無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
フォロー中のブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
その他のジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:法科大学院時事評論( 9 )
給費制度の疑問と司法制度改革2
法科大学院制度、司法試験合格者増員をどう思いますか?
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=52969


人気ブログランキングへ

とれまが就職・転職人気ブログランキング



web拍手 by FC2

上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。
今年の技能五輪↓
技能ルネッサンス!神奈川2010
ダイジェスト↓

映像は↓のch1から4よりどうぞ。
http://ginougorin.jp/
関連記事は
労働組合関連と技能五輪
http://yuukinohan.exblog.jp/11604732


給費制度の疑問と司法制度改革
http://yuukinohan.exblog.jp/11713669/の続き


司法制度改革
給費制度
給費制
裁判員制度
裁判員

5他資格他士業との比較

 色々な資格があるが、司法書士と比較してみよう。疲れてきたのでそれだけで考えてみたい。

日本司法書士連合会
http://www.shiho-shoshi.or.jp/

 法律関係の各士業に対する弁護士会あるいは日弁連の対応は
少し納得が行かないところである。

 当初は司法書士が法律関係のことを少しやると、「非弁だ」「非弁活動は違法行為だ。」
と弁護士あるいは法律家の一員として認めようとはしなかったし、犯罪として扱っていた。

 ところが、司法制度改革が始まって「欧米に習って法曹増員を行うべきだ。」
「法律家を増やすべきだ。」という掛け声が強くなってきたと見るや否や
「日本には既に『法律隣接職種』が沢山あるのでそれらと合わせると欧米と変わらない人数だ。」
という意見に転換した。

 『法律隣接職種』や『法律関係職種』のような言い方をするところに言葉を扱う職業にも関わらず、それを曲げていく酷さがあるなあと思わざるを得ない。欧米、私が知る限りイギリスでは、日本の弁護士にあたる職業は「法廷弁護士」とう名称で弁護士の一部のみになっていて、他に「事務弁護士」というものなどがある。

 今まで弁護士側は「司法書士などは非弁だ。弁護士などではない。」などと言っておきながら増員の話が出ると「司法書士も法律家のはしくれに入れてやれば増員しない根拠になる」と捻じ曲げにかかってきたということ。

 言葉とか論理と言うものが空しい職業だなとしか言いようが無い。正直者が馬鹿をみるのだろうか。

 司法研修所の給費制度についても酷い有様がだんだん世の中に明らかになっていくだろう。

 ある、司法書士の方のサイトより↓

司法書士試験コミュニティ
合格後の流れ(研修や就職活動について)
http://shihoshoshi-community.com/goukakugo.htm
その後、1月の後半に1週間ほどの司法書士会の新人研修があります。
東京合格の私は、つくばで受講しました。
この研修はどちらかというと、簡裁訴訟代理業務等の司法書士としては新しい分野中心の内容です。1日中研修なので、泊まりがけになりますが飲みもあるし、仲間を作るのが目的みたいな感じもありましたね。研修とはいえ、ちょっとしたリフレッシュでした。

以上の研修は必須ではありません。(ただし、受講していないと登録の面接の際に不参加の理由を聞かれたりするそうです。)

まだ研修は続きます。2月はまるまる簡裁訴訟代理権取得には必須のいわゆる100時間研修。私は申し込むのが遅く、神戸での受講となりました。この研修も昼間行われるので、働いている方には大変です。ゼミ形式で、模擬裁判などもあり楽しい研修です。

私は、新人研修終了後、司法書士事務所探しをしました。若いためか、どの司法書士事務所でも面接は好感触。どこにも落とされませんでした。今の司法書士事務所は残業代もしっかりでるし、基本給も業界標準からすると良い方です。それに何より、様々な案件があるので、勉強になっています。独立までに何年かけるかは人それぞれですが、どうせなら都心の司法書士事務所の方がいろいろと経験できて良いと、個人的には思います。

なお、確か、研修代だけで20万くらい掛かりました。しかし、是非、研修に参加されることをお勧めします。


今の司法書士事務所は残業代もしっかりでるし、

・・・先ほどの武本弁護士の文章と比較してみても面白いが、今回伝えたいのは下記の内容であります。
この研修はどちらかというと、簡裁訴訟代理業務等の司法書士としては新しい分野中心の内容です。

なお、確か、研修代だけで20万くらい掛かりました。

・・・これは凄いことなのです。とんでもないことです。解説します。
簡裁訴訟代理業務

 とは今まで登記を中心にやってきた司法書士が簡単な民事訴訟、簡易裁判所を中心とした訴訟を行う業務のことです。それを簡裁訴訟代理業務といいます。当然登記をやってきた司法書士がいきなり訴訟業務を行えるのは難しいから、研修を受けて研修の最後にある試験を突破した者だけが簡裁訴訟代理業務を行えることになったのです。要は訴訟のやり方を教えてもらって試験合格したということ。その範囲では司法研修所の民事関連の要件事実や訴訟のやり方を教えてもらったのと同様の効果です。

 そうなると様々な疑問が生じざるを得ない。
なぜ有料で研修を受けなければいけないのか?簡易裁判所で扱える額は決まっていますが、同じ売買契約ならそこで扱う法律上の争いや条文判例は全く変わらないのです。司法試験合格者の司法研修所での研修が無料で受けられて給料までもらえる。にも拘らず、同じことを司法書士が行ったら有料。非常におかしい。差別としか言いようが無い。国家が差別行為を行っている。

 もちろん、言い方としては、弁護士のやる仕事は専門的な仕事でその教育に優先的に国家がお金を注ぎ込むのはやむを得ないなどと仰るでしょうが、それはあんまり通らないようにみえる。
というのは司法研修の給費制度維持を主張する方々は「給費制度にすれば受益者である国民が得をする仕組みです。」と先のMX-TVの映像にみられるように発言されているのです。

 たまたま弁護士に相談にいった国民が受益者になって、司法書士に相談した国民は受益者として認めないと言っているのと同じであります。

 もっとはっきり言うと、
 「過疎の村で司法書士に相談に行った国民は害を受けて当たり前だ。」と言ったも同然です。とんでもない話だと思います。

 私はたまたま要件事実についての参考書を立ち読みしていたら、予備校の出版されている本であったようでいきなり始めの方に「問題研究要件事実」「○□○○」・・・(いずれも司法研修所のテキスト)を購入してくださいと書かれてあるのです。それでそのままパラッと読み進めていってみたら司法書士合格者用のテキストであることに気がつきました。研修前に読むにしてもそれらのテキストは修習予定者には無償配布されるものなのになぜなのかなと思っていたら、司法書士合格者用の研修を
受ける人は自腹で買うものだと気がつきました。

