にも言及している。この指摘ほまさに
そのとおりであり、大学側も十分考慮すべきでは
なかろうか

 ※平野君の使用した基本書
憲法 「清宮・憲法I」択一にはよいが、司法のところは
他で補充すべし。
「宮沢・憲法Ⅱ」
  各論が薄く、最近の論点がないため短答式から、
「小林・憲法講義(上)」を使用した。
民法「我妻・民法講義ⅠⅡⅢⅣⅤ」「舟橋・物権法」
「来栖・契約法」「松坂・事務管理不当利得」
「幾代・不法行為」・「我妻・親族法」
「中川・相続法」-いずれも司法試験
  には不要なことがかなり多いが、
基本書には書き込みがあるので、
そこだけを読めばよいようになっていた。
刑法「団藤・刑法綱要総論各論」徹底的に理解できれば
これだけで十分で、応用がかなりきく。
商法 「大隅・商法総則」「西原・商行為法」
「田中誠二・会社法詳論(上下)」「鈴木・手形小切手法」
総則と商行為法は二年の期末テストのため
読んでから、論文の前まで全く読んでいなかった。
会社法はこれを
すべて理解すればなんでもこいという安心がえられる、文字通り
詳しい本である。
民訴 「新堂」、これについては参考書を全く見ないで、
基本書を読んだだけ。
国際公法「田畑・国際I」「横田・同Ⅱ」「田岡・同Ⅲ」
これだけやれば不安はない。
政治学 「高畠・政治学への道案内

④慶応義塾赴任後の体験記
私の受験時代
平野裕之(明治大学教授/民法)
・1960年生れ
・1981年司法試験合格

一、合格は一九八一年
 私が司法試験に合格したのは、昭和五六年(一九八一年)のことである。
当時、受験新報に 合格体験記を翌年の一月号に書いた記憶があるが、
一八年ぶりの合格体験記を書かせて頂く ことにする。

二、入学当初
 大学入学当時は、多くの法学部の学生と同様に漠然と法曹になれればと
思っていた程度で あった。しかし、将来の進路決定もまだできていない状態で、
司法試験予備校や、学内の司法 試験用の課外講座に通っている者を、
はたから感心して見ていた。とはいえ、折角法学部に 入ってみたのだからと、
法学系のサークルに入ってみた。そこでは、四年生または3年生の
指導により、週二回の勉強会があり、数回はまじめに出席したが、
教科書に指定された我妻・ 有泉ダットサン民法が読んでもよく分らず,
六月の途中で頓挫して落ちこぼれて止めてしまった。
しかし、先輩の毎回レジュメを用意した熱心なゼミは、今でも記憶に鮮明に
残っており、そこで 授かった知識が現在の私の法律学の基本になっている。
指導を受けた先輩方に感謝している。

三、二年生以降
 一年はあっという間に過ぎ去り、周りの者が司法試験の受験団体に入り出し、
特研だ駿研だ とかいって、研究室や司法試験の話をよくするようになる。
そういう者は、きまって大学の授業には 出席しない。こうなってくると何か
取り残された感じで、二年生になって自分も勉強しなければと 思い、
ともかく本を買うことにした。しかし、今にして考えれば基本書の選択を誤った。

 大学入試の受験勉強は大嫌いであったが、自分でいろいろ調べたり考えたり
することは大好き であり、大学に入ってからは勉強するつもりであったので、
学問的な香りのする体系書をともかく 買い揃えた。

 民法については、総則、担保物権、債権総論、契約総論は我妻・民法講義
(岩波書店)、
物権は舟橋、契約は来栖、事務管理・不当利得は松坂、
不法行為は幾代、親族は我妻、相続は
中川・泉(以上は幾代・不法行為を除いて有斐閣法律学全集)といった
具合である。

 始めは理解し暗記することに勤めるだけであったが、ともかく読むことにした。
一回通読したごとに その本の箱の背の部分に★印をつけていき、
合格までに平均五個以上は★がついていたと思う。
次第に知識がつながり出し、読むのが楽しくなっていったように記憶している。
三年生頃からは、 教科書や論文などを記号・番号・色などを使って分析しながら
読むようになり、野球のバッティング であれば打撃開眼さながら法律学の勉強
というものが見えてきたように思う。また、これが自分で 答案を書くに際して
非常に役立ったのではないかと思う。

 三年になって、択一というものを受けてみたが、過去問を見たこともなく、
これが択一かという収穫 だけを得て、あえなく一回戦敗退。法律学の勉強に
楽しみを感じ始めて法律お宅になりかけており、 受験のための勉強という
合理的・合目的的な勉強をしてこなかったので当然である。二年生の時に
受けた刑法各論の川端先生の講義に感銘を受け自分も学者を志望するが、
司法試験くらいは卒業 前に受かっておかなければならないと思い、
それからは一念発起して猛勉強をした。その当時の 勉強をしたら、
論文がいくつでも書けるはずである。

