無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
お気に入りブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
人気ジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:中田英寿と日本の惨状?( 17 )
レッズ
よく勝ったなぁ・・・凄くないか?
[PR]
by chikkenndo | 2006-08-02 13:34 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿選手について(完)
(後日追記
以下の内容は8月4日の記事で変化しています。
私の意見はどんどん変わって困っています。
あくまで7月29日現在の見解で、数日後変化して
ます。
中田英寿の投稿は止まらない(Numberカズ) 参照)

中田英寿と日本の惨状
というカテゴリでずっと中田さん(元サッカー選手)
について書いてまいりました。

 彼のプロ意識についてとうとうと述べたことも
あった。

 だが、私の考えを変えなければいけない
ことになった。ゲーテ(今週発刊?)の
中田選手のインタビューを読んだからだ。
インタビュアーは小松成美さん。

 田尾監督の楽天と同じ問題を日本代表は
抱えていたようだ。同じ問題とは?

 弱さではない。監督が戦術ミーティングを
行わないのだ。あちゃちゃ。

 ただ、中田はサッカーの神様ジーコに
逆らえなかったからそれについて変えようと
しなかった(出来なかった)。

 作戦を立てて行う重要性について中田英寿
ほどの選手がわからない訳が無い。
全力を尽くしているなら監督を代える、
作戦面をフォローするコーチをおくよう
最大限努力すべきだった。4年間も間が
あるのだから。

 結論
 彼にはプロフェッショナリズムに徹しきれない
普通の日本人と同じ面をもっていたのだ。

 本当の意味で全力でやってないと思う。

 ところで、
マスコミか・・・のブログ
でも取り上げた
ワールドカップブログ
消えちゃいましたね。

 TB打ちまくって「俺はこんだけ人気があります」
という実績を作ってしまった。
それを引っさげれば今後の足しになるのかな
という感じで、利用された感があるな。

 実を言うと

 俺は、TBが俺のブログにぶち込まれた段階で
「信用なら無い奴だな」って読んだ。
全然俺の文の内容読んだ上の感想0じゃん。
スパムと変わらないよ。でも、他の大多数は
釣られるんだろうな、こうやって利用される
んだろうなと感じてしまった。

 俺が思ったのは、こういう人達をバカにするのは
簡単だ。だけど、こうやって痛い目にあって
俺も成長してきたし、見届けてから
偽者だよと言わなきゃいかんだろうなと感じた。

 しっかし、本当に閉鎖したとしたら相当なクズだな
あれだけ真面目な書き込みやTBがあったら
もはや記者だけのものではない。
ブログは、comをくれた人TBを打ってくれた人の
ものでもあるんだよ。スポーツ選手や作家で
言うなら、一生懸命の読者の葉書をみんなの前で
捨ててしまう・・そんな感じ。

追記(8月3日木曜日深夜0時23分)

 おや、ワールドカップブログが開けますな。
7月28日付けで、別ブログユーロフットボール放浪期
移行との事。
29日の朝・昼チェックしたし翌30日にも
1度は確認したんだが・・・。う~ん、
回線の繋がりとかそういうもんなんでしょうか。
私のミスなのだろうか。そうならごめんちゃい。

追記②(8月4日金曜日深夜2時33分)
 
 う~ん、中田選手が抜けた後、日本代表は
どのような変遷を辿るのか突っ込んでやって
ほしかった。浦和レッズで、小野選手もサントスも
活躍してたでしょ。そこらへんももうちょっと
突っ込んでやって頂けたらうれしいですね。
中田の指摘どおりサントスが修正かけて
いるかとか。
日本の主要試合は一定程度みているんでしょう。。

 頑張ってください。

追記③
本物の実力があるなら、日本の読者にだけ受ける
記事を書くのではなく、欧州だろうとブラジルだろう
とどこでも記者をやって現地の人に良いものを
提供できる実力を示してほしいものだ。

まぁ、無理でしょう。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-29 14:43 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿の戦い5-ブログ上の議論からみる日本人の問題
WCブログ7.14について述べる
マスコミで紹介したワールドカップブログについてだ。

何度も言うけど、分析よりも行動だと思うよ。
前のブログのマスコミで控えめに書いたけど。

この人に聞きたいのは本当に中田選手に取材をするのが
夢だったというならコンタクトをどのように何回取ったということ。

何度も事務所含めて取ったのは当たり前として、
この位は言ったよね。当然。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-26 13:11 | 中田英寿と日本の惨状?
マスコミか・・・
ワールドカップブログ2006年07月14日から
本当の愛国者は中田英寿だった2にTBを受けた。

>Tracked from ワールドカップブログ at 2006-07-18 09:46 x
>タイトル : 7.14ファイナルコラム  中田英寿
>   今回がワールドカップ特集、最後のコラムとなる。テーマは「中田英寿」。実は、彼が引退を発表したときから、最終コラムの題材は決めていた。私ごとになるが、偶然に出版業界に入り、偶然に情報誌でスポーツの担当ライターをすることになった。そのときから今回のドイツ大会をきっかけに、フリーのスポーツライターとして活

 TBの書き出し部分で中身に想像がついた。
うんうん一般的・抽象的だし。

 中田英寿に自分を近づけるのは結構。
だが、本当に近づけるなら次の点をきっちり書いてほしい。

 中田英寿がマスコミを嫌ったのは嘘をマスコミが
流したり、オフレコを流したとされている。
ある記者は「全員がそんな記者じゃない。」
と言い返したそうだが、まずプロならばどのマスコミ
のどの記者か公表し徹底的に批判すべきだろう。