 政治力の差がこのようなことになったのでしょうが、本当に理不尽だと思います。

 こう言うと、「訴訟のような高度の知識と思考力が要求される仕事は、専門的な勉強をして難しい試験に通った人でないと駄目だ。」というようなことを仰る方がおられます。

 あるいは、司法書士の訴訟を扱う範囲について同じような論拠で「高度な専門的な勉強修練を積んでいない司法書士には簡易裁判所で扱うような小さい額はともかく大きい額高額を扱う地裁より上の高等裁判所以降の訴訟は無理なんだ」と仰る方もおられます。

 これも暴露と言うか言ってしまうと、民事裁判扱う事件で破産とか一部のM&Aとか一部の特許のようなものを除いて額が高いものは不動産に関連する訴訟なのです。
 
 不動産関係法律の基本知識について試験の時点で詳しいのは司法試験合格より司法書士だというのは通説。過去問をみてみたら明らかに差があります。そして、ロースクールでも抵当権を含む担保物権(≒不動産関係の法律)については成績が振るわないというのはいわれるところです。

 そうなると、不動産に関してどちらかというと高度な知識をもっているのは司法書士だから、不動産が絡む訴訟は司法書士が全て扱うということになります。

 こう言うと司法書士の方や不動産関連で普通に働く方にとっても失礼だと思うが、
http://megalodon.jp/2010-1202-2251-02/www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1289785120
法律家の卵に「借金の足かせ」
司法修習の給費制廃止
2010年11月15日10時38分(千葉日報)
 修習開始前、思わぬハードルに直面した人もいる。同法科大学院出身の****さん(26)は修習先に決まった山口でアパートを契約する際、不動産業者に身分を聞かれ、「司法修習生で生活費は国から貸与される」と説明した。事情は理解されず結局、職業欄は「無職」に。収入のある連帯保証人が必要となり、退職後に嘱託社員として働く父親(62)に頼んだ。
--------------------------------------------------------------------------------

などとわけのわからないことを言う世間知らずの人よりも遥かに信頼がおける。俺だったら↑の合格者の弁護士には絶対に頼みに行かないと思う。こんなのに頼みに行く人は弁護過誤にあってもそれこそ自己責任だとも言える。

 ところが、そういうことを言う人が余りみられないのも少し疑問ですね。

 弁理士も少し調べましたが似たような面があるように思います。

 一応公平を期すために言っておくと、「行政書士に行政訴訟を任せよう」だの「司法試験と司法試験は司法権や法務局関連。行政書士は行政関連(行政訴訟を含む)。」という議論はでたらめが多いように思う。
 
 どういうことかというと、行政関連の書類を作る究極的には行政訴訟を行うというのは司法的な裏づけが必要だからです。わかりやすい例は、行政訴訟。行政訴訟は民法をやって民事訴訟法もやって要件事実などの法律の実務的なところをやって民事訴訟を普通にこなせるようになった人が行政法を勉強して訓練してできるようになるからです。

 だから、余りしたくはない難易度の話をすると、行政書士が3つの資格で一番楽に取れると言われるのはおかしいのです。間違っている。

 現状のままなら、司法試験後の2回試験合格者や簡裁代理権を取得した司法書士が実務で普通に民事訴訟をできるようになってから行政書士をとれるようになるのが良いと思います。現状の資格の廃止も検討すべきと思いました


・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2政治部門音楽部門ブログランキング会社名:FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
(以上計3つ) 

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-12-14 06:22 | 法科大学院時事評論
司法修習生への給費制度の疑問と司法制度改革(給費制の問題点司法修習)
 私はエキサイトブログというブログを使用させていただいております。携帯から見ると1つの記事をみるために10回以上クリックしなければいけない時があると聞いた。かつてはアメーバーブログと言う他社のブログも同じだったようだ。そのアメーバーブログは最近1度か2度でみれるようになったが、エキサイトブログは逆に1度で済んだものを10回以上クリックしなければいけなくなったそうだ。これはなんとかした方がいいのではないかと思い、エキサイトブログの要望コーナー
http://staff.exblog.jp/11280130/などにコメントを書き込もうとクリックしたが、やめることにした。私と同じ使用者(エキサイトブログ会員)の方たちが同じく要望を書き込んでおられるのだが、余りにも山賊みたいに言いたい放題にみえたのでやる気を失ったしまったからです。昔から無茶苦茶だったよなあ。自分のアフィリエイトを効率よくやるために「エキサイトブログはこうすべきだ。」「こういうサービスを提供すべきだ。」と言うのも昔あった。無料会員で当時は広告は非表示にも関わらず。一歩譲ると二歩も三歩も要求されるのが当たり前の厳しい国際情勢みたいだ。
念の為にこの機会に読者にお知らせすると、私のブログをみるとエキサイトブログさんが契約した広告会社の広告がクッキーに入って着ますしスパイウェアも入ってくると思います。今は、yahoo!japanとかLEC東京リーガルマインドのような予備校です。

・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ
・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2

 例えば、LECとは資格試験の予備校ですが、恐らくIPを記録されます。すると、その記録されたユーザーさんがたまたま別の機会にLECのHPなどで契約をして資格試験の講座を受講するとその何%かがyahoo!japanのような広告会社とかアフィリエイトを掲示しているエキサイトブログに入ります。1万円受講したら数百円は入るでしょう。

 これはブログユーザーも同じで私がそういった広告をサイトの端っこに貼ると、読者がそれをクリックしなくとも別の機会にたまたまLECで本を買ったり講座を購入するとそれで私は数百円入るのです。だから、例えばネットサーフィンで資格試験や大学入試などの勉強方法を探すというのは非常に危ないことでもある。予備校で営業の人に講座を勧められて間違って多くのお金を浪費してしまうのと違った危険がある。自由に情報を集めて自由に決められるかと言うと、全く自由ではない。現に大学入試の世界では2ちゃんねるで私立大学礼賛が始まっている。私立大学の就職の方がしやすいと言い切っているスレッドが出てきている。(私立大学と予備校の提携も含めて非常に恐ろしい話でもある。一般論として大学名に関わらず大学受験をして進学することそのものがリスクになっている現状で凄いことだなと思う。そうは言っても今後は私立大学の就職率は上がってくると思う。コネをもっている人間しか就職が出来なくなっているのでそうしたものをもっている人間が多い私立大学生が就職できるかもしれない。そうでない私立大生は彼らに貢ぐだけになるだろう。そして、貢いだ人間で本当にどこにもいけなかった人間が学歴板で暴れまくるという。)

