「ほっ」と。キャンペーン
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
お気に入りブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
JCJ機関紙部ブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
人気ジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:2008-2009videonews( 36 )
バウネット事件の顛末
【安倍晋三】これからの日本とマスメディア問題[桜 H21/6/11]

安部元総理のことが嫌いな人は
だいたい7:00以降だけ見てくださればバウネット事件の結末がわかります。
あとは、色んな事実を繋ぎ合せて考えてください。


[PR]
by chikkenndo | 2009-06-16 01:01 | 2008-2009videonews
臓器移植と日本文化6IPS細胞研究での大出版社と東大慶応の談合?
日本文化と臓器移植法案・奨学金・脳死から始まって6まできました。

iPS細胞 世紀の発見が医療を変える (平凡社新書) (新書)
八代 嘉美 (著)


ほんとうにすごい! iPS細胞 (単行本)
岡野 栄之 (著)


いずれも平凡社

平凡社
講談社
からも類書が出ている。

 しかし、元祖の京都大学出身の方の著書は書店ではなかなか見られない
さらに、これらの本には先行研究として京都大学の「京」の字も見られない
一応書いてあるけども。

 非常に恣意的な本ですね。東大医学部の著者は自分の研究室の恩師の方にだけ
挨拶をしていて京都には0。慶應の著者は言うまでもなく自分の学校のみ。

色んな意味で研究者としての恥を晒しているとしか思えない

 私だってたかだか大学生あるいは大学院生としてレポートを書くときでさえ
きちっとどの先生のを初めの基礎としてやったかとか直接関係が無くても
一言書いておきます。自校のことだけ。恐ろしい東大慶應の医学部の状態、
果ては校風をあらわしているように見えてしまう。
 自分の学校が関係あるところだけ「これは私の研究室が」と書いてあるのが
凄い。と同時に「都合が悪いところはかなり我田引水的に書くんだろうな」と
想像してしまう。

 どこかの東大出身の社会学者が慶應進学を勧めていた時期があったけど
このような状況を作り出すためにやってのでしょうか。こうやって批判を書かれると
著書をこちょこちょ変えてなかったように訂正するのでしょう。完全に隠蔽体質。
官僚や政治家や国民を批判できる身分ではないと私は思います。

 話を戻すと、このようにせっかくの研究成果を出鱈目な形で国民に披露してしまうのは
相当罪が重い。国民のほとんどは素人でこういう文献や論文を大量に精査できないから
だまされてしまいやすくなる。「あぁ、IPS細胞は慶應の方が全てやっているね」と
なってしまう。

 出版社もいい加減にして欲しい。丸投げ体質は変わらない。閣僚を批判する資格は0です。
IPSじゃないけど、宮台真治先生の本もかなりいい加減なのに文芸春秋や講談社辺りの
編集者も突っ込まないんだよな。自分が出版社の編集者なら本を依頼する気にならない。
相手にしないと思う。

 ついでに言うと作家か評論家の福田和也先生もSPAで大活躍されていますね。
恩師を殺害した元ゼミ生の大学生の事件について容疑者の人相について
酷評なさっています(詳しくは言いたくない)。

 そして「うちの学生にはこんなのはいないよ。」と断言なさっています。
そりゃあ殺人犯はめったにいませんが、引きこもってしまったりちょっと教授から
厳しく言われて出なくなる人は普通にいると思います。
たまたま、福田先生のゼミにはいなくても隣の先生のゼミにはいるでしょうし
ゼミに所属していない人にいないとは言えない。これはどこの大学についても
言えます。学生全員精査できるわけもないのになんで言えるんだろう
よほど小規模の大学か小規模のロースクール(定員50名以下)なら
ひょっとしたらありえるかもしれません。しかしそうではないことが後にわかります。

 こんな「いない」と断言できるとはどれだけ素晴らしい環境の大学とは
どこなのかと初めて経歴を見たら慶應義塾大学環境情報学部の教授
つまり、慶應のSFCですね。

 この学部は引きこもりが多いと慶應卒の親友からも聞きました。
それはともかく100人以上の学生を抱える大学だとひきこもりとか危ない人間は
「いない」と断言したのは詭弁だとわかります。つまり、分類すると
1危ない人間はいるのに「いない」と断言した
2危ない人間の有無はわからないのに「いる」と断言した