 正直、俺はマスコミ(例えば古館)がいくらヒデの
孤高な姿勢やプロ意識仲良しクラブを嫌う心を
ほめても全然説得力がないと思う。
 マスコミ自体が仲良しクラブだろ。ボケという訳です。

 その位の志も無いのではな。

 ある大新聞GPのスポーツ記者が、
柳沢に罵声を浴びせるファンに

「そんなら君達が蹴ってみろ。文句があるなら実力で
上回ってみろ」

と言い返したそうだ。

 俺は全くの正論だと思います。だけど、そう仰る記者や
大手マスコミのみなさんは、実力でなれたんですか?
実力で大手マスコミやっているんですか?

 TV局はカルテル新聞は押し売り出版社は再販制度(
つまり政治力)

 要はその記者さんが仰る実力というものは
そんなレベルのものにしか見えない訳です。

 俺は、自分と同じ意見でもマスコミが仰ると、吐き気が
こみ上げて来るときが来ます。

 ファンの反応、国民の反応(例えば中田英寿の戦い3-ブログ上の議論からみる日本人ので取り上げたコメント・TBの方)
はマスコミの反応とリンクしている。
逆も同じ。中田英寿さんもその中で揉まれていき
生きる術、賢くなる術を身に着けたのだなぁ
と思いました。

 このような状況下で真のジャーナリストを目指す人は
大変だ。頑張ってください。

 と書いて、先のフリージャーナリストのブログ宛てに
トラックバックを打つ。

7,29追記
 他にも言いたいことがあるが、↑は柔らかく言った。
「中田選手にインタビューしたかった?」
ということは複数回アポ取ろうとしたよね。
実際は粘り強く取ろうとしなかった。


だが、中田を引き合いに出して
おこぼれを頂戴しようとした。これが真実だと思う。
つまり、この種のブログの人とまともな会話を期待しては
いけないと思う。要はスパムと同じだから。
ライターという肩書きの人が
自分に興味をもってくれたと喜んでコメント
をつけた人がいますが、現にまともに答えてないでしょう。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-24 08:29 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿と青木功の戦い4-ブログ上の議論からみる日本人の問題
中田英寿の戦い3-ブログ上の議論からみる日本人の問題の続き

「欧米の人がどう感じるか?」
というようなコメントが2でありました。

 うん?なるほどねぇ。うんうん。
大事だよねぇ。そういう感覚って。
 ところで、バブルの時代、日本のビジネスマンは
働きすぎ・過労死続出でエコノミックアニマルだと
その欧米諸国の人たちに批判揶揄されてたよね。
私もそういう問題点がある面も認めざるを得ないし
そもそも働いていたから今の日本があるのだという
立場を取らない(url)部分もある。
 だが、資源も無い土地も無い、戦争で負けて何も無い
日本が生き延びていくには人に教育を施し、働きまくって
生きていかざるを得なかったという考え方もある。
私もそれだけが選択肢とは思わないが、意味のある選択
ではあったと思うし、現実的に批判される程度まで
働かなければ日本は生き残れなかったかも知れない訳だ。

 当時のビジネスマンで、確かに「過労死するまで働く
(働かせる)のはいけない。」と思う人間がいて
その結果労働を辞めたなら良いけど「欧米の人たちが言うから」
という理由で働くのを辞めたなら単なるアホですよという
お話な訳。実際働くのやめなかったろ。働きまくるのは
一つの選択だし、そう彼らが選択したのなら
尊重すべきかなと思う。

 さて、時事的な話をすると、先ほど全英オープンが終わった。
ついつい終わりまで放送にかじりついてしまった。
なにしろ日本人がトップ3にまで手が届きかかったんだぜ!!
見ないわけには行かない。3には行かなかったが、見事
来年の出場権獲得を成し遂げた。
終わった直後、その谷原秀人選手に「うまくなったよね~」と
語りかけたのは、日本人。「あ、あなた以外に、そ、
そんな言葉を言えるのは日本人の中には一人もいませんよ。」
と突っ込みたくなったが。。

 青木功である。

 日本男子での往年の名プレーヤーと言えば、
ジャンボ尾崎が筆頭に挙げられるが、違う。
青木功だけが海外進出で勝利も挙げているし
全英オープンでも何度も10位以内に食い込んで
いるのだ(俺は全英の方の実績は先ほどのTVで
初めて知った)。

 なぜ、彼が他のジャンボを初めとする日本選手が悪戦苦闘
する中、勝利を挙げているのか?

 覚悟があったんだよ。

 ん、中田英寿選手のパクリか?
いや、彼の引退発言前のブログでも同じ言葉を
俺は使っている
本当のばかやろー?③内容編4のでパクリじゃないぞ。

 うんとね。説明するとね。ゴルフにもシーズンがオフになる
時期があるよね。野球と同じで。
で、当時の日本のゴルフ選手達、
すなわち日本のゴルフ業界の人達の常識

 オフシーズンは何もしないのが一番体に良い

 いや、ゴルフをやらないで筋トレとか体力づくりをやれ!

