無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
フォロー中のブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
その他のジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文系研究者層の意識( 5 )
内田貴先生①記事コピペ
 東大マガジンクラブ
記事コピペする。私の意見は次回。

法科大学院は何をもたらすのか または 法知識の分布モデルについて

2006年4月10日 - 13:46
内田貴
(「UP」4月号より転載)
 一
我が国は,直面する困難な状況の中にあって,政治改革,行政改革,地方分権推進,規制緩和等の経済構造改革等の諸々の改革に取り組んできた.これら諸々の改革の根底に共通して流れているのは,国民の一人ひとりが,統治客体意識から脱却し,自律的でかつ社会的責任を負った統治主体として,互いに協力しながら自由で公正な社会の構築に参画し,この国に豊かな創造性とエネルギーを取り戻そうとする志であろう.今般の司法制度改革は,これら諸々の改革を憲法のよって立つ基本理念の一つである「法の支配」の下に有機的に結び合わせようとするものであり,まさに「この国のかたち」の再構築に関わる一連の諸改革の「最後のかなめ」として位置付けられるべきものである.」
 
2001年6月に公表された司法制度改革審議会意見書(以下,「意見書」と言う.)は,その冒頭で,「法の精神,法の支配がこの国の血肉と化し,『この国のかたち』となるために,一体何をなさなければならないのか」と問いかけ,格調高く上のように述べている.
 
バブル経済崩壊後の一連の諸改革の「最後のかなめ」と位置づけられた司法制度改革の,そのまた中核的な制度改革として,2004年4月に法科大学院が導入された.この4月でまる2年が経過した法科大学院は,今年,最初の新司法試験を経験する.卒業者数が少ない初年度の合格率は比較的高くなるはずであるが,それでも,新司法試験の合格率が法科大学院の経営に直結しかねないだけに,戦々恐々としているところは少なくないだろう.

私は東京大学の法科大学院で2年間,民法ないし民事法の教育を担当した.担当科目の性格上,これまで大教室で4~500名以上を対象とする講義ばかりであった私にとって,50名から70名前後の学生を相手に双方向で行なう授業は,確かに教育をしているという実感をもたらしてくれる.名前と顔を特定して教師に語りかけられる学生の側も,目標が明確な専門職大学院ということもあって,極めて意欲的である.とりわけ学期始めの授業で,こちらが投げかける質問に対して挙手の手が林立する様は壮観である.ソクラティック・メソッドはアメリカで初等中等教育を受けた学生でなければうまくいかないのではないかという,アメリカのロースクールの教室で抱いた私の印象は,見事に覆された.もちろん,授業が進行して,常識で議論できる域を遙かに超えるテーマに入るに従い,また,学生間の力量の格差が相互に自覚されるにつれ,教室の雰囲気にも変化が生ずることはやむをえない.それでも,毎回の授業の後に教壇の周りに質問者の輪ができ,学生との対話が延々と続くという状況は,最近の学部の授業ではあまり経験しないことである.

More
[PR]
by chikkenndo | 2007-01-20 01:21 | 文系研究者層の意識

[PR]
by chikkenndo | 2007-01-20 01:13 | 文系研究者層の意識
マル激第293回その2
前回の続き。二つTBを打つのは忍びないので後編のその2の
方からだけ打ちます。読んでくださる方は前回からどうぞ。」

 二点に絞って述べてみる。

 第一は、彼の頭の中には、公権力の介入が
民事の中で自治で決めるよりも劣っているという
固定観念があるようだ。ようだではなくて院生の一定数
はそう考えている。法よりも話し合いで決めるのが
一番という考え方である。院生や一部の研究者で
これを繰り返す人がいます。
しかし、これが間違っている。
学部時のレポートに書いた記憶があるので割愛します。
知りたい人はリクエスト下さい。

 第二は、労働契約法制という
彼の記事である。内容は、いじめで退職においこまれた
労働者が、勝訴後金銭賠償の他に職場復帰の権利があるという
彼の理論についてである。

 ある意見では、「職場復帰は、職場のみんなの意見
が一致すれば可能だ。自治に任せるべき」ということだ。
彼はこの意見に反対の立場を取っている。勝訴すれば、
職場復帰の権利があるのだという考えだそうだ。

 (予想していましたが)読んだ瞬間?と思いました。

 既に触れた通り、

 彼は

 「学校のいじめには生徒の問題解決能力を鍛える方向で
考えるべきで行政や司法が関与するのには感心しない」と述べて
いる。

 その一方で、様々な事情(会社の都合等)で退職を余儀なく
された労働者に関しては、金銭賠償のほかに「本人が希望する場合は
職場の人間が嫌がっていたとしても会社に戻してやれ」という判決
を出すべきだ(つまり裁判所が会社や職場にそうさせるよう
強制しろ)という意見を唱えている。

 おかしくないか?