 この二つが考えられます。残念ながらメディアに出る
慶應の教授はこういう人が多い印象を受けます。

 結論を言うと、嘘をついているということです。
メディアに露出する宮台真治先生も慶應SFCに招かれたことがあるので
好印象しかもっていないようですが、負の部分については目が行き届かないのでしょう。
頭の問題もあるとは思いますが、はっきり言って「だまされた」んだろうなと
私はそういう風な印象を抱いております。

 あるいは、優秀な学生は詭弁の多い人のいる学部に行かなくなったことも
あると思いますね。

 話を戻すと、福田和也先生のように我田引水的なことをいう人の発言は
基本的に嘘を言っていると捕らえているし、「あ、騙しにかけようとしている」
と思っているので出版社としても相手にしないのが良いのでしょう。

 でも、こういう人の方の本がまぁまぁ有名になっちゃうんでしょうね。残念。

京都大学
文芸春秋

社民党
自民党
共産党
新党日本
国民新党
阿部知子のホームページ
チャンネル桜
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
保坂展人のどこどこ日記

朝日新聞
MSN産経ニュース
読売新聞
毎日新聞社
有斐閣

厚生労働省
文部科学省
CiRA(サイラ) | 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究

今回のエントリーを評価されたら↓3箇所クリックお願いします

・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

画像が表示できない人の為のブログランキングリンクは↓
http://blog.with2.net/link.php?916012

http://blogrank.toremaga.com/rank/s13/1.html
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-15 21:58 | 2008-2009videonews
公共放送のあり方について考える議員の会発足
【議連発足】公共放送のあり方について考える議員の会[H21/6/13]




 メンバーに高市早苗議員のように
公正取引委員会がメディア問題を解決しようとしたのを阻止した人がいますね。
きちんと解決しておけば政治がマスコミに介入することは無かったものを。。
もうやるしかないだろうな。。

自民党も官僚機構もメディア問題を解決しないで大手マスコミのカルテルを
守ったがゆえに、大手マスコミの集中攻撃に遭った。記者クラブと再販問題位は解決しないと。。。


 経済産業副大臣高市早苗のHP
社民党
自民党
共産党
新党日本
国民新党

チャンネル桜
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
保坂展人のどこどこ日記
衆議院議員中川昭一公式サイト

厚生労働省
文部科学省
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 21:28 | 2008-2009videonews
小沢一郎議員が民主党代表を辞任する前の報道


 西松建設が北朝鮮と密接な関係になったらしい。
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 21:07 | 2008-2009videonews
臓器移植の実態5
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 20:46 x
少し、話が脱線しますが、今後日本が生き残るにはコストを人にかけるしか無いということです。
例えば民主党の細野豪志議員は雇用能力開発機構への200~300億円を掴み金で無駄だと仰いました。確かに行政の無駄というのはあるのでしょう。法人税も下げなきゃいけない部分もあるのでしょう。ただ、欧米並みに法人税や無駄をカットすれば日本が生き残るかというと違うと思います。日本の国土自体のコストが発展途上国より高いのは決まっていますから。消費税でも低所得者層はカバーされるよう考えると言っても小売業いじめになるのは明らかです。結局、法人税をある程度とって職業教育をやってもっと質を高くするしか生き残る方法は無いと考えます。臓器移植はこれに真っ向から反する政策だと思うのです。
ちょっと脱線したように見えますが同じ話だと思います。これで失礼します。


---
 以上ですが、良かれ悪しかれ
臓器移植について多少なりともストップがかけられる
日本国民はかなりまともだと思います。
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 20:48 | 2008-2009videonews
臓器移植の実態4
日本文化と臓器移植法案・奨学金・脳死から始まって4まで来ました。

Commented by けんぶつ at 2009-06-11 11:18 x
自己臓器製作という方向。
生物工場で自分の臓器細胞を増殖させ臓器を製造するという方向の研究がすすむのがいいね。他人の臓器移植は移植産業の悪質化を招きシナの2人目などが犠牲になっているという説もあり穏やかではないね。人工臓器もしくは自己臓器製造かな。
知の欲や科学の進歩は遥かにすすむので、とめられないですので自然死という流れにも無理がありましょう。
Commented by 日本国民 at 2009-06-11 14:45 x
この大事は、権化の人も定むべからず。博学の士も測るべからず。己れ違ふ所なくは、人の見聞くにはよるべからず (徒然草 第143段)

「死」は人生最後に訪れる1度きりの個人的な事柄。客観的な判断の及ばない領域ゆえどんなに論じても生者の自己満足にしかなりません。脳死のありかたを見直すことと、再生医療や人工臓器の研究を強力に推進させるべきと思います。
Commented by やまと at 2009-06-11 16:11 x
腎バンク、骨髄バンク登録してますが、家族は死に向かって同意
しないと言ってます。生体の尊厳に関わると・・