とかじゃなくて純粋に

 何もやらないで体を休めろ

 だったんだって。ところが、たった一人黙々とトレーニング
を行う選手がいた。青木功である。

 周囲には変人だのなんだの常識に反しているなど
ぼろ糞に言われただろう。だが、彼は続けた。
もちろん、欧米ではトレーニングは常識だろう。
だけど、「みんなこうやっている、でも、俺はこの判断で
行く。もちろん、その責任は自分で取る」当時は
トレーニングは体を痛めるとされていたから。
言っている意味わかりる?

 欧米に生まれてそこでトレーニングを行うより
精神的には過酷だろう。しかも、国内ではジャンボより
格下扱いな訳だ。

 だが、彼は勝利を手にした。
精神的な強さを鍛えていたということなんだ。

 その証拠に(証拠ではないかもしれないが)、
緊迫した場面でも
彼は冷静と言うかおっとりした解説をしてしまう。

 「あ、タイガーこう打ったね。俺らはここまで飛ばない
から。そこで四苦八苦するんだよね」

 ニュアンスが伝わるだろうか、
放送を見て下さった方はわかると思うのですが
冷静・・いや傍から見れば「おいおい、」というのを
ニコニコ言う。

 同じく世界で戦った松岡修三さんといるせいか、
リラックスして。

 TV見てて、俺は「このおっさん(失礼)、相当修羅場を潜って
来たんだな。恐ろしいわ」と感じた。

 何言いたいかというとね、弁護士の件で前
物凄く吠えたことがあった。コロコロ立場変えすぎだハゲ!。と
それと同じなんだよね。

 おもねる気持ちでは、いい仕事も出来ないし、
今の日本を支えるような人間にはなれないのではない
のでしょうか?

 正直、精神的に団塊の世代より弱弱しくなっている感がある。
それでは、状況が好転しているとは言えない今の日本を
支えることは、とてもとても・・・。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-24 07:43 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿の戦い3-ブログ上の議論からみる日本人の問題2
追記---
この国は少し変だ!よーめんのブログ(ココをクリックするとプログトップページに)2007年 07月 25日を読んで面白い部分がありました。
『性格の違い!

簡単に言うと性格や気性の違いということなのです。本人達は気づいていないかも知れないのですが、それが悪い事と考える性格と言うことなのです。

以前にお話したように政府への”電突”を本心で”悪い事”と思っている人がいましたよね。(笑)(反日映画に3000万寄付の件)国民が政府に不満を言うことが相手に対して失礼?!と言うのです(笑)私がそれを否定すると「よーめんさんは私の忠告を反省しないつもりですか?!」とまじめに言うのですから、凄いものですよ。


電突を自分が聞いていてハラハラドキドしたので 「自分が聞いていて不愉快な思いをするのは道徳的によくないことをしているのだ!それが出来るよーめんはきっと性格が悪いから人を不愉快にさせるのだろう!とんでも無いやつだ!注意しよう!」と言う発想なのです。(笑)』

これは読んでて笑ってしまった。この今回の記事や
マル激第293回その6生放送総集編と比較しての臓器移植の話と似ているので。
非常に面白い。今度ダイジェスト版を作ってTBするのでよろしくです。
--↑追記終了----


 ブログを休止すると言ったのですが、
中田英寿の戦い2-ブログ上の議論からみる日本人の問題1
のコメント欄を拝見して。

 僕が言いたい事をうまくアシストしてくれてありがとう
と言いたくなりました。

>Commented by 通りすがり at 2006-07-12 20:45
>日本人の茶髪はそれ以外にも重要な論点があると思います。
>欧米人の中には、日本人の「茶髪」を見て、ジャップ、
>イエローモンキーと侮蔑する人がいます。

>何故だかわかりますか?

 あぁ、私の言いたい事をフォローしてくれた私の影武者の
様な方です。ひょっとして無意識の内に私が書き込んだかの
ようなコメントです。お礼を言いたい位だ。

 私の文章を読んでいないのでしょうか?という
突っ込みをする気すらも起きず微笑ましいと思ってしまいました

 さて、私は茶髪が問題であるという件は
全く異論はありません。
というか無いと言っているでしょうに(爽やかに

 「茶髪を注意するのはともかく」と。

 やはり、このテーマにおいて私とコメントを書いて下さった
部分に日本人の弱い部分が現れていると改めて感じた
次第です。
1事実認識の力
2強者に乗っかる根性

1事実認識の力

 例えを変えて説明させて頂きます。2のブログで説明した
例ですね。

>日本人(世界もそうだろうが)共通の弱い情けない部分が
>出ていると感じたのだ。

> 例えば、「あいつは足が短いから東大入試に受からない」
>とAさんが言ったとしよう。おそらく誰も相手にしないし
>「何言っているんだ?差別偏見野郎が」と思うだろう。

> そう思う理由は二つあると私は考える。一つは本当の理由。
>二つ目は社会みなさんが考える看板である。

> 一つ目の本当の理由とは、
>東大に足の長さ測定テストは無いからである。
>まさしくその通り。無いですよね。

> 二つ目の看板理由とは。
>足の長さで差別心をむき出しにして発言する奴は
>とんでもない奴だ、差別される方はかわいそう。

 二つ目の「看板理由」の部分とは社会的な道徳的な弱点を
根拠とした理由(道徳理由)としても構いません。

 さて、この例の部分の足が短いを別の事実、性格が悪いに
置き換えてみましょう。

変える前の事情の

 「あいつは足が短いから東大入試に受からない」を①

変えた後の事情の

 「あいつは性格が悪いから東大入試に受からない」を②

 とします。東大入試は性格診断抜きのペーパーテストのみ
で性格が勉強に影響を与えることはないとします(というより
現実でも東大生は全てが人格者とは限りませんw)