 私は広告とかアフィリエイトはやらないので自由に発言できますが、読者も真剣に考え直した方がよろしいように思います。でも、ぶっちゃけアクセス数を考えて彼らの1割がネットショッピングや講座を購入したと考えたら相当な収入になったろうな。やらないで発言するのは特定の目的思想があるか、精神的に逝っているか、余程精神的に余裕がある人間以外はやらんしやれんだろうなあ。

今年の技能五輪↓
技能ルネッサンス!神奈川2010
その他映像は↓のch1から4よりどうぞ。
http://ginougorin.jp/
↓約1年ほどの公的職業訓練を雇用能力開発機構かながわで受けたこの方々は国内の関連製造業の技能者として全員100パーセント採用されたそうです。私とは縁もゆかりもございませんが心からおめでとうございますと言いたい。正規雇用だそうです。(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター

a0065225_4626.jpg


0給付制度
1就職情勢
2旧司法試験新司法試験の問題点
3司法研修所の位置づけ
4司法試験結果
5他資格他士業との比較
6考察


0給付制度

試験に合格したけれど... どうなる?司法修習生の「お給料」
http://www.youtube.com/watch?v=tpEwrQkfLeY

コメント欄より↓
osho1208
2 か月前 就職難だと言われているが、田舎の方は弁護士がいなくて困ってい­る。つまり医者と同じで皆都会で働こうとするため、地域偏在が起­きている。税金を投入して給付体制をとるのであれば、強制的に田­舎に弁護士を割り振るなどして、偏在を是正して、法曹のユニバー­サルサービスを実現しないと国民は納得できないですぜ。

osho1208 2 か月前 allgoo19
2 か月前 This is going to be just like US.

There are so many undeserving lawyers and judges who happened to be born in the rich family which could afford to pay for tuitions for their dumb sons and daughters.

Those students spend partying and drinking, don't learn anything in the school.

allgoo19 2 か月前 joeymillennuim
2 か月前 司法制度改革はアメリカの差し金であることを語らないと何も始ま­らない。アメリカが自国と同じ制度を導入させるために日本に要求­してきた。アメリカと日本は社会の仕組みも考え方も全然違う。法­科大学院制度の導入はそもそも無理がある。



 司法試験合格者の給付制度の継続が決まったようだ。

http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112401000348.html
1年継続で本会議に提出 司法修習生の給費制度

衆院法務委員会は24日午後、司法修習生への財政支援について、国が給与を払う「給費制」を1年間継続する裁判所法改正案を委員長提案として本会議に提出することを全会一致で決めた。

 衆院本会議で可決後、参院に送付する。今月27日から修習が始まる司法試験合格者を対象としており、各党は早期成立を目指す。

 改正案は給費制の継続を1年限りとし、この間、財政支援の在り方などを見直すなどとしている。

 修習生への財政支援は今月から返済義務がある「貸与制」に切り替わった。1年継続されれば、貸与制は撤回される。2010/11/24 13:23 【共同通信】


 司法試験合格者への給費制度とはなんぞや?
という方は先ほどの映像などをご覧頂きたい。
 司法試験に合格した人間が本当に法曹資格(≒弁護士資格)を得る為には1年から2年間の司法修習を受けてその修習の最後にある2回試験に合格しなければいけないという決まりになっている。
その修習期間は法律によって修習専念義務が課せられているため国家公務員としての待遇を受け給料をもらう。ボーナスももらえる。

 という仕組みだったのを、修習期間の給料を0にしようというのが、司法制度改革によってロースクール制度とともに決まった。

 それに対して弁護士会などが反発した結果、「やっぱり給料払いましょう」となったということ。
 他にも
http://www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1289785120
http://megalodon.jp/2010-1202-2251-02/www.chibanippo.co.jp/news/chiba/society_kiji.php?i=nesp1289785120
法律家の卵に「借金の足かせ」
司法修習の給費制廃止
2010年11月15日10時38分(千葉日報)
****さん(28)は公務員の内定もあり、修習に進んで借金を背負うことにためらいを感じた。「中学生のころからなりたかった弁護士でも生活を考えると迷いが出た。経済的に『うちは無理』と夢をあきらめる子供が多くなるのではないか」と訴える。「企業の試用期間のような研修なのにどうして…」「修習義務が不可欠な以上、給与を出すべき」と、修習生の困惑は大きい。

 修習開始前、思わぬハードルに直面した人もいる。同法科大学院出身の****さん(26)は修習先に決まった山口でアパートを契約する際、不動産業者に身分を聞かれ、「司法修習生で生活費は国から貸与される」と説明した。事情は理解されず結局、職業欄は「無職」に。収入のある連帯保証人が必要となり、退職後に嘱託社員として働く父親(62)に頼んだ。
--------------------------------------------------------------------------------

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2010/11/09/post_7338.php

会見では新修習生3人が発言。高知に配属が決まったという****さんは、引越しに25万円必要で、急きょバイトをしているとのべ、貸与制導入の理由が給費制廃止にともなう経済的配慮ということについて、「修習中は法律で復職を禁止されており、また配属先決定に経済的配慮がされないことなど、経済的配慮はあまりに不十分」と話しました。
 ****さんは、「友人は大学在学中に親がリストラにあい、首席の成績での卒業だったが親に頼れなくなって働かなければならず法律家をあきらめた。経済的理由で法律家になれない人を生みだすのはおかしい。給費制を維持すべき」と訴えました。
 同支部の事務局長の****さんは、「すでに大学やロースクールで1000万円の奨学金を受け、修習の貸与で300万円強も借金が増える。さらに国保に加入しなければならず、妻と8カ月の子どもも抱えての生活では、貸与制の負担はとても重い」と述べました。

 会見に参加した京都弁護士会給費制維持緊急本部佐野就平弁護士は、同制度が盛り込まれた法改正時(04年)では予測できないほど雇用情勢が悪化していると指摘。「弁護士の中には収入が300万円を切る人もいる。弁護士事務所への就職も難しく、返済できる余裕は修習生にはない。そもそも公共的存在の法律家になることを受益者負担として自己責任で負担させることがおかしい。すぐさま法改正すべき」と訴えました。

1就職情勢


司法試験合格後の二回試験合格者の就職難が叫ばれているが、大きな嘘と言って差し支えない。
https://www.jurinavi.com/recruit_support/tips/data62/data62_123.phpより