日本人には馴染まないと、脳死状態でも器具を取り付けて3年は
生かす事ができるそうです。日本の死生観には「あらゆる物に神」が宿る(八百万神)と、部品見たいに切り刻む事には抵抗があると
思います。
Commented by 00 at 2009-06-11 18:07 x
皆様のご意見すべて正しいと思います。
そして人口臓器の開発が一番ではあります。どなたも異論はないでしょう。

知り合いの子供が心臓移植をすることになり、迷いましたが多少お手伝いをしました。親はとりあえず目の前の子供を助けたいと願います。困っていれば人情としては協力します。迷いもありました。

さて、日本人は寄付を集め、1億から2億の金で外国で心臓移植を受けます。外国人が死んで日本人がとりあえず助かる。

このこともどう考えればいいのか。
自分では自然に逆らうことはしないと思っていたのですがね。



Commented by えりな at 2009-06-13 00:01 x
いつも見させてもらってます。
私も脳死は人の死ではないと思います。
誰かが助かりたいから、
誰かをそうしてもいいのでしょうか。
現にカナダで脳死と判定された日本人旅行者の数人が
日本に家族の意向で運ばれて脳死から生還しております。
誰かの死を持って生を受けるなんて。
突き詰めれば
誰かを殺しても生きたいということになりませんか。
それが闇で起きている臓器殺人です。
中国ではたくさんの死刑囚から臓器が取り出されて
売られているのです。無実の人々の臓器までもが。

死んだ後にアイバンクなどや腎臓の提供は
本人の同意があればいいと思いますが
生きたまま臓器を取り出すと
考えただけで私はいたたまれなくなります。
人には魂があると信じているからです。
そして奇跡が起きる事もあるのだと。
脳死からの臓器を取り出したいが為に
助かる命がぞんざいに扱われている事もあるとしたら
いたたまれなくなります。
勝手な意見で気分を害された方がいたら
スルーして下さい。
Commented by chikkenndo at 2009-06-13 08:05 x
>ooさん
>皆様のご意見すべて正しいと思います。
あなたの意見だけが間違っていると思います。