 ①②を見て(もしくは聞いて)多くの日本人は「両方間違って
いる。東大入試には足の長さ測定テストも無いし、
性格診断テストもない。足の長さ・性格のよしあしに関わらず
東大に入れる」

と心から言えないでしょう。残念ながら。

 東大に入れようと性格に問題ある奴は問題あるし、
性格に問題なくても大学入試に失敗するケースはある。
と言い切れない(いや実は例が分かり易いから言い切れる
のだが、)。②の社会的道義的理由が結果に及ぼすという
公式を維持でも守りたがる訳です

 つまりは

社会的にいけないことをした人間→成功

という例を認識しない。

 こういう表現をすると誤解を受けやすいのできっちり言うぞ。
いいか、ここを間違えるなよ。

 俺が言っているのは
社会的に悪いことをした良くない行為をした奴が
成功して何が悪いと言っている訳ではない


 ここらへんは脳の認識能力でしょうか。

2強者に乗っかる根性

 一番問題なのは根性である。

 「あいつは日本国を売った行為をしたから許せん」

 結構だよ。ガンガン批判しなさいよ。

 でも、お前の本心はそこに無いだろ。それを口実に落ち目
の選手を叩いて憂さを晴らしたり、自分が上に立った
気になってスカッとしたい、
道徳論たれて悦にひたりたい糞みたいな根性だからだろ。

 弱弱しい せこい ひねびた じめじめ した。

 本気で日本を憂えている、日本が外国人になめられたら
アカンと思っているなら

 俺ならこう言うね。
「WBCで日本代表が優勝しようがあいつらで金髪の奴は
認めない」と。もちろん、他の奴らとの話題で野球が出ても
「いや、俺はあの代表の金髪に染めている奴らもそれを
認めた監督スタッフも認めない」と。
ピアスも当然認めないよな。

 当たり前だろ。

 負けた弱者を引きずり出し、いかにも道徳論や日本を
大事にする理屈を持ち出して批判すればさぞすかっとする
だろうがそうは行かないよ。御託宣の如く全員従うと
思ったら大間違いだ。というのが俺の意見。

 どうせ貴様の意見なぞ、周りの人間のほとんどが
「WBCの日本代表はすごかった感動しました」と言えば、
ご自慢のご持論は出ないかせいぜいボソッと出る程度だろ。

 情けなねーな。ってのが透けてみえてしまう。
大体、予選落ちしたしもう辞めるんだからもう負ける可能性
は無い訳だ。

 つまり、辞めた中田よりも今後も同じ戦い方(ファッション)を
踏襲する王ジャパンの方が問題としてはでかい。

 ところがわざわざもうピッチに出ない中田をわざわざターゲットに
選んだんだよな。

>もう一つの論点

とは、
愛国心を口実に弱者を叩いてすかっとしたがるおっさんの
アホさ。
ごめん、正直面汚しだわ。情けない。日本人辞めてほしい。

 私も碌な人間ではないがここまで腐っておりません。
せいぜい

「黒の方がえぇな~。でも、WBC日本代表がアメリカ
MLBに眼に物見せてくれているし、中田もイタリア国民の
目に日本人フットボーラをみせつけてくれているから
今の俺はモノ言える立場にありゃせんな。
実質ニートに近い俺より日本に貢献しているし。

そう言えば新庄剛選手のマネージャーが新庄が
パフォーマンス(月光仮面の格好をして球場に降りたり
するのだ!)を行う理由を『自分にプレッシャーを
かける為』って言ったのを思い出した。格好を派手にして
成績が糞だとピエロだもんな。そういう調整方法も
あるのかもな~。プロの世界は恐ろしいな」

位の感想しか持ちようが無い。

あ、俺が王や野村みたいに大監督になったら話は
別だな。全員黒くさせる。で、優勝する。

 だけど、さっきの卑怯なおっさんみたいなのが
出てきて、
勝敗が分かった後になってから(←ここ重要)
えっらそうに「黒くしたから優勝したんだ」とか、
敗者を使ってストレス発散しようとしたら
次は全員黄色に染めさせる。

 これ冗談。だけど、半分マジでもある。
正直、卑怯者の集団見るとやりたくなる気がするよ。
中田もそんな気分で黄色にし続けたのかもな。
そうなら俺納得する。

 さて、なぜ先のような意見をのたまう人間が現れ多くの人間は賛同
してしまう(賛同するからこういう意見をいう人間が絶えない)のか?