 見ればわかる通り、

2回試験合格者約2000人の内約1900人は法曹三者に就職できている。

 つまり、嘘であるということ。

 面白いでしょ↓。依頼者にもこうやって嘘をつくんだろうな・・・。こういう人を信用できない。誰も相談に来ないだろうと気がつかないのか。こうやって法曹界を貶めている。
ウェリタス法律事務所 武本夕香子先生のサイト
http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20100825084328
司法修習生の就職難2010.08.25
. 
 司法修習生の就職先が決まっていない割合が43%に上るとの数字が再三報道されています。
 
 30%の司法修習生が就職先を見つけることができないと仮定すると、弁護士になる1800人のうちの30%ですから、およそ500人が就職先を見つけることができないままに、世の中に放り出されることになります。



http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20100901112618
就職先が見つかったからといっても安心できない2010.09.01

今年は、500人から1000人近い就職先のない新人弁護士が誕生する可能性があることは先のブログで申し上げました。

 でも、就職先が見つかったからと言っても安心することはできません。
 外見上は、就職できているかに見えても給料のない「ノキ弁」(法律事務所の軒先だけを借りる弁護士)の場合もあるからです

   中略
このようにして、結局、ノキ弁は、いつまで経っても、生活が安定しません。
 弁護士には労働基準法の適用がないので、夜遅くまで残業代など支払われることもなく、ただただ働き蜂として働き続けます。

 「こんな日本に誰がした。」

 結果はもう出ています。

 責任追及をすべき段階に入りました。

 景気が良かった時代も脱法行為を行っていたのですね。公のためにとか企業批判行政批判糾弾なんて行えないな。この人達。
http://www.veritas-law.jp/newsdetail.cgi?code=20101105152236
日弁連法曹人口政策会議は会員の意向無視2010.11.05
.

2旧司法試験新司法試験の問題点

司法試験、特に旧司法試験の一番の問題点は基準が不明確であるということ。

 どういうことかと言うと、法科大学院制度が成立してあるいは新司法試験制度が始まって一番重要なことは、コア・カリキュラムなるものを文部科学省が作る方向性で指示を出したということです。

法科大学院コア・カリキュラムの調査研究
http://www.congre.co.jp/core-curriculum/
というのが出来た。

 これは、目的のところにもあるように単純に言えば文部科学省が各ロースクールの教育内容の基準を作成するよう学者実務家に促して作ったものです。

http://www.congre.co.jp/core-curriculum/purpose.html
本補助事業の全体の目的は、京都大学、東京大学、神戸大学の緊密な協力関係の下に、法科大学院協会・カリキュラム等検討委員会と十分な連携を図り、法曹三者の協力を得ながら、法科大学院におけるコア・カリキュラム(共通到達目標)のあり方を調査研究し、その具体的なモデルの提言を行うことにより、法科大学院教育の内容・方法について、より一層の改善を図ることである。


 その作成したコア・カリキュラムが

法科大学院共通的到達目標(コア・カリキュラム)第二次案の公表について
http://www.congre.co.jp/core-curriculum/result/result02.html
に掲載されている。

 どの科目でも良いが、pdfファイルをご覧頂きたい。
目玉科目の行政法をみましょうか。
http://www.congre.co.jp/core-curriculum/result/pdf/gyosei02.pdfです。

 ご覧になるとわかりますが、21ページある。その中で教育方針あるいは参考基準について書かれている。

 こういった基準は旧司法試験時代には全く無かった。0だった。

国家が行う資格試験としては非常におかしい。アブノーマルである。ありえない。

 私は先日APEC前にパシフィコ横浜で行われた技能五輪の見学にいったのですが、出場する技能者は技能検定を受けている人が多い。その技能検定は、
中央職業能力開発協会(JAVADA)
http://www.javada.or.jp/
が開催しているのだが、そのHPから辿ればわかるとおり、どの種目も10ページ以上の基準がきっちり書かれている。

http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/ginou/aramashi/syokusyu.html
の下のほうのアドレスを見れば基準がある。)

 このように他試験と比較しても司法試験は非常におかしい。

 基準が無茶苦茶だといわれてもしょうがないし到達度もわからなくなっている。
きちんと基準を立てた資格試験(技能検定)を行い企業の昇進試験としても活発に使われている私権を開催している中央職業能力開発協会(JAVADA)が仕分けされ、司法研修所の方は全くのノーチェックはおかしい。理不尽だ。

 これだけで普通は理解できると思うが、恐らくブログランキングのTOP50のブロガーのほとんどは理解できない(全員だと思うが全部を詳細に見切れないので「ほとんど」ということにしよう)のでまとめておこう。

 ロースクール(法科大学院)を管轄しているのが文部科学省。
(新旧)司法試験を行っているのが法務省。
技能検定を行っているのが中央職業能力開発協会(厚労省管轄)。

 文部科学省は学習指導要領を作った経験があるのでコアカリキュラムも作って公開するように促すし、ロースクールを設立する際に文部科学省(文科省)の許可を受けなければいけない。それには数千ページの書類を出して大学関係者はそれこそ過労死しそうになる位やって認可を得るのです。医学部も同様に認可を得る際同じようにやるし、学部のカリキュラムは概ね公開してある。公開しないと認可は得られない。
そして、厚労省管轄の技能検定も各級毎に各企業の技能者に実務経験何年以上と決めた上で検定試験を実施して、その実施試験の過去問はもちろん基準もかなり公開している。
その一方で、司法試験は司法試験法に書かれている僅か数行のみ。各科目(憲法など)の名称とその「基本知識と応用力」としかかかれていない。
異常極まりない世界なのだ。仕分けた方が良いと思う。


 一応言っておくと、コアカリキュラムが素晴らしいと言っているのではない。中身については異論があるし、例えば一部の大学関係者しか集めていないのは間違っていると思うし、中身をみても私立大学なら本当に一部の私立のロースクール関係者しか入れて議論していない。大きく間違っていると思う。しかし、公開してあればこうした形で批判できるし、変える事だってできる。公開されていないところであんな抽象的な基準、いや恣に基準を変えることができる形で国家試験を行うのは非常におかしいように思う。

・・・ということです。これは次に述べる司法修習所の研修や二回試験においても同じことで、最終的に法曹資格を得られるかを決める二回試験の基準などは公の場で公表されていない。司法試験も二回試験も論文試験の上位300位までは1人に1万円位支払っても構わないから合格答案を法務省や修習所は公表すべきであるように思う。

取りざたされている朝鮮学校の不透明な補助の受け方と似ていて弁護士100人が立ち上がって朝鮮学校を守ろうとしたようだが、似たもの同士だからかなと思ってしまうのだ。

・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ
・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング
・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-12-14 06:14 | 法科大学院時事評論
読売新聞の攻撃と永守重信社長のブログに関して5(法科大学院)
朝日新聞GPについて・・・