四、合格まで
 ところで、三年生の時に民訴の納屋先生のゼミに入れてもらい、
ゼミで答案を書くという宿題が 一度だけであるが出された。
それまで、期末試験以外で答案など書いたことがなかったので、 これを機に
受験雑誌を買って答案というものの書き方を研究した。そして、
提出した答案を納谷 先生に非常に誉められ、誉められると人間自身が
つくものである。答案を書く技術はこんなものかと 悟ったので、後は知識が
なければしかたないとそれ以後は、知識のインプットだけで、 答案は
期末試験しか論文試験まで書いていない。

 三年生頃になると、あれこれ自分の頭で考えるのが大好きであったので、
自分で考えて学説を 作り出せる創造的・体系的思考の魅力に引かれて、
必ず新しい学説を考えだしてやろうという チャレンジングな意欲をもって
教科書や参考書を読んでいった。当時のほうが学説の創造性は
今よりも豊かであったかもしれない。論文試験は、学者になる者が
落ちるわけにはいかないと、 変な気負いで挑んだが、やはりいつも通りの
自分のその場で考えた考えを答案にぶつけただけである。
これでも受かるのであるから、当時の司法試験委員には懐の広い
よい採点をして頂いたと感謝をしている。

 学内の司法試験団体に属して勉強したわけでもなく、予備校に行った
わけでもなく、ひたすら 読んでは考える勉強をしただけであり、
平野イズムとか超人思想とかいわれ、受験生は真似を してはいけないと
ささやかれたが(その後商法学者になった弥永氏のような超人は別であった
のであろうが)、いろいろな合格の仕方があるという一例として、
周りに流されない自我に目覚めた 勉強を受験生には望みたい。また、日頃は
考えるチャレンジングな勉強を、そして試験前は 機械(受験マシーン)に
なりきって機械的な勉強をと、メリハリをつけた勉強をアドバイスする。

続きは、
平野裕之教授関連リンク

☆必読関連記事☆
問13

http://yuukinohan.exblog.jp/i51/

問11地方国公立大学生への叩き?

 ↓は↑の一例。確かに↓のような頭が少し変な人は必ずいます。
と思います。反論されたら荒らしだす人達。犯罪者として摘発することを真剣に検討すべきだと思います。

【ロー浪人決定した人のスレ】

146 :氏名黙秘:2008/05/30(金) 12:21:36 ID:???
846:氏名黙秘 :2008/05/01(木) 18:46:08 ID:??? [sage]
いくら新司法試験でも駅弁法学部と同レベルというほど低くはない
現実に千葉などの新試験合格率がいい駅弁ローに生え抜きはほとんど入学できてない
駅弁ロー出身の新司法試験合格者でも学部駅弁はごくわずか

884:氏名黙秘 :2008/05/01(木) 22:14:25 ID:??? [晒しage]
身の程を知ろうね、駅弁君w

併願対決データ
ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/6635/

888:氏名黙秘 :2008/05/01(木) 22:24:26 ID:??? [sage]
>>884
懐かしいな。予備校は提携している私大と組んで偏差値を上げた
こととか知っているか?早慶上智ってわざと一緒にして
受験生を煽ったんだよな。少し前どっかの週刊紙ですっぱ抜かれてたな。
おかげで上智の形の上での偏差値は上がった。
私大生の頭が良さがわかる事例だ。

147 :氏名黙秘:2008/05/30(金) 20:09:57 ID:???
>>146
あんまかわいそうなことすんなよw
オレも133がどこぞでみた宮廷コンプ満載の駅弁君だってことは薄々気づいてがw
こういう言い回するやつってあいつしかいないからなw

151 :氏名黙秘:2008/06/01(日) 15:33:10 ID:???
>>149
あいつ司法板でかなり目立ってるよなww
私立が嫌いで宮廷と駅弁を国立ってひとまとめにする書き込みはあいつであることが多い
駅弁ってよくも悪くもおとなしいやつが多いのにあそこまでコンプむき出しで攻撃的なやつは珍しいからな

153 :氏名黙秘:2008/06/03(火) 23:44:08 ID:???
◆ 司法試験大学別合格者数及び合格率一覧(平成11~17年度)累計合格者10名以上
<数順>  【国公立大学】            【私立大学】
大学 合格者 出願者 合格率   大学 合格者 出願者 合格率
東大 1531(20937) 7.31%   早大 1279(36999) 3.46%
京大  799(11691) 6.83%   慶應  846(19923) 4.25%
一橋  319 (5468) 5.83%   中央  721(35608) 2.02%
阪大  254 (4808) 5.28%   同大  206 (8934) 2.31%
東北  153 (4473) 3.42%   明治  198(14730) 1.34%