 そこに私の興味は集中する訳である。この事象の特徴は二つある。
 
 第一の特徴は、本当の理由のところに、事件とは無関係な道徳的心情が
混入してしまうのだ。

 第二の特徴は、結果を正当化するために道徳的な事情を使う。
「こいつは道徳的に悪いことをしたから失敗した」とか
「こいつは道徳的に良いことをしたから成功した」と。
もちろん、これは事実に反する。私は黒髪が好きだし似合うと思うのだが
今のところ(?)私は社会的には成功していません(笑)
そして、金髪にすると失敗すると言われても、今更(?)金髪にしても
これ以上失敗しようがないのではないかとも思っています。
しかし、金髪であろうが成功している奴は成功しているのが現実である。

 みなさんもこの程度のことは理屈ではわかっていると思う。
だが、やはり「あいつは真面目な奴だから」「あいつは茶髪で~」
だからという理由で成功した失敗したって納得したい、

 わかるよ。気持ちはわかるからさっきのような意見にずずずず~っと
ひきづられるのもわかるよ・。

3蛇足
 だが、局面を変えるとものすごく問題だと思うんだよな。

 私は法科大学院入試を受けている。法科大学院とは何か?
要は弁護士(他にもあるんだけど)育成の大学院と考えてほしい。
医者を養成する医学部と同じですよ。

 で、卒業後医師国家試験と同様に司法試験を受けそのごまた修習(
要はインターンに近い)を受け弁護士になっていくわけだ。
ところが、司法試験と言うのが大問題なわけだ。

 ご存知の通り

 ちょ~~~~~難しい。

 有名大学卒が数万人受けて年間500人しか受からないのだ。
で、来年から合格者を3000人にするというのが国の方針なのだ。

 「良かったですね」 いや、実は必ずしもよくない。
日本は明治時代はドイツの法律があって戦後アメリカの憲法が入ってきて

 グチャグチャなのだ。だから、難しい。結果500人になった。
それを急激に3000人にすると、恐らくは弁護士でも法律を全然わからない
人間が出てくるかもしれない。「少し怖い」。

 だけど、法科大学院の教員たちは「6000人にしてほしい」と言う人もいる。
院の経営が背景にあるのだがその論拠が面白い、そこが今回と重なるのだ。

 「朝昼夜を問わず勉強しているんですから。」
「死に物狂いで勉強しているから」
それだけ。例えばこれだけ実力がついたとかは一切言わない。

 医学部で言えば、「外科医志望ですけど、縫合が全く出来ません。
でも、死に物狂いで頑張っているから免許下さい。」・・・・
心情的にはわかるよ。でもそれを結果に結びつけるのは無理。

 だが、恐らくは日本人の多くが1日中勉強している法科大学院生の
生レポート放送というのをやったら「受からせてやってもいいんじゃない?」
と思いそうで怖い。
少しは言っている意味がわかってきただろうか。

 そして、この日本人の傾向は人の生き死にをも左右する
危険性を秘めていると俺は考えている。
最近は少しなりをひそめたが、少し前まで臓器移植のCMがよく
流れていたろ。

 腎臓が悪い~心臓が動かず顔色が悪くなっていく
赤子を見ると

 「臓器移植はどんどん推し進めるべきだ。」

そう思う人たちは一杯いるだろう。

 だが、臓器移植を現実に進める人たちはそのように
考えてはいない。

 私は臓器移植関係の掲示板で書き込んだことがある。
議論が盛んな掲示板だったが、
「監察医や様々な医療関係者のチェックを2~3重にして
速さと同時に確実なチェックが(臓器移植には)必要だ」
と書いた。
 
 ところが「それじゃ意味無いんだよ」という捨て台詞が
投げられた。

 これはいったい何を意味するだろう・・・
何がどのように意味が無いのだろうか?

 端的に言うと、彼ら(臓器移植推進派と厚生官僚
の一定数)は臓器移植が人の死ではないことを知って
いるのだ。(本当はこまごま書きたいのだが略す)

 だから、なるべく簡素にしたい。
そして、彼らは治療して本当に患者が良くなる
ということは望んではいない。
 
 国も臓器移植推進者の多数もである。

 証拠を上げよう。

医用生体工学における重要研究・開発課題の提案
-緊急に解決すべき課題-

医用生体工学における重要研究・開発課題の提案
-緊急に解決すべき課題-

の5番1 )人工臓器の現状と問題点

医用生体工学における重要研究・開発課題の提案
-緊急に解決すべき課題-
「人間と工学研究連絡委員会医用生体工学専門委員会」
平成12 年5 月29 日日本学術会議5 .人工臓器関係

で現状と問題点が並べられている。問題点の次に

> これらの主な原因は,これまで人工臓器の開発研究には国としてのプロジェクトの関与が全くなく,個々の人工臓器が科研費など各省庁の個人レベルの予算や民間企業のボランティア的協力によりバラバラに行われてきたためと考えられる.

>個人レベルの予算
>ボランティア
・・・更に続ける。必要な予算枠についてである。

>唯一米国で長期の人工心臓開発プロジェクトがあるのみである.従って,もしも大規模な長期の国家プロジェクトが我が国で発足できれば,国際協力研究を含めて技術創造立国を目指す我が国がこの分野で世界の研究と製品のイニシアチブを取れるチャンスとなる.そのためには,年間150 ~200億円,10 年間で約2,000 億円の予算規模が必要である.