例えば「人工臓器の開発が一番」とは臓器移植を推進する
団体の方々は全く思っていないとしか見えない。
日頃広告をしきりに行っていた団体が、なぜか「京都大学でIPS細胞研究が進んだ」という報道があったとき、積極的に広告しませんでしたよね。
残念ながら、
>そして人口臓器の開発が一番ではあります。どなたも異論はないでしょう。
に一番異論があるのは、臓器移植推進団体としか見えない。
もっと言えば、「目の前の子供を助けたい」と願ってない人達にしか見えないのです。つまり、あなたの言っていることは矛盾をきたしています。
Commented by knnjapan at 2009-06-13 08:54
 私も医学の進歩を止めることはあまり賢くないことだと分かっていますが、間違った方向に進化していくことは止めねばならないと思います。
 日本民族には、そもそもご遺体をほじくりかえすという考え方そのものがありません。なんなら、日本が「死体移植は犯罪とする」と国際社会に向けて主張すべきではなかったかと思うのです。
 その上で、けんぶつ様がおっしゃるように、自らの細胞から新しい臓器を造り出し、機能停止した臓器と取り替えるという技術開発は日本が率先して投資し行なうべきでしょうし、人工臓器の開発も促進すべきではないかと思います。
Commented by chikkenndo at 2009-06-13 09:17 x
>遠藤さんへ
失礼しました。おはようございます。
初めましてよろしくお願いします。以前からブログにアドレスを載せさせて頂きましたが、実名を乗せられたのに気づいて驚きました。
頑張ってください。
今回のテーマを書いたブログは、
http://yuukinohan.exblog.jp/8397944/
http://yuukinohan.exblog.jp/8360837/
です。
Commented by chikkenndo at 2009-06-13 09:37 x
遠藤さん、良いですね。
何かバブルの時から、おかしさが際立ったような気がします。
ものづくりの現場や農業は3Kだから外国外国人に任せてマスコミとか広告とか金融とかサラ金とかに殺到した。女もそういう企業の男にぶら下がるしマスコミも煽る。企業は企業で形はアジアの国々に謝ってはいるけど、実際はODAやらの儲け目当ての人が多かった。証拠に大手企業の海外赴任者のアジアの少女を少女売春の相手として金でやったと。今バブルが弾けて少しまともになったと。本当に企業の人間が悪いと思ったら人助けと言って買春なんかしませんよ。嘘に嘘を重ねて、最終的に「なら、国内でも少女売春を認めようじゃないか」という流れを東大出の社会学者が勧めた。「日本は悪かった」と言うのは形だけ言って、ODAで搾取して少女買春をするこの日本の根性が凄い気に食わない。腐ってる、その結果が海外の人の臓器を買って国内でもやろうと、国籍法改正して中国の貧困層を入れそいつらの腹を割いてやろうとした。そういう状況を見て日本の識者達は一応慎重姿勢はとるけど「我々はこうだ」は言わない。あるいは、人工臓器含めた対策はとらない。戦後日本の汚い卑怯な部分を見せ付けられた気がします。
Commented by 00 at 2009-06-13 17:33 x
>chikkenndoさま
ご批判ありがとう御座います。コメント欄をお借りするのもご迷惑をおかけしますので、なるべく短くと、思います。
脳死が人の死かどうかは、生物としては脳が死ねば、体の維持ができませんので死であろうと思います。脳が死にもし体が生きたとしても、私もそのような生は拒否したいと思います。
ずいぶん昔の話ですが、障害者施設で生まれたときから脳に障害を持ち、反応がない子に食べ物を口にいれ世話をしていたところ、ある時から名前を呼ぶと笑うようになったそうです。その子が亡くなったとき解剖したところ脳はなかった状態でした。しかし笑うことができた。たぶん脳が死んでも下位の神経もしくは、ほんの少しの脳が発達回復したものとであろう。と、言う説明でした。
また、脳がなくても職員にとってはまさにその子は生きて心がつながっていたわけです。
別に脳死判定ご回復した事例があるとききました。
脳が死ねば死でしょうが、その判断は生物学的社会的に、実に難しいと考えています。(疲れや空腹でも身体は脳、考えに影響をあたえますし、異性を好きになるなど脳と身体はどちらも大事なもの、分けられないものと考えています。)
Commented by 00 at 2009-06-13 17:35 x
>日本人さまのコメント
>「死」は人生最後に訪れる1度きりの個人的な事柄。客観的な判断の及ばない領域ゆえどんなに論じても生者の自己満足にしかなりません。脳死のありかたを見直すことと、再生医療や人工臓器の研究を強力に推進させるべきと思います。

私の考えに一番近い考えです。余計なことを書けば、科学が進んで、クローン技術などがすすめば、自分のクローンを作ろうとする人まで出ることでしょう。どう歯止めができるでしょうか?


Commented by 00 at 2009-06-13 17:36 x
>kennさまのコメント

>そのことの善し悪しは別にしても、脳死と臓器提供に関して西欧人の論旨が首尾一貫していることは認めざるをえない

さて、外国には外国なりの考えがあり、行動があります。日本では移植が進まず日本人が外国に行き移植を受けることをどう考えたらよいかと言う疑問を述べました。
法律を勉強されている方に言うのは気が引けますが、アメリカの昔の禁酒法のように移植が禁止され地下にもぐるのも恐ろしいことです。
現在の中国のように怪しいのも困ります。

なおchikkenndo さまのプログを見ましたが、私は普通の日本人です。臓器移植推進団体とはまったく関係ありません。どのようにお考えになってもいいのですが。

むしろ、移植は反対でした。人は自分で選んで生まれてきたわけではありません。死ぬのもたぶん選びようがありません。生ることを与えてもらった恵みと考え、精一杯生きて自分が死ぬときには、笑って死にたい。と、考えていましたし知り合いにそのような人が出るとは思いもしませんでした。
問題の大きさにどうしたらいいのかと思っているしだいです。

Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:22 x
>OOさんへ
少なくとも

>例えば「人工臓器の開発が一番」とは臓器移植を推進する
団体の方々は全く思っていないとしか見えない。

ということはOOさんも一定程度納得されたと思います。
酒と臓器を一緒にするのは私はかなり納得がいかないところがあります。少し発想がおかしいと思います。

私は3年くらい前にも何度もブログで議論してちょっとだけ
検索したりして調べました。その前にも掲示板などでも定期的に
議論をしていました。そうすると現状(当時)の人工臓器の
研究は民間のボランティアによって成り立っていてほとんど
お金が集まらなくなっていたということを知りました。