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=35755
http://toidahimeji.blog24.fc2.com/blog-entry-639.html

日本電産永守重信社長関連記事は↓にだいたいまとめてあります。
http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%B0%B8%E5%AE%88%E9%87%8D%E4%BF%A1/
http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%B0%B8%E5%AE%88%E9%87%8D%E4%BF%A1/


0お知らせ
1読売新聞の攻撃
2日本電産・永守重信社長を初めとした経済人のなすべき対応






a0065225_12531714.jpg


・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手 by FC2

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-06-08 12:54 | 法科大学院時事評論
ザ・コーブと日本電産永守重信社長4(訂正含みます)
http://yuukinohan.exblog.jp/10756217/を書いたが、反響は今一つだったな・・・。

私のブログは、
政治 (100%) - 103位 / 725人中

週刊のポイントは700
三橋貴明氏のブログのポイントは
177140

17万対700・・・凄い差だ。私のブログは頑張れば約1500までは良くのだが、それにしても1対100の差だ。酷いもんだな。こりゃ。酷いという意味は、国民のレベルと言う意味でもある。

(07/10)THE COVE - A Despicable Propaganda Movie
http://www.youtube.com/watch?v=cQQitFpUOQA


legitimate111
2 日前 俺も放映には反対ではない。ただし映画館ではなく無料動画だけ。映画館で放映すればアンプラグドの加藤に儲けさせるだけだから。しかし無料動画放映によって多くの日本人がこの反日映画の嘘を指摘する事ができる。この映画はあたかも日本が自由の無い人権蹂躙国家、中共と錯覚させるような作りになっている。ところで俺もバカ右翼は大嫌いだ。よーめん爺、お前も英語で反論書いてみろ!


ザ・コーブ・・という映画のことです。
おかしさを指摘する為に映画公開か・・・。配給会社に宣伝費を巻けば配給会社は無料でも喜んで公開します。むしろ、お金を払って観客を集めるでしょう。言い方を変えると、公開されるまでに障壁を設ければ設けるほど敵方からの工作は難しくなります。今はほとんど配給会社を通せば楽に流せる。もちろん、言論を完全にフリーにしてでたらめをやった瞬間に生きていけないほどの報復的なことをやるなら結構ですが、このコメントはそれをやる根性がないでしょう。このコメント者はでたらめなものを流されたら相手の国の大使館に自爆テロをやって配給会社・制作会社相手国を完全に処理する絶対処理する確実な展望をもった上で言う前提が無ければだめです。
・・・ということもわからないのは非常に頭が悪いのです。わかった上で「表現の自由」を仰るならば一つの見識ですね。大概表現の自由・言論の自由を強く仰る方は本当はものやかねいのちのほうが精神的自由より優越すると思っているのが実際ですね。一水会現象と名づけましょうか。

☆関連エントリー☆
日本電産永守重信社長2(製造業雇用の大失態)こんな経営者人事担当者はいらない
http://yuukinohan.exblog.jp/10751535


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=36055


a0065225_18251293.jpg

↓余裕があってまだ投票されていない方は・・・

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=35889


0お知らせ
1永守重信社長1に関する訂正



a0065225_10575029.jpg


・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手 by FC2

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-06-08 11:28 | 法科大学院時事評論
日本電産永守重信社長2(製造業雇用の大失態)こんな経営者人事担当者はいらない

上記は
http://makiyasutomo.jugem.jp/?eid=477など参照

http://www.miki-otaka.sakura.ne.jp/wordpress/2010/06/02/%e9%b3%a9%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%92%83%ef%bc%81%e3%81%95%e3%81%99%e3%81%8c%e5%ae%87%e5%ae%99%e4%ba%ba/
↑本文と関係ないが、面白かった。実はかなり実力があるのに番組や紙面の都合などに合わせて充分発揮できないでいるように見えて少し残念。ただ、本当に発揮しちゃうと視聴率や読者数が減るから難しいところだ。


0お知らせ
1永守重信社長のブログから考える製造業の雇用のあり方




0お知らせ
(07/10)THE COVE - A Despicable Propaganda Movie
http://www.youtube.com/watch?v=cQQitFpUOQA

↑ユーチューブのコメント欄で語学がどうこうとかwikiの編集をしているTMさんのように欧米人の観点と称して日本人バッシングに明け暮れる人はこういうのを拡散する協力をしているのかな・・。

http://www.youtube.com/watch?v=0X10NEbBDkU


映画「ザ・コーヴ」上映中止 都内の映画館、抗議予告で
和歌山県太地町のイルカ漁を告発したドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」をめぐり、26日からの封切りを決めていた東京都内の映画館2館のうち1館が、上映中止を決めたことが分かった。映画を「反日的」と糾弾する保守系団体が4日以降、上映館に抗議活動をすることを告知しており、「近隣への迷惑」を考えて自粛したという。
 映画は隠し撮りの手法などが賛否の議論を呼んでおり、今後の動き次第では上映自粛が広がる可能性もある。
(朝日新聞ニュースより)

↑のように、抗議側を恐喝団体と仄めかすマスコミの動機は下記を見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=6V07xxMqQWw



↑丁寧にみない人が圧倒的多数なので文字で書くけども、マスコミがアルバイトを何人も雇って10席程度の傍聴席を占拠してしまっただけでなく、余った券を裁判所内で売買するダフ屋行為を行っていると、抗議団体が告発・指摘しているのです。そうなると、抗議団体がマスコミの仕事を脅かす敵になるのでマスコミは抗議団体を叩くのです。

a0065225_12292468.jpg


☆参考サイト☆
映画「靖国」については・・・

http://yuukinohan.exblog.jp/10517262
SPA!
http://yuukinohan.exblog.jp/9077275
一部を↓に抜粋します。
映画「靖国」上映問題で活動した「ネット」右翼に対して「本職」・言論人が色々批判をされた。
これに対する「ネット右翼」側にたった直接的な反論は一応文化人からはあることはある。
東大元教授映画靖国を切る! 2008年 04月 10日などではある。例えば、「いわゆる左翼と言われる
言論人は教科書を作る会の出した教科書は中身を見ないで批判している。これはおかしい。」
というようなあなた達もおかしいですよという言い分。

 しかし、なぜあそこで「ネット右翼」や稲田議員がああした行動をとることになったか
全く報道されなかった。もちろん、稲田議員が「極右翼」だったからと言えばおしまいかも
しれませんが、事実を見ようとするとそれでは説明がつかない部分が出てきます。
映画「靖国」に関しての事実だけを見ると真実にはたどり着かないように見える。