 2,000億とはどのような数字か上げてみよう。
今年度の道路予算は3兆円を超える。
その10分の1以下。しかも10年かけて
である。年200億。。。
年の道路予算の100分の1以下である。

 これが国の、厚生労働省の正体である。
と同時に学問の体系化派閥化それに合わせて
の官僚の派閥化という正体という面もあるだろう。
なんとか派閥のなんとか先生の御託宣の通り
という発想も裏にはあるだろうな・・・。

 つまり、だれだっけ、あの平野裕之先生のお弟子さんで
ブログやってた人、国や学歴におもねり過ぎなんだよ。
~という大学でって、もう20台中頃だろ。
そういう思考方法で東大入って官僚になったら
こういう組織化に益々おもねりそうで怖いよ。
国の為になんないと思った。、恐らくは
司法試験を目指す人間の中では正義感はあるけどね。


話を戻す。

 要は

「俺らの学問の研究に銭入れろや。
他にもっと良くなる方法?は?そんなこと
やったら俺らに銭回らないだろ。ボケ」

という思考で動いているのだ。

 私が臓器移植に疑問を持ったのは、基本的に

「あぁ、かわいそう」→臓器移植

という路線は取る気が無かったからだ。
取る気が無かったというよりも

 「何強制的に一本道に絞っているの?」
ふざけんなよ。アホかという発想なのだ。

 金髪→負け
の思考ってどんだけバカなんだよということと類似していると
言えばいえる。

 それはおくとして、臓器移植の問題は法学者の一部
の連中が粘って検討しなおしましょうと言っている。
私は法学者(まぁ経済学者もそうなのだが)やマスコミの連中、
要は東大出と早稲田出(慶応もそうだろうが)の単調な
賛成反対しかしないといういつもの手法が通じにくい問題
であると考えている。

 私が先に述べた人工臓器のような展開は考えも
つかないのではないか?(あ、ついたら教えてね)
考え付くという意味は、口だけ理論を並べ立てる
のではなく、人工臓器のこういう研究に銭を入れろ
と具体的かつ今の財政難の中でうまく駆け引きを
行うことができるということを意味する。

 人工臓器の研究者達と接触はしているのだろうか?

してないだろうなw

 彼らは世界が狭いから。

 だが、世界を狭くして司法試験や
学者官僚になった人間が勝ちという発想で来た
人間の集合体と言える。

 だからこそ、
どうでもいいプライドをどうでもいい問題で発揮する。
日本人全体も似たような面がないわけではない。

 そして、下の方のリンクでも示したおいたが、
組織化体系化演繹化された社会
にどっぷり使っているとアイデアが出ないんだろうなぁと
常日頃考えている。

 私が学歴社会や下らない差別偏見は潰せ、
高卒だろうが法学者弁護士になれるのも有りな社会
を作れ。

 警察官も現場の技能者も登記官も真面目で優秀な者は
どんどん上へ上げろというのは、

先に述べた
組織化体系化演繹化を打ち破るために絶対に必要な手法の
一つだと信じた大きな事例のひとつでも今回はあった。

本当のばかやろー?③内容編3
本当のばかやろー?③内容編2
従来のエリート主義は通用しないかも3
従来のエリート主義は通用しないかも4(会社法)
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-16 04:02 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿の戦い2-ブログ上の議論からみる日本人の問題
 中田英寿の戦い1のブログにTBして下さった方の内容を
見て日本(または世界)の問題点を考えてみたいと
思う。
------------↓TB内容----------------------------
>Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2006-07-11 12:26
タイトル : チャパツこそ敗因
中田英寿の戦い1  長年アパレル業界で暮らしてきた妻が、50歳を過ぎてから外国人客の多い美容院に受付兼通訳として勤め始めた。美容師の中に愉快な男がいて、3人で時々ゴルフに行っていた。  彼からはいろいろ面白い話を聞いたが、男のプロスポーツ選手がチャパツに染めてくれと言ってきたら断固として断ると言うので驚いた。野球、サッカー、ゴルフからボクシングまで、プロスポーツ界はチャパツだらけだ。歩合制の美容師としてはいい客のはずなのに断るという。「プロスポーツ選手としてダメにしたくないから」というのである。......more

-------------↑TB内容終了-----------------------

 これを読んで中田英寿ファンのある層は
「ふざけるんじゃねーよ。視ね」と思うかもしれない。
それはそれでわかる。

 だが、このTBに日本人の恐るべき甘えが隠されている
気がしてならないのである。私は以下↓の内容を
コメしようとしたが長いのでここで書く。

-------------↓俺のcm内容----------------------
茶、茶髪で負けたのなら
WBCの日本代表が優勝できたのはどう説明するので
あらうか?

 私の記憶する限り、容姿がより印象に残ったのは
WBC日本代表であった。ピアスとか・・・。
サッカー日本代表のほうが、清潔とまでは行かなくても
すっきりしていると感じた。過激ではないなと。

 茶髪を注意するのはともかく
この種の物言いはある種のヤバサを感じる

 サッカーに限らず、
失敗をすると、

 「あいつは背が小さいから」「あいつは足が遅いから」
「あいつは顔が悪いから」「あいつは視力が弱いから
(視力がそれほど勝敗を分けるスポーツではない時でも)」
「あいつの家は貧乏だから」
「あいつは金持ち坊ちゃんだから」「あいつは瞬きをするから」
「あいつは生まれが卑しいから」「のっぽだから」などと

 いくらでも叩かれる訳で

 成功すると
「ハングリー精神が勝利を呼び込んだ」「金持ちで精神的に余裕がある
家庭に生まれたからだ」「得意の長身を生かし」「視力弱さをバネに」
「こまわりの利く体格を生かし」・・・・・

 俺も使うときあるけど、一種のアホさが炸裂するんだよね。

 居酒屋で飲んだくれているサラリーマンが「あいつは貧乏だからこそ
一生懸命頑張った」と泣きながら言うのは本人もある種酔って言うし
俺もつい自分と似ている(と思う)人間がいると感情移入するんだけど
あくまで酔っている状態なのはどこかしら自分でもわかる。