せめてもう数百億円程度を入れればもっと速いスピードで解決できたかもしれないのです。IPS細胞だってもう5年位前に出来たかもしれない。断言はしませんけど、臓器移植を推進する団体はこういう方向にいくのを妨害しているように見えます。
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:24 x
せめてもう数百億円程度を入れればもっと速いスピードで解決できたかもしれないのです。IPS細胞だってもう5年位前に出来たかもしれない。断言はしませんけど、臓器移植を推進する団体はこういう方向にいくのを妨害しているように見えます。
実際の例で、ある臓器を移植すると決めたらもう他の治療はさせないとしてしまい情報も与えないようにするという例も読みました。他の手術などの方法で出来るかもしれないのに。今報道されているのは大体が「臓器移植以外の方法は見つかりません」というケースが目立ちますが、他の方法を寸断しているし、成功率も良くはないのはわかっていてやるのが患者さんにとっても良くないです。
少なくとももっと早く道路を作る事業の100分の1以下の予算で済むのにやらないという政治家はもちろん専門家の人もおかしいと思います。移植医療に関係しない医者も自分たちの食い扶持にかかわることには非常に関心が高く医療訴訟反対の方向にロビイングしているようですが、こういうことには全く関心が無い。
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:28 x
自分はある意味他人の不幸につけこんで煽って何かをさせるような言い方は嫌だなと思うのです。
ある種不幸につけこむ職業がこう幅を聞かせる社会になっていますね。私が目指している弁護士も含めて。
今は悪く言えば金しかないとしか思えない。世の中ろくでもない人間が溢れているとしか思えません。今回の移植もコスト・金の問題でしょ。おかしいことばっかりだ。私は人工臓器代替医療についてはなんらかの形でやっていかないといけないと考えています。

なんらかの答えになったでしょうか。連続してコメント欄を使用させて頂き失礼しました。>ブログ管理者さん
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:37 x
OOさんの気持ちはわかるけど、先は読めないかもしれないけれど現場を知っている人達の善意だとすると、善意の人のこういう迷いや逡巡を利用してどうかしよう、目的を達しようとする根性があるような気がするのです。
あと、知的障害者に対してちゃんと社会が対応できなくなっている(厳罰化にしろという意味ではないです)。ある程度知能をもってない(頭が動かない)人間が人間でない、存在しないと扱う社会にも原因があると思います。そうなると当然頭が余り動かない人はものと同じだという考えが出てくると思うのです。学歴差別も似たようなものですよね。ものづくりで汚い作業をおしつける人達とか。
そういう今まで日本が無視して現場におしつけてきたところが出てきていると思うのです。

・・というような視座で考えています。順番が前後しました。
Commented by 00 at 2009-06-14 15:24 x
>chikkenndo さま

>自分はある意味他人の不幸につけこんで煽って何かをさせるような言い方は嫌だなと思うのです。
同意です。心からの正義感は尊いものです。

>酒と臓器を一緒にするのは私はかなり納得がいかないところがあります。少し発想がおかしいと思います。
私の説明がいたりませんでした。このような問題は規制をすると、かえって見えないところで不味いことがおこる。と、言うのが言いたいことです。人の気持ち欲望は恐ろしいものです。


Commented by 00 at 2009-06-14 15:26 x
>>例えば「人工臓器の開発が一番」とは臓器移植を推進する
団体の方々は全く思っていないとしか見えない。
この件は、私は知りませんでした。
団体を弁護するつもりはありません。私は、よく知らないので感想として言います。参考程度にお願いします。(無責任なことはいえません)
・新しい技術でこれからどう発展するかわからないものは予算がつきにくいかもしれない。
・専門家は一般に狭い範囲の知識は深いのですがほかは見えなくなり、専門から外れると自信が持てないものです。自分の専門で勝負したがる。と、言うのはあると思います。また、自分の専門が時代遅れになる。と、考えるのはあるかもしれません。ビジネスとしてやっている人もいるでしょうね。


Commented by 00 at 2009-06-14 15:27 x
自分なりに簡単にまとめます。ありきたりの意見かもしれません。
・ 人が死んで、24時間遺体を安置できれば冷たくなり硬直して死はわかりますが、移植の場合死後直ちにまたは、脳死で臓器を取り出すので科学的客観的にみんなが納得できると言う点で難しい。
・ 日本人には遺体を傷つけたくないと言う気持ちがある。
・ しかし、西欧では社会的同意があり移植は進んでいる。日本人の国内で移植できない患者が外国で移植をしている。
・ 臓器を提供しょうとする人は思わないでしょうが、移植を待つほうは誰かが死ぬのを待つわけでこのような状態がいいとは思えない。
・ 以上の点で一番いいのは人工臓器再生医療(正確にするため人工臓器再生医療にしました)である。問題はいつ実現するかです。
・ 人工臓器再生医療が成功しても、コストみんなの健康保険料の値上げなど問題の種は尽きないでしょうね。それでも前に進むしかないのか、と思います。