 どういうことかというと、冒頭のよーめんのブログの記事の
読者の感想紹介(マンセー映画) 2007年 02月 04日を見ましょう。
韓国の「あなたを忘れない」という映画なのですが、
そこでの日本人の扱いが無茶苦茶らしい。
日本の電車の線路に落ちた乗客を助けた韓国人のエピソードを中心に描いてあって
助けなかった日本人は酷いというようなイメージで映画が撮られている。

 しかし、該当の映画は助けた韓国人だけでなく一緒に救助活動に当たって亡くなった
日本人の為の物語と銘打っているのです。しかも実話を元にしている。
こういった映画に日本の文化庁が3000万円も出しているのです。
反日映画見てきました!{電突付き) 2007年 02月 02日

文化庁に電話抗議しました。 2007年 01月 30日参照のこと)

 もう無茶苦茶で亡くなった日本人の遺族にも失礼という風に見えるのです。
当然、「いくらなんでも国がこういった映画にお金を出すのはいかがなものか。」
という話になる。そして、この事件をマスコミが大々的に扱うことも無い。
国会議員は何をやっているんだ。となるのです。

 その延長線上で、映画「靖国」があった。当然、「あなたを忘れない」という映画が
あると知っている人は「これは危ないんじゃないか」となるのです。
また、国会議員もそういう前回の歴史があるから「内容は見ておこう」となります。

 私は、一番悪いのは「あなたを忘れない」という映画の問題をきっちり報道しなかったマスコミにあると思います


 今回のザ・コーブという映画のマスコミは一応各マスコミは触れている。
その一方でこの映画を供給したアンプラグドという配給会社が仮処分をとってデモ活動に対抗するなど色々問題が残っているようだ。
a0065225_12281775.jpg

 気になるのは、情報・主張は言い放題なのだろうかなということ。いい放題の言論人にしてもなぜ国民はこういった人間を思想の自由市場から淘汰しないのだろうかなと考え続けてきた。「支持者がクズだから」などといくらでも理屈は立てられるのだが、それだけではないようにも思う。)
(その例↓
まっとうな国民
http://yuukinohan.exblog.jp/10707195
ネット書き込み(宮台真司教授関連2)
http://yuukinohan.exblog.jp/10700884

 考えたのは、政治議論と言うのは常に暴力あるいは暴力とまでは行かなくてもある種の力と密接な関係があるからだということ。結局、その部分が全く無視されてしまったのがいかんよなあと思う。本田由紀教授と言う東京大学の社会学の教授がいる。結構支持はしていたのだけども、ブログで批判コメントを大量に書かれて閉じてしまったということがあった。

 非常に不思議に思ったことがある。本田先生は朝日新聞にもしばしば意見を書かれていた。数百万以上は朝日新聞をご覧になっているわけだ。仮に99パーセントの人間が彼女の意見を支持して1パーセントの人が反対だったとしても、数万人は「間違いだ」と思っているわけだ。そうなるとそういった人達から批判なり非難なりが来ることは普通に考えられるのだが、そういったことを想像しないでやっていたのかなと思う。非常に世の中を謝ってみていると思う気もする。宮台真司教授にしても同じことだけども。

 それはそれで、性格としてそういう人もいて良いのですが、そのことが社会をまともにみれないことに繋がっているように思う。例えば、職業訓練に関してですが、彼女の議論は、会社に入ってから職業訓練するojtだけでは反対だから公的訓練が必要だという姿勢を示している。それと全く正反対の人との議論が何年も朝日新聞や岩波あたりを中心に続けられてきた。

 非常に賛成反対ともきついものがある。なぜなら、会社に入ってからの職業訓練も公的部門が関わっているからなのでOJTがあるから公的部門は必要ないという議論には絶対にならないのだ。非常に社会の小さい範囲の小さい分野のことしか頭にないのではないのかと思わざるを得ない。そういうことを指摘する人は論壇には0と言ってよい。宮台教授も「本当の社会を教えよう」などと言いながら全くそのことには触れていない(こっそり付け加えるかもしれないが)。

 後半で触れることと矛盾するようだが、文科系の大学院の駄目さ加減、及びそういった先生と称される人間を崇め奉る人々の質の低さを象徴しているように思う。ロースクールではそこまででたらめな人間は少数派であったのにと思う。(もっともでたらめな人間も存在する。)
 
 その程度の連中が法科大学院の現状を語っていいのだろうかと言う気もする。

 民度の低さとあいまって非常に困ったもんだなと思う。学部生の低さとあわせて考えると、ロースクール卒業生をもっと官庁・各企業に登用しなければやばいという所以でもある。インターネットメディア含めた制作会社も頭が無いのでまともな人はよりつかないようにもみえる。

 「ザ・コーブ」の世界での評価しか考えられない。他人事の人間が育っているのも自然なことに見える。


日本電産 永守重信社長については、
http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%B0%B8%E5%AE%88%E9%87%8D%E4%BF%A1/
http://yuukinohan.exblog.jp/tags/%E6%B0%B8%E5%AE%88%E9%87%8D%E4%BF%A1/
というtagなどでとりあげることにしたので興味のある方はブックマークなどに登録してください。読めばわかる通りの内容です。

・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-06-05 12:57 | 法科大学院時事評論
ロースクールの長所
例によって参考にしたサイトブログの方は取り扱いきれませんでした。掲載されていない方でTBを受けてくださった方は当方のこのエントリーにTBなど頂ければ幸いです。

http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=25442


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=36332

a0065225_7163960.jpg

a0065225_717253.jpg

勝間和代さんが仕事でよくでてくるところ↑だ。
こうしてみなさんの情報が毎日新聞に一元管理されることになるかもしれません。
ツイッターを使う皆様、お気をつけ下さい。しかし、ツイッターのおかげで本が売れた2ちゃんにスレが立ったと仰る方も折られたので難しいでしょうかね・・・。勝間さんが広めたのはやはり本当に大事かではなくて自分の収入にとって大事と言うことだったな・・。(児童ポルノ法改正で騒いでいる人もいるがこういうあたまだからなあ・・)

 あと、ところで、wikiかどこかで編集をしているTMという人が行動する社会運動に因縁をつけて「こういうやり方だと駄目です」「シー・シェパードに殺されそうになっても微笑を浮かべて温和に頑張ってください。欧米の人間との会話でバカにされます。」といったらしいが、本当かね。
だいたい、外国語ができる人間が偉いんだみたいな主張も一時期過度にあったけど、海外在住邦人の外国語が得意な人=コミュニケーション能力で海外に主張できる・・とは限らない、むしろへたくそが多いように思う。