 あるいは、弱小チームが強大な敵方のチームメンバーを
「あんなちゃらちゃらしている連中に負けるかよ」というのも
分かる。自軍を鼓舞するためだからである(現に楽天野村監督は
阪神監督時は「新庄は天才だ」と逝っていたが
楽天監督になり「新庄ははちゃらちゃら~」といっている)
あるいは、自軍を自分の色に染めるための方策、
つまりは、自分のペースに引き込む作戦の一環(
監督やキャプテンの方針にまとめる)ということもあるだろう。


 そして、試合中酔っていた私も
平常時になると「実際の姿わからないし同じような容姿環境
でも成功失敗両方いるのはわかる。だから、
まぁ一種酔っていたんだろうな」
と自覚しているわけ。

 平常時にマジで「~という環境(というより容姿だから
もっと才能に影響は薄いだろう)の人間は失敗(or成功)する」
って真顔で言い切るのは逝っている気がする。

--------------↑俺のcm終了---------------

 私はこのトラックバックを打った人を責める云々は
興味がない(この種の人は世の中に腐る程いる)。

 日本人(世界もそうだろうが)共通の弱い情けない部分が
出ていると感じたのだ。

 例えば、「あいつは足が短いから東大入試に受からない」
とAさんが言ったとしよう。おそらく誰も相手にしないし
「何言っているんだ?差別偏見野郎が」と思うだろう。

 そう思う理由は二つあると私は考える。一つは本当の理由。
二つ目は社会みなさんが考える看板である。

 一つ目の本当の理由とは、
東大に足の長さ測定テストは無いからである。
まさしくその通り。無いですよね。

 二つ目の看板理由とは。
足の長さで差別心をむき出しにして発言する奴は
とんでもない奴だ、差別される方はかわいそう。

 これである。読んでいるみなさんは「何言っているんだ
当たり前だろう。何が悪いんだ?おい?」と
思うかもしれない。だが、この二つ目の看板理由こそが
これから話す中での極めて大事な部分である。

でも、疲れたので少し休憩します。
これはまた書きます。多くのみなさんが見ている内に。。。

 次回は
中田英寿の戦い3-ブログ上の議論からみる日本人の問題2
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-11 14:21 | 中田英寿と日本の惨状?
本当の愛国者は中田英寿だった4(俺は新庄剛と中田が大好きだ!)
俺は、現役プロ野球選手の中で野球界を支えようと
いうしっかりとした目的意識を持つ人は新庄剛と
古田と野茂しかいないと思っている。

疲れたので休憩する。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-10 22:48 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿の戦い1
中田英寿が大好きな人、もう良いよって人
いや、ウィニングイレブンが好き、他のサッカーの試合を
見たいって人、要はサッカーファンみんなに
言わせてくれ。割と多くの人が見てくれるみたいなので
言うが、お前らだまされないで下さい。

プロ野球の世界では、監督と球団が喧嘩することは
珍しくないよ。トルシエが川渕と喧嘩したという記事を
どこかで見たとき、全然違和感を持たなかったし
「うん?取り上げるほど?」と思った。

ここに日本の惨状が現れている。
楽天の監督をやっている野村監督が阪神の監督を
やっている際もフロント(要は球団社長)と喧嘩
しているんだよ。

野村「四番とエースに金をかけて下さい。」
オーナー「お金を賭ける巨人のやり方と一緒じゃないか?
君は巨人のやり方が正しいというのか?」
野村「えぇある意味正しいと思います。」

と激論をなんども繰り返している。

星野監督も同じ。

あるいは、巨人の原監督だって「人事異動」だって
退かされたよね。

でも、マスコミでは直接取り上げて叩かれる機械は少ない。
(ないことはないが)

一方サッカーだと無茶苦茶、ほんのちょっとしたことでも
取りざたされる。ここに注意してほしい。

要はプロ野球は読売グループを主力にしたマスコミが
バックにあるので、手を出せない。出したら読売だけが
取材できてしまい、出し抜かれるから。

で、日本のプロサッカーではマスコミは基本的に
バックにない。

そして、サッカーとマスコミは基本的に対立関係にあるわけだ。
だから、様々な方法で突っ込まれる。些細なことでやられる。

本来は監督がサッカー協会会長と激論になった位なら
いちいち取りざたされない。マスコミからすれば
漬け込みやすいし、読売グループも他のマスコミも
他国(欧州)だと放映権などで絡みにくいわけ。
だから、叩くに越したことないし、叩いても野球と
比べて怖くない。

もちろん、我々はサッカー関係者が無茶苦茶をやった
時は大いに叩くべきだ。
例えば、ジーコをいきなり日本代表監督にしたのは
素人目から見ても不自然。せめてコーチで経験を
つむなど方法はあった筈。だが、それをするには
我々も真剣にプロフェッションを目指すなり経営
のことも考えておく必要もある。

まだまだ日本のサッカーの基盤は弱いから(W杯
チップスがスーパーからすぐ撤去されちゃうし。)

・・・サッカー好きのみなさんにとっては常識でしたか?
常識ならごめんちゃい。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-10 22:44 | 中田英寿と日本の惨状?
中田英寿がイタリア人だったなら・・・
 フランス対イタリアが終わった・・・