Commented by 00 at 2009-06-14 15:27 x
ついでと言ってはいけないのですが、知的障害者についてです、障害者、弱者はいつも社会にいるわけです。子供老人なども保護しなければならないと言う点で障害者と同じです。自分自身がいつか障害者になるのです。社会が効率を少し落として、余裕をもって一緒に生きて生けるよう願っています。余裕がないとろくな考え行動ができません。
その点で移民やグローバル化など反対です。日本人と外国人区別しておかなければ余裕の部分を外国人に取られます。そのかわり、貧しい国には援助してその国を良くすべきと思います。特亜を除きます。

3Kの仕事も、私は単純作業の繰り返しはロボットにさすべきと思いますが、社会的に尊敬されお金がえられればそんなに嫌やなものでもありません。
私自身3Kの仕事をしていました。もっとも体力が持ちませんでした。テレビなどでセレブなんて放送をしないで普通に創意工夫して楽しく努力している人を取り上げるべきなのです。

Commented by 00 at 2009-06-14 15:28 x
このたび議論できましてありがとう御座いました。臓器移植に対してまだまだわかりません。答えが複数あったり、ないこともあると思いますが、なるべくいい方向になるように関心を持っていたいと思います。
コメント欄使わせていただきありがとう御座いました。

Commented by chikkenndo at 2009-06-14 20:28 x
00さんへ。私も勉強になりました。
どこかの本で同じ国の人間を上流下流に分けると記述を見つけました。そういう分け方、上下を露骨に言うやり方が正しいとは思わないのですが、はっきり言って私の父にしても母にしても生まれは下流かそれに近いと思います。
私がわざわざこのブログで臓器移植を含めて言いたいのは、海外では中国のような国を抜いても成人で下流の人は臓器移植自体の問題点を当たり前のように議論することも不可能だと思うのです。アメリカ合衆国では、数百万~千万単位で英語を使えない成人がいます。これは他国でも近いと思うのです。
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 20:30 x
でも、日本は違うのです。下流の人間でも普通に頑張ってやれば2代目3代目には息子が弁護士になれるかもしれない裁判官になれるかもしれないそういう国ですよ。EUなんかは元々石炭カルテルのECから始まった通り、資源は共有している市場も大きい。アメリカも同じですよね。日本は物的資源は何もないですよ。唯一あったのは高い識字率と教育ですよね。色々な批判があるかもしれませんが、天皇陛下中心にまとまって組織でやってきた、3Kや工場の技能者の力を引き出すようにチームでやってきたのですよ。だから明治維新以降なんとか生き延びることができたのです。中国欧米はこういう法律にしても下流層は全く内容もわからないで決められてしまったと思いますよ。それで上の層は弁護士をつけるとか工夫して生き延びる、都合が悪くなったら下流で法律を知らない人間の臓器をとって生きる。このやり方は物的資源がある国のやり方だと思います。
日本は人的資源しかありませんしチームワークで生きるしかしょうがないのです。辞めた方が良いと思います。
他国に文句をいうつもりは無いけれど、日本が真似をすることは日本の滅びの第一歩だと思います。と保守の人は考えて頂きたいと思うのです。

<参考資料>
・自民党の河野洋平氏河野太郎議員両者=国籍法改正・臓器移植改正が大好きな親子
videonews.comという
サイトでも取り上げていて、マスコミでほとんど出てこない反対派・慎重派の論客として
小松氏が
マル激トーク・オン・ディマンド 第288回(2006年10月06日)
私が脳死移植に断固反対する理由
ゲスト:小松美彦氏(東京海洋大学教授)

で意見を述べておられていた。
・ かつての私の意見としては
マル激第288回(2006年10月06日) 私が脳死移植に断固反対する理由などでも書きました。人工臓器を強化すべきだと。