 日本人で日本語のみの人より劣るようにも見える。藤井厳喜という有名な評論家が英語かフランス語で外国人参政権反対の論理を立てた動画を配信したが、外国にいる邦人はほとんどそういったコミュニケーション能力や勉強する力が無いのを示した気がして驚いた。邦人社会のなかで全員とはいかなくても何人かはそういった問題を知っている人がいて当然だと思っていたが・・・。
日本国内で能力というか知識や論理を頭に入れられない人、勉強しない人が脳が空っぽゆえに外国語をそのまま脳に吸収した。その結果、外国語が頭が入るが知識などが頭にはいっていない。そういう人が多いのかなとも少し考えてみたが、理科系の有名な研究者でも堂々と語学を使って論文を書いたり発表しているので人によるということかなとも思った。

いずれにせよ色々なことを総合して考えなければ。。。

☆関連エントリー☆
2010年 05月 31日
民主党政権だから可能になった盗聴
http://ttensan.exblog.jp/11214034/

オタク人間の終焉
http://yuukinohan.exblog.jp/10564351

http://yuukinohan.exblog.jp/10725552


0お知らせ
1政局
2法科大学院制度





↑の詳細は、
この国は少し変だ!よーめんのブログ(日本こそ一党単独極右軍事政権でなければならない)
西村氏勝訴 対左翼の嫌がらせ裁判 2010年 06月 03日
http://youmenipip.exblog.jp/13875628/参照



・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-06-03 08:01 | 法科大学院時事評論
在特会批判と法科大学院批判の勘違い1
法科大学院や司法制度改革に関してはtagで「法科大学院」と表示されているものをクリックしてください。記事がまとめて出ます。



雇用能力開発機構かながわによる能力開発総合大学校における職業訓練風景↓(詳しい説明は下の方にあるtagで「雇用能力開発機構」をクリックしてください)
a0065225_6432034.jpg

有名な牧野フライスの工作機械を使っていますね。

0お知らせ
1在特会批判雑誌現る
2法科大学院(司法試験・予備試験)への誹謗中傷について



↑うるうるしてしまった・・・。


1在特会批判の雑誌現る
新・極右評論
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/
というブログの
外国人問題、最大の障壁
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51523671.html
というエントリーを読むと

在日特権を許さない市民の会
http://www.zaitokukai.info/
という団体に対する批判がある一般では知られていない雑誌で企画されたようだ。(拘置所などで愛読されているらしい)

 前提として、元々私が新・極右評論という凄まじいおどろおどろしいタイトルのブログに注目したのは
新・極右評論ブロガー管理人襲撃事件と内部留保の経済愛好家問題2
http://yuukinohan.exblog.jp/10079732/
でも示したとおり、この新・極右評論の管理人が右翼をなのる人間の襲撃を受けたという記事を読んだときだ。右翼同士の内ゲバとも思いつつ読んでいくと、攻撃をした右翼の人が中国残留孤児を名乗る人間であったことに衝撃を受けたからエントリーにもとりあげた。

a0065225_8364745.jpg


在日特権を許さない市民の会襲撃を行う右翼
http://yuukinohan.exblog.jp/10479720/

 でも取り上げました。

 その上で先ほどの新・極右評論を読むと状況は掴みやすいように思う。

外国人問題、最大の障壁
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51523671.html

 であげられている右翼団体による在特会批判は、
 対談の内容であるが、木村・久田・李の3者ともに在特会が取り組んだ京都における朝鮮初級学校がグラウンドとして不法占拠していた「勧進橋児童公園」の奪還行動や不法滞在フィリピン人であったノリコ・カルデロンの強制送還を求める運動は、いずれも小学校や年端もいかぬ少女を標的とした卑劣な弱い者イジメであるとする件から始まっている。


ということがあるようです。これに関しても私のブログでは既に取り扱っていて、
韓日友好の崩壊・年末年始特別番組・公的職業訓練
http://yuukinohan.exblog.jp/9678056/
蕨市事件と消費税
http://yuukinohan.exblog.jp/10383625
でも触れました。↓に少し抜粋をします。左側に限らず右側に当てはまる面もあると思うので。

 
私が、常々左側の人達が嫌らしいなと思うのは、例えば学校のいじめ問題が起こったら
まずその種のメディアは日教組を守ろうとする。そこから演繹して2の次3の次に
子供の生命や人権をおこうとする。その結果私的自治だから国は手を出すなで済ましがちに
なってしまうことが少し前まで散見された。

 この不法滞在の問題も、福島瑞穂大臣や水島広子先生のような医者や弁護士の先生方は
影響を受けないし、むしろもめごとが起こったら少し政治の仕事が増えるかもしれない。
医師会は堅固だし、弁護士会も法曹の定員を押さえ込もうとする方針で固まりそうだから。

 でも、立場の弱い日本人はどうなるか彼女達が視野に入れようとするのが遅いように見える。
これは宮台教授も同じで不法外国人を入れれば日本人にしろ外国人にしろまず弱者から食い物に
なります。少女売春ももっと酷い形で行われるのをわかっていて賛成する。
まともな血の通った人間なのかと思ってしまうことがままあります。
自分の欲望を満たす為に使うのでしょうか。


 正直、今ある先の情報だけで考えると、このような批判を行う一水会自身が弱いものいじめ人権抑圧を助長しているように見えます。

 もちろん、そういう意図は無かったと仰るでしょうが、鈴木邦夫大先生と仲が良い宮台真司大先生によると「政治は結果責任」だそうですから。つまり、それに基づくと、一水会が弱いものいじめを助長しているということ。ただ、官僚が殺されたときも涼しい顔をしていた宮台先生も一般人も右翼が怖くてそういった意見が言えないでしょうが、実際はそうなのだと私は妄想しています。

「在日特権を許さない」の「在日特権」とは
http://yuukinohan.exblog.jp/10479922
で少し紹介しました。主に在日特権を許さない市民の会の会長である桜井誠氏が積極的な批判活動を展開しています。
(襲撃事件に関する会長コメント↓
http://ameblo.jp/doronpa01/entry-10441945763.html