 前半の初めと後半の途中から見ただけなのですが、
両方ともすごいチームだと思う。

 だが、結果は、精神力の戦い、目的意識の違いが明暗を分けた
気がする。

 4年前の日韓共催W杯の時、イタリアは自国開催の韓国と
激突した。韓国のレフリーから疑問に思うようなファールを
いくつも取られ、退場者が出て最終的に韓国に負けた。

 だが、異常なレフリングと韓国サポーターの熱狂的な
ブーイングの中、イタリアは先制後トッティを中心に
ディフェンス主体で冷静に粘りに粘った試合だった。

 悔しかったろうけど、冷静に粘り強い試合だったのを記憶
している。切れないで(いや、審判に抗議はしていたが)
落ち着きを払って最後まで最善を尽くしていた。

 今日の対フランス戦後のTVの解説では、
「フランスは強かった。運の差ですね。W杯は
運が微笑まないと優勝できない。」と言っていた。

 が、私は、違うと思う。

 延長後半、ジダンが退場してから流れが
変わった(それまでは仏が圧倒的に攻勢をかけて伊は
ほぼ完全に守勢であった)。

 マテラッツィにスキンヘッドで頭突きを行ったのだ。
挑発されたからかもしれない。攻めていながら点数が
入らなかったことにいらだっていたからかもしれない。

 だが、あと10分少々なのだ。
しかも、今年で引退を宣言している人間はチームでジダン
だけではない。同年齢のフランス代表DFのリリアン・テュラム
も引退を表明している。なら、なお更暴走は出来ないはずだ。
だが、やった。エゴイスティックな考え「俺の花道を飾るんだ。」
が頭を微かによぎったかも知れない。

 もちろん、それまでのジダンの経歴精神力は、
みなさんご存知の通りすばらしい。

 だが、イタリアの精神力の強さとは明らかな差があった。
引退を考えるトッティとの差としても良い。粘り越しに、理不尽なことが
あってもきっちりやるべきことはやる(現にキーパーのブッフォン、
フェンかな、と監督は厳重に審判にジダンの行為を追及した)し、
知恵を使って最善の策を搾り出す。頭を使い切る。
そして、それを信じて耐えて耐えて耐えて戦い抜く。

 一般人や他のプロ選手から見れば紙一重かもしれないが
両チームには明らかな差があったのだ。

 わかりやすく言う。
同じ理不尽なレフリングが双方それぞれに対してあった場合、
  イタリアの精神のブレ
  フランスのブレ
に明らかな違いがでるだろう。

 粘って粘って最後まで粘る。という精神力、
これが明暗を分けるように思った

 そう考えると、他の欧州・南米と比較して強くないと
言われていたドイツが今大会3位に収まり、前大会では
そのドイツを破り優勝したブラジルが準々決勝止まり
なのも納得が行く気がした。

 ドイツは前大会、決勝戦まで進んだがブラジルに敗れた。
敗因は、バラックの欠場と試合中に守護神カーンが
ブラジル選手がシュート体勢になったボールを取ろうとして
スパイクで蹴られてしまい、負傷してしまい失点を
許してしまったからだ。

 この負傷が無ければ勝てたのにと当時思った。
まして、バラックも出場すれば勝てたと。
ある意味(バラックはともかく)理不尽である。

 だが、その悔しさをバネに不屈の精神力で3位を
勝ち取った。

 粘り強さを伊・独共に特に強く感じた。
まるで、中田の現役最終試合の走りっぷりのようだ。

 技術レベルはともかく、伊代表が中田英寿の戦い方に
似ているというのはひいきの引き倒しかもしれない。
でも、プレイスタイル(というよりその裏にある精神)は
イタリア代表に中田英寿はぴったりだったなと、試合中
俺は思ってしまった。

そして、

 イタリア人なら、少なくとも前大会イタリア代表スタメン
に出る可能性は十二分にあったのにと。
そして、今大会も出場し、優勝メンバーに入ったかもしれない。

 日本国籍なんか捨ててイタリア人になっちまえば良かったのに。
本音は日本代表になって頑張ってほしいけど、報われない
かもしれない努力をして辛い思いをするよりは・・・と。

 彼にとっては悲劇かもしれない。
だが、彼が粘り強くやってきたからこそあそこまで
彼は活躍できたのだ。やらなければその他大勢。
日本も世界に飛び出すことは私が生きているときには
カズ以外にいなかっただろう。

 何度倒されようとしても、粘って耐えて耐えてひたすらチャンスを
待つ。粘って粘って粘って粘って僅かな勝機に賭ける。
それでも負けるかもしれない。だが、やらなければ
勝ち目は0、成長も0。

俺は「あぁ、これが人生なんだろうな」と考えた。

 私の人生も耐えて耐えて耐えて粘って粘ってカウンター
そして勝機や活路が見えたらそれに一点集中で
戦いを挑むという姿勢でやって来たので
イタリアやドイツの戦い方には勇気付けられた。

 と同時に、ヒデはきつかったろうなと思った。

複雑な心情だが、人は生きていくしかない。努力が報われる日が
生きている間に来ないかもしれない、永遠に来ないかも
しれない。無駄な努力かもしれない。中傷もあるかもしれない。
だが、人生で己の判断で正しいと判定してしまったら
安易でなくとも渡らなければ自分が自分で無くなってしまう、
自分を取り戻すために絶対必要な道があると俺は信じている。
[PR]
by chikkenndo | 2006-07-10 07:39 | 中田英寿と日本の惨状?