これ見れば駅弁マーチ以下卒がいかに三振率が高いかわかるね
国立は宮廷とそれ以外、私立は総計上智とそれ以外にはっきり差がある

156 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 09:35:50 ID:???
宮廷コンプの駅弁バカがきたw
さすがに代ゼミは大学受験の話だからんなもん持ち出してくるのはバカかもしれん
でもこれは最近でまだ休止がメインだったころだから、学部を経た上でのその大学の法曹志望者の学力を如実に示している
大体駅弁ごときが宮廷様に意見するなんて100年早いんだよボケw

165 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 21:50:56 ID:43fkXmvJ
おい駅弁バカ、早く宮廷と駅弁の差が大きくない証拠のデータを出せよ
理系とか教授なんて法曹志望者と関係ないものは無しだぜ
君曰く物凄く頭の悪い宮廷卒のオレは紳士合格はローによって変わるされるから、近年の学部時点での法曹志望者の質を見るなら最近の休止の合格率の総計がいいと思ったんだが
駅弁卒の物凄くよい頭で最近6年の休止受験者合格率以上に学部時点での法曹志望者の実力を測れて、かつ駅弁と宮廷が同レベルであるデータを出してくれww

168 :氏名黙秘:2008/06/04(水) 22:28:13 ID:43fkXmvJ
おいおい、そもそも最初はオマエが下らないコンプで学歴話してて宮廷を駅弁なんぞと同レベルとかふざけた事ぬかしてたんじゃねーか
必死で私立はバカにするくせに宮廷が出てくると「学歴ランキングが大好きなんだね」と来たかww
いい加減テメエのコンプまみれの書き込みみるとイライラすんだよ
データ出せないならもういいからとっとと消えろボケ

170 :氏名黙秘:2008/06/05(木) 00:40:00 ID:???
はるか昔の大学受験の難易度なんざの話をしてんじゃねえだろうがカス
てめえが私立とくりひろげてたくだらない争いじゃ代ゼミのデータとか偏差値とか高校生レベルで争ってたがなw
オレは法曹志望者の現在の学力の話をしてんだよボケ
だから休止の合格率を持ってきたんだろうが


 この↑人(達?)は冷静に事実を指摘されたら暴れだします。
2ちゃんねるの人はいつも変な人ばかりです。
web拍手
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-08 05:17 | メモ
志望の固め方
例によって最後の401-402が私の意見
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1128002843/l50
-----------------------------------------------------
375 :氏名黙秘 :2006/01/03(火) 04:07:02 ID:???
イルカ先生

最近街弁として生きる道に惹かれ始めています。

ただ,街弁は闇金や~組の方と,個人で向き合わねばならない
など,かなりキツイ職種なのではないかという気もしています。

ご存知の通り,弁護士業界は「誰とでも仲良くなれる」ものすごい
陽気な人がかなりいる気がするのですが,その人たちに
(要は一般人からすると異様に付き合える範囲が広い人々)
「弁護士業なんて嫌な人とは関わらないよ」と言われても
あまり説得力が感じられません。

私は基本的に引っ込み思案で臆病で人間関係が苦手な
タイプです。

イルカ先生も繊細な心をお持ちのお優しいかただと
存じ上げていますが,その点,イルカ先生は,①ご自身の
人間関係構築力と②弁護士業の人間関係をどうお考えに
なっていますか。

388 :イルカの昼寝 ◆MPw7Mbkr2o :2006/01/06(金) 05:40:33 ID:???
>>375さま
亀レスですが・・・・。
私の人間関係構築力は,まぁ普通だと思います。
取り立てて友人知人関係が多いわけでもなく,狭いわけでもない。
そういう意味では,世間にいくらでもいる凡庸な人間です。
弁護士業をやっていると,相手方より,自分の顧客との
関係構築に苦労します。
闇金や「~組」の人たちとかかわることもたまにはありますが,
それは概ね相手方です。
従って,淡々と事務処理を進めるだけです。
向こうも最近は分かっていますから,あからさまな暴力や脅迫はしません。
しかし,自分の依頼者はそうはいかない。信頼関係を作らなくてはいけませんから。
あなたのために一生懸命やっていますよ,という目に見えるかたちがなくてはならないし,
ポーズだけではなく現実に一生懸命やらなくてはいけない。
しかし,それが分かってもらえないことも往々にしてあるわけです。
弁護士の間では,「前から飛んでくる弾はよけられるが,後ろからはそうはいかない」といいます。
そして,完全にその人に同化してしまっては自分がつぶれてしまう。
親身になりながらも,「しょせん他人事」と割り切れる気持ちも必要なわけで,
そのあたりが弁護士業の難しいところです。
お答えになったか分かりませんが,ご参考まで。