 「児童に自治の問題解決を任せるならば、
職場で働く労働者の問題も自治に任せるべきではないですか?」
「会社は退職して逃げ場もあるし、自治を尊重すべきだ。
司法がむやみやたらに判決出すべきじゃないという考え
が自然になるのでは?」と突っ込みたくなった。

 大人の世界ですら自治うんぬんという綺麗ごとでは
解決できないことが山ほどある(そうでなければ刑事裁判も
労働裁判もない)し、そもそも違法になってないものは力関係で
決まってしまい、争ったりすることはまれだ。労働組合を結成しても
しょっちゅう切り崩される。

 そもそも労働法制が無ければまともに交渉できない(あっても
現状はまともにできていないでしょうが)。そして、労働者の世界では
労働三法があり、労働基準監督署があってチェック機能を
果たしている。違法になって営業停止を食う会社もある。

 しかし、大人の労働者の世界には法があるが、子供達の
世界に決まりはない。で、大人の世界ではやったらとっつかまるし
大人同士でもやられたらショックで職場にもいけなくなるいじめ
や犯罪行為を堂々と出来る。労働三法のような法も無い。
出席停止すらも認められない。

 おかしくないか?

 もちろん、そのような法制や司法・行政の介入が好ましくない
という考え方もできる。

 そう考えて、学校内で介入をなるべく控えるべきと主張する人も
いるかもしれない。

 それならそれで結構。
そうならば、当然、大人の社会はより自治を尊重して
職場に受け入れるかは自治(自治と言うが実質学校も会社も
力関係で決まる)で決めれば良いのではないかという議論になるのが
自然だと思う。

 となるが、なぜか彼はそうはならない。なぜか、
頭のバランス感覚がどうなっているのか一回MRIで見てみたいですね。

 こういう人は研究者系の人にどうしても一定数必ず混じって
しまいます。経済学系もかなり酷いですね。だから、少なくとも
日本の文科系の院卒で突っ走った人は、企業にも相手にされない。
企業がおかしいからではない。普通に企業はやばい層を振るい落して
いるだけなのです。この点、民間企業はまともだ。

 恐らくこれだけ言っても支離滅裂だとは本人は気がつかないで
私を敵としかみなさないでしょう。だから彼のブログにはTBしません
でした。

 繰り返しますが、

 院生特有の単調頭の思考方法が非常に非常に目立つ。
専門には詳しいけど、理屈や筋道が少し滅茶苦茶です。

☆追記☆
 小6胴上げ遊び 母親の相談“放置”

 被害者の児童は脳挫傷だそうだ。あの、殺人未遂・・・ですよね。
肉体労働者でもなかなかこういう被害にはあいにくいのでは
ないのですか?まして、仕事と関係の無い胴上げと言う行為で
事故が起こったら普通に傷害事件になりますよね。
労働事件より司法・行政の介入の必要性は高いと考えるのが普通の思考
ではないのでしょうか?

次回はここです!
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-03 09:18 | 文系研究者層の意識
マル激第293回いじめを無くすためにまず私たちがすべきこと
 いつも感じるのだが、文科系の研究者・研究者志望層の意識の
程度について少しおかしさをもつのでちょっと述べる。

 第293回マル激 いじめに対する警察の介入は必ずしも望ましい処方箋ではないような気がする件
を通して考えてみる。このリンク先の内容はマル激トーク・オン・ディマンド 第293回(2006年11月10日) いじめを無くすためにまず私たちがすべきことゲスト:内藤朝雄氏(社会学者・明治大学助教授)
に関してであるが、それなしでも一般論に関してなので読めます。

 この元院生さんは、
>いじめに対して、警察や司法を介入させよという処方箋。
>内藤氏も宮台氏も、安直にこれでいじめは解決するとは
>主張していませんが、実際問題として、「いじめは許さない」
>というスタンスを社会的に明確に示すという以外に、
>あまり効果がないと思われます

 とのべ

>公権力に頼らなくとも、学校の組織づくりいかんで
>市民社会のルールを貫徹させることは可能ではないでしょうか。

>そしてなにより、生徒や教師の自己問題解決能力の回復
>を放棄したまま、直接に公権力に頼ることは、自治の原則という
>点から見ても、市民社会の醸成には必ずしも望ましくないと
>思われますが、どうなのでしょうか。

と疑問を提起しています。なるほど、こういう意見もありえますよね。
いきなり警察だなんだのは本人にとっても環境にとっても
良くない。自分自身で解決するのが自治から言って望ましい


・・・という書き方がなんとなく心地いいですよね。

 実は彼の記事を読んだ瞬間、「これは偽者だ」と確信しました。

 じっくりそのことを書いていきたい。
続きはここです。
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-03 08:49 | 文系研究者層の意識
法学系
予定
[PR]
by chikkenndo | 2006-12-03 08:30 | 文系研究者層の意識