その他
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現の
☆在日特権特集!☆
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3779.html
・福祉給付金について
「在日特権/福祉給付金の悪夢」小平集会ダイジェスト版
http://www.youtube.com/watch?v=Aitl5zFDrAY


http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/cat_50029600.html

http://makiyasutomo.jugem.jp/?eid=479

 などを参照ください。
なお、在特会などに対して「反米でないのはけしからん」と意味不明の批判・誹謗中傷人権侵害を繰り返している右翼の方がおられるが、在特会の会員である有門大輔を初め毎年米国大使館などに抗議を繰り返している。↓はそのわずかな1例。後ろの方に出てきている警備の人も最後に一言「実は、私の親戚もアメリカ軍の東京大空襲で殺されているんです」と仰いました。


a0065225_8372273.jpg


「われわれは米国債は売り払う」・・・この位のことをたった一人になっても言える男が保守や右翼や人権派弁護士であるべきだと思う。そもそも米国債と言う単語も宮台教授はお知りにならなかったのではないだろうか。

 自慢させていただくがネット上も含めれば「米国債を売り払え」は私の方が↑よりも先に宣言している。
↓もやっております。


↓は、朝鮮総連と目される集団から襲撃を受けながらも、朝鮮学校批判のデモ活動を続ける在特会他の団体。
a0065225_8404876.jpg


解説は
相撲協会の外国人枠と消費税
http://yuukinohan.exblog.jp/10324804/
でしました。


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=35965



・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-05-30 07:43 | 法科大学院時事評論
口蹄疫から考える安易に叫ばれる風評被害(法科大学院・国債・記者クラブ編)
追記:更新をしない間クリックなどで支えてくださった方々へ、どうもありがとうございます。更新できない間の状況は、http://yuukinohan.exblog.jp/10700884/の前半部分で少し触れました。

http://www.youtube.com/watch?v=L03UjabBSUQ


↑は本文と直接関係はないけども、興味のある方は、
http://makiyasutomo.jugem.jp/?eid=477
を参照してください。


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=35830


1口蹄疫における風評問題
2風評問題(法科大学院・国債編)



a0065225_10294436.jpg



・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-05-28 10:38 | 法科大学院時事評論
法科大学院経営危機の原因を考えられない人間
a0065225_8424026.jpg




http://www.youtube.com/watch?v=Exz-gH7cUOw


☆上記映像に関する参考記事☆
オタク人間の終焉
http://yuukinohan.exblog.jp/10564351/の中ごろ

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51515655.html

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51515983.html

お疲れ様です。

http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20100513/1273720569
↑日本人に非常に似た人が総理になった・・。


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=36055


0前書き
更新できない間のクリックなどご支援ありがとうございます。恐らく明日から数日間更新できませんが今後ともよろしくお願いします。またコメントなども頂いておりますが、なかなか返事できませんがよろしくおねがいします。

例によって時間を無理やり作ってブログを更新することにする。特にGWから今にかけて5月の前半は本当に忙しく、しんどい時期なので文字通り、無理やり更新である。

 チャンネル桜と言う番組がユーチューブ上で流れている(チャンネル桜という制作会社自ら流しているので違法ではない)。そこで「最近の若者は勉強しない。」「だらだらしている。」とさんざんお述べになっている方々がおられた。willや正論や文芸春秋によく掲載される評論家が「グーグル社にいったけど、博士や修士をもつ研究員が朝から晩まで研究していて立派だ。それにひきかえ日本の若者は」と仰い、それに呼応するかのように水島聡社長が「そうですね。日本の例えば早稲田大学なんかの講演会を周知する若者の組織がどんどんなくなっていって我々のような講演をする人間を呼ばなくなっている」と仰っていた。これは伊藤貫氏も同じ。

 ↑のような映像を、新旧問わず司法浪人生や普通に勉強しているロースクール生・新司法受験生・・もちろん旧司法試験受験生がこの時期にみたら思わず(妄想の中で)ボーガンの1つでも打ち込みたくなるのが正直なところだと思う。もちろん、冷静な時期にみたら「ある一部を取り上げていっているだけだ」と好意的に解釈する余裕はあるかもしれないけれども。

 この辺りは、
蕨市事件以後と保守経済評論家の状態
http://yuukinohan.exblog.jp/10404786
でも触れたところである。

 念のために言うが、理科系も同じである。例えば、ある大学の物質関係の工学科だった筈だが、ある液を6時間ごとに垂らす実験をやると当然、土日だろうがGWだろうが、なんだろうが全く関係なく垂らしに行かねばならないしその都度データをとらねばいけないという話は数回聞いた。文系である私も「土日だから~~」と言う感覚は余り無い。学部卒で就職した人と遊びに行くご飯を食いに行く酒を飲みに行く予定を調整する時に初めて「ああ、この日は平日の真ん中だから時間的に難しいな」ということに気がつく程度である。

 ちなみに、私が当ブログで何度も取り上げている能力開発総合大学校は全国の国公立大学よりも1年間当たり実験実習の時間が50~100時間多い。約1.5倍の実験・実習時間。もちろん、私立大学は国公立大学よりも実験実習の時間は短い場合が多い。当然その分時間は制約される。言い換えると、その分学費はかかって当たり前ということ。

 ↑のようなことは常識に近いはずだが、
職業能力開発総合大学校を叩く人間は犯罪者?
http://yuukinohan.exblog.jp/10502980/
で触れた方は、知れないようだ。

http://megalodon.jp/2010-0427-1906-38/blog.inmycab.com/?p=2520&cpage=1

・・という魚拓で保存しました。↑この人は各種運動に積極的に参加しているようだ。具体的に言うと「××基地建設反対」「自衛隊反対」のような運動。こういう公的職業訓練を攻撃する運動家の上に乗っかって保坂展人元衆議院議員を初めとする皆様が政治活動を展開なさるのですね・・・。はっきり言って、労働者の敵だと思います。リベラルや左翼の看板を下ろしていただきたい!!

 しまきくじろうという弁護士の方も同じようだ。こういった弁護士は人権派の弁護士事務所に入ったとしたらその事務所は似非人権派ではないかと私は疑ってしまう。

 少し話を戻して、旧司法試験にしても母の日に受験させるというのは非常に親不孝なことだと思う。5回司法試験を受けたら5年間母の日を祝えないのだから。保守・右翼を名乗る人々も「家族の破壊に反対だから夫婦別姓に反対だ」などとのたまう位なら、「母の日に試験をやるな!!母を!家族を大事にしろ!!」と主張することからはじめた方が遥かに世の中の支持を得られただろうに。


 この辺りも

派遣法と夫婦別姓
で書いたし、
オタク人間の終焉
オタク人間の終焉でも触れた。

 いつもながら、脳みその問題と言うのが大きいように思う。


・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手

続きはここをクリック
[PR]
by chikkenndo | 2010-05-14 08:44 | 法科大学院時事評論