399 :氏名黙秘 :2006/01/07(土) 22:02:56 ID:???
みんな普通に接してるけど

イルカ先生は慶応卒司法試験3年次合格者(同期に全国で10名程度)
のお方なんだよな。

きっと近いうちに売り上げ5000万を達成されるだろう。

401 :氏名黙秘 :2006/01/08(日) 04:22:15 ID:???
>>400は、誤りだらけで訂正です。
>>399
プレッシャーを与えては駄目です。

402 :氏名黙秘 :2006/01/08(日) 04:22:52 ID:???
続き
>>375
謙遜しているけど、生徒会の役員もやり、中学生から親の変わりに
近所づきあいも行うほど社会性にあふれているから弁護士業もこなせる訳で。
普通のボンボン慶應学部合格者(慶應に限らないけど)だったら無理。

ただ、受験生の私見を言うと
公立だと、親が飲んだくれで真面目な子供がカワイソスって家庭は散見される。
100人いれば5~10人位はそんな感じ。で、いわゆる「後ろから刺される」って
ことも 割とある。例えば「この校則ややり方はおかしいですよ。」と
真面目な 学級委員的人間や生徒会系の中でも真面目な人間が先生に言うと
どうなるか?

先生が怒るってこともあるが、何よりも食って掛かるのは
その抗議によって恩恵を受ける筈の同じ生徒の不良だったりする。
「先生に文句言って良いとおもってんのか?」と不良がケチつけて来る
訳。下手したらいじめのターゲット。

で、こういうのを見て育つと、「依頼者から裏切られる」という
弁護士の方の話を聴いても、「そりゃむかつくしやってられないだろうなぁ。」
でも、最後には「まぁ普通に有り得るだろうな」と思っちゃう。

大学入って、何しようかなと考えて、ローや法曹を目指す俺は
「うん。そういう目に合うのは結構あるよね。世の為にやろうとしても
却ってそれで、為になると思ってた人から嫌な目に合わされたり
殴られたり。でも、それでも俺は社会の為になるしそういう仕事をして
みたいと思って法曹を目指すことにしたんだよな。」と自分はもちろん
誰もがそう思って職を決めたと思ってた。

でも、案外そうでは無いんだよね。 そこのところが問題だと捉えるのか
夢のような世界だと思ってもらって受験してもらうのかが
今後、経済的に恵まれるとは限らない法曹界の鍵な気がする。
-------------------------------------------------------

今までは自分がなりたくてなった訳でもない仕事でも
「まぁ金が入るから良いや」と思えたのだが、
今後の弁護士はそうでも無くなる。
だから、敢て「本当にそれやりたいの?」と自分に問わなければ
一生を台無しにするだけでなく、鬱病にかかることも
多いに有り得る。当たり前だ。

これは大学教授にも大いに当てはまると思う。
「単に就職活動したくなかった。一生本を読んでいたかった」
「本当は別の仕事したかった。でも楽に出来るこの仕事を選んだ」
というだけでは、いざ仕事量が増えると「あれ?楽に仕事出来るから
この業界入ったのに。。。ムキー!!」となり
鬱病になったり学生にストレスをぶつけたりする訳だ。

大変良く有りがちな話なのできをつける必要がある。

ところで、これに対する反応↓
------------------------------------------------------
403 :氏名黙秘 :2006/01/08(日) 08:29:55 ID:???
わりい。長すぎて読む気しない。

404 :氏名黙秘 :2006/01/08(日) 14:54:50 ID:???
>>400
「妹のパンツはぐっしょりと」
まで読んだ。

405 :氏名黙秘 :2006/01/09(月) 11:28:30 ID:???
>>404
俺はその4行下の
「俺の妹は2歳なので」
のところで読むの止めた。
-------------------------------------------------------

スレの流れと時間帯からして実務家・合格者と司法浪人生だな。
つまり平均年齢は20代後半以降30過ぎかも。子供みたいだ。
--------------------------------------------------------
407 :氏名黙秘 :2006/01/10(火) 20:35:04 ID:???
400ですが、既に終息した議論に絡んでしまったようで。。
蒸し返す危険があるならスルーして下さい。

>>403-405
きちんと読んでくれるのがよくわかります。

私の書いた>>400よりも、はるかに長く煽りも含む>>160等へも
事細かに引用つきで(普通はスルーor冷静にかわすのに)反応している
ようだし。このような特長を持つ人が一定数いることを見ると
やっぱり受かっちまえば後は野となれ山となれという受験生が
出てきたり、>>160のような方が出てくるのも自然な話かも。
----------------------------------------------------------
↑は俺。今思ったんだが、さっきの>>403-405は嵐の一種かも。
そうなると、実務家ですらねーかも。しくじったかな。
[PR]
by chikkenndo | 2006-01-08 04:25 | 現在の弁護士・受験生の意識