留学生


社民党
自民党
共産党
新党日本
国民新党
阿部知子のホームページ

朝生国籍法



チャンネル桜
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
保坂展人のどこどこ日記

朝日新聞
MSN産経ニュース
読売新聞
毎日新聞社
有斐閣

厚生労働省
文部科学省
CiRA(サイラ) | 京都大学 物質-細胞統合システム拠点 iPS細胞研究

草莽崛起
博士の独り言
a0065225_135285.jpg



[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 20:36 | 2008-2009videonews
臓器移植の実態3メモ
Commented by 00 at 2009-06-13 17:33 x
>chikkenndoさま
ご批判ありがとう御座います。コメント欄をお借りするのもご迷惑をおかけしますので、なるべく短くと、思います。
脳死が人の死かどうかは、生物としては脳が死ねば、体の維持ができませんので死であろうと思います。脳が死にもし体が生きたとしても、私もそのような生は拒否したいと思います。
ずいぶん昔の話ですが、障害者施設で生まれたときから脳に障害を持ち、反応がない子に食べ物を口にいれ世話をしていたところ、ある時から名前を呼ぶと笑うようになったそうです。その子が亡くなったとき解剖したところ脳はなかった状態でした。しかし笑うことができた。たぶん脳が死んでも下位の神経もしくは、ほんの少しの脳が発達回復したものとであろう。と、言う説明でした。
また、脳がなくても職員にとってはまさにその子は生きて心がつながっていたわけです。
別に脳死判定ご回復した事例があるとききました。
脳が死ねば死でしょうが、その判断は生物学的社会的に、実に難しいと考えています。(疲れや空腹でも身体は脳、考えに影響をあたえますし、異性を好きになるなど脳と身体はどちらも大事なもの、分けられないものと考えています。)
Commented by 00 at 2009-06-13 17:35 x
>日本人さまのコメント
>「死」は人生最後に訪れる1度きりの個人的な事柄。客観的な判断の及ばない領域ゆえどんなに論じても生者の自己満足にしかなりません。脳死のありかたを見直すことと、再生医療や人工臓器の研究を強力に推進させるべきと思います。

私の考えに一番近い考えです。余計なことを書けば、科学が進んで、クローン技術などがすすめば、自分のクローンを作ろうとする人まで出ることでしょう。どう歯止めができるでしょうか?


Commented by 00 at 2009-06-13 17:36 x
>kennさまのコメント

>そのことの善し悪しは別にしても、脳死と臓器提供に関して西欧人の論旨が首尾一貫していることは認めざるをえない

さて、外国には外国なりの考えがあり、行動があります。日本では移植が進まず日本人が外国に行き移植を受けることをどう考えたらよいかと言う疑問を述べました。
法律を勉強されている方に言うのは気が引けますが、アメリカの昔の禁酒法のように移植が禁止され地下にもぐるのも恐ろしいことです。
現在の中国のように怪しいのも困ります。

なおchikkenndo さまのプログを見ましたが、私は普通の日本人です。臓器移植推進団体とはまったく関係ありません。どのようにお考えになってもいいのですが。

むしろ、移植は反対でした。人は自分で選んで生まれてきたわけではありません。死ぬのもたぶん選びようがありません。生ることを与えてもらった恵みと考え、精一杯生きて自分が死ぬときには、笑って死にたい。と、考えていましたし知り合いにそのような人が出るとは思いもしませんでした。
問題の大きさにどうしたらいいのかと思っているしだいです。

Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:22 x
>OOさんへ
少なくとも

>例えば「人工臓器の開発が一番」とは臓器移植を推進する
団体の方々は全く思っていないとしか見えない。

ということはOOさんも一定程度納得されたと思います。
酒と臓器を一緒にするのは私はかなり納得がいかないところがあります。少し発想がおかしいと思います。

私は3年くらい前にも何度もブログで議論してちょっとだけ
検索したりして調べました。その前にも掲示板などでも定期的に
議論をしていました。そうすると現状(当時)の人工臓器の
研究は民間のボランティアによって成り立っていてほとんど
お金が集まらなくなっていたということを知りました。

せめてもう数百億円程度を入れればもっと速いスピードで解決できたかもしれないのです。IPS細胞だってもう5年位前に出来たかもしれない。断言はしませんけど、臓器移植を推進する団体はこういう方向にいくのを妨害しているように見えます。
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:24 x
せめてもう数百億円程度を入れればもっと速いスピードで解決できたかもしれないのです。IPS細胞だってもう5年位前に出来たかもしれない。断言はしませんけど、臓器移植を推進する団体はこういう方向にいくのを妨害しているように見えます。
実際の例で、ある臓器を移植すると決めたらもう他の治療はさせないとしてしまい情報も与えないようにするという例も読みました。他の手術などの方法で出来るかもしれないのに。今報道されているのは大体が「臓器移植以外の方法は見つかりません」というケースが目立ちますが、他の方法を寸断しているし、成功率も良くはないのはわかっていてやるのが患者さんにとっても良くないです。
少なくとももっと早く道路を作る事業の100分の1以下の予算で済むのにやらないという政治家はもちろん専門家の人もおかしいと思います。移植医療に関係しない医者も自分たちの食い扶持にかかわることには非常に関心が高く医療訴訟反対の方向にロビイングしているようですが、こういうことには全く関心が無い。
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:28 x
自分はある意味他人の不幸につけこんで煽って何かをさせるような言い方は嫌だなと思うのです。
ある種不幸につけこむ職業がこう幅を聞かせる社会になっていますね。私が目指している弁護士も含めて。
今は悪く言えば金しかないとしか思えない。世の中ろくでもない人間が溢れているとしか思えません。今回の移植もコスト・金の問題でしょ。おかしいことばっかりだ。私は人工臓器代替医療についてはなんらかの形でやっていかないといけないと考えています。

なんらかの答えになったでしょうか。連続してコメント欄を使用させて頂き失礼しました。>ブログ管理者さん
Commented by chikkenndo at 2009-06-14 01:37 x
OOさんの気持ちはわかるけど、先は読めないかもしれないけれど現場を知っている人達の善意だとすると、善意の人のこういう迷いや逡巡を利用してどうかしよう、目的を達しようとする根性があるような気がするのです。
あと、知的障害者に対してちゃんと社会が対応できなくなっている(厳罰化にしろという意味ではないです)。ある程度知能をもってない(頭が動かない)人間が人間でない、存在しないと扱う社会にも原因があると思います。そうなると当然頭が余り動かない人はものと同じだという考えが出てくると思うのです。学歴差別も似たようなものですよね。ものづくりで汚い作業をおしつける人達とか。
そういう今まで日本が無視して現場におしつけてきたところが出てきていると思うのです。

・・というような視座で考えています。順番が前後しました。
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 02:56 | 2008-2009videonews
特権にアグラをかく新聞の危機[桜 H21/6/13]</a>
【高森アイズ】『朝日』危うし!特権にアグラをかく新聞の危機[桜 H21/6/13]



 前からユーチューブのコメント欄にも書いたけど
ビデオニュースとチャンネル桜には頑張ってもらいたい。
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 01:53 | 2008-2009videonews
サイゾー
2009年6月12日 21時00分
原稿料暴露、編集者との確執 いまマンガ界は崩壊寸前!?【2】
日刊サイゾー


 ---コピー↓
ただし、マンガ家ばかりが割を食っているわけではない。マンガが一大ビジネスへと成長した今、編集者も大きな負担を強いられているのだ。

「連載立ち上げ時期なら、編集者は作品作りに注力できます。しかし、そのコミックスの発行部数が10万、50万と増え、映像化やグッズ化などの話が舞い込むようになると、例えばメディアミックスプロジェクトの窓口担当まで編集者が背負い込むことになる。仕事量が増え、業務内容が煩雑になれば、佐藤さんの一件のように、作家との間に話の齟齬や連絡の不備が生じる要因になります。
---終了↑

 編集者の給料を半分にして人員を倍にすれば対応できます。
それをやりたくないのでしょうね。書いている人も編集者か
編集者と仲良くやりたいから、エージェントに頼んでごまかす。
何か面倒なことがあったらリ○ルートや派遣会社や
首切り専門会社に任す日本の悲惨な状況が現れている。
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 00:52 | 2008-2009videonews
河野太郎議員の言い分1
国籍法 2





 ↑民法の理屈をこねくり回していますが、嘘です。
第一、検挙する人員も足りないし研究者も足りない。
河野太郎議員の意見は詭弁だ。

法理的にも、手続きでDNA鑑定は必要にするけど
「血はつながって無くても認知は認める」と法律で決めれば
今までの理論との整合性はいくらでも取れる。

 こうやって中国の貧民を入れて札びらをはたいて彼らの臓器を取り出すのでしょうか。
日本文化と臓器移植法案・奨学金・脳死のように。

 海外で外国人を捕まえてやるよりも性質が悪い。

 でも、麻生総理の発言を法律違反だと言って煽る社会学者に惑わされる
国民のレベルならしょうがないか。
[PR]
by chikkenndo | 2009-06-14 00:42 | 2008-2009videonews