無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」

長渕剛を愛する司法試験受験生yuukinohanaのブログWセミナー基礎講座新保義隆先生→ロースクール進学予定(画像は、滅多に見られない、かくれんぼ中の刑事訴訟法教科書を至近距離で撮影した貴重なものである)
by chikkenndo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
管理人よりとリンク集など
詳しくは、
☆管理人よりとリンク集☆参照
以下は簡易版

☆管理人より☆
yuukinohanaと申します。
ボランティアでブログをやっております。よろしくお願いします。

○訪問帳・ゲストブック○
ゲストブックというカテゴリの
初心者・一見さん用ゲストブック
一般用ゲストブック
及び
公的職業訓練用のゲストブック
などへどうぞ

○訪問後は・・○
私のブログを読んで面白かったら下記の↓の3箇所をクリックしてください。
・総合(http://blog.with2.net)
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・FC2法律部門ブログランキング会社名(http://blogranking.fc2.com/)会社名FC2 inc.所在地101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109


web拍手
ブログランキング初登録
のエントリーで報告したとおり、
このランクに投票したいというのを選んで押して下さい。
もちろん全部でもいいですよ。
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部
↑は会員募集中だそうです。
理事長ブログでの会員募集↓
道理によって芽生えた反転攻勢止めるな!
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について

○管理人の能力・主張○
能力をもつ人間が潰される国

○荒しが多く注目すべきエントリー○
特定IP(を装った人間?)による荒らし1
司法浪人の就職事情 48社目
特定IPによる荒らし2
・司法試験予備校関連
問9
視点を変えて
本当のばかやろー?③内容編4
ミドルマン4MIYADAIcomSF2麻布や開成が進学実績を落した理由
約1年遅れの新司法試験漏洩疑惑
死刑廃止議論考察1

☆某有名大学生の荒らし↓?☆
理由2

○記者評論家チェックコーナ○
若林亜紀 霞が関と闘うジャーナリストのブログ
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏
ナショナルミニマムと朝日新聞と技能五輪TV朝日2
田中秀臣氏のEconomics Lovers Live
若林亜紀・田中秀臣・細野豪志氏

・みんなの党・渡辺喜美議員
キッコーマン、特別会計運営学校を現地調査 事業仕分け担当の民主議員

・首都大学宮台真司教授
日本の難点(宮台真司著)幻冬舎0共同体


○ブログをチェックするコーナー○
5号館のつぶやき
事実のねつぞ・・

☆訪問サイト・問題ブログ☆
チャンネル桜
前原誠司ホームページ
独立総合研究所
鳩山邦夫議員HP
阿部知子のHP
厚生労働省
文部科学省
平沼赳夫HP
参議院議員 西田昌司HP
安倍晋三議員HP
麻生太郎HP
首相官邸HP
マスコミ不信日記
公正取引委員会
ぼやきくっくり
vipepper@ウィキ新司法試験漏洩
皇国の興廃、この一文にあり
せと弘幸Blog『二本よ何処へ
まき やすとも 政経調査会
eine kleine Katzen Schelle
☆ちょっと右寄り猫派の日記☆

テレビにだまされないぞぉ
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構ホームページ
独立行政法人 雇用・能力開発機構
職業能力開発総合大学校
(独)雇用・能力開発機構 神奈川センター
独立行政法人 雇用・能力開発機構 にいがた
厚生労働省:全国労働基準監督署の所在案内
広島労働局
大分労働局
中央職業能力開発協会(JAVADA
会計士山田真哉先生日記
娘が更新する富岡幸一郎先生のブログ
酔夢ing Voice - 西村幸祐 -
城内 実(きうちみのる)先生 オフィシャルサイトブログ
民主党政権と鳩山由紀夫首相を応援するブルログ
新・極右評論
亀井静香公式webサイト
森田  高参議院議員Blog
復活!三輪のレッドアラート!
公務員叩きに物申す!-現職公務員の妄言
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
村野瀬玲奈の秘書課広報室
公的職業訓練を守る会 活動日誌
公的職業訓練を守る会
参議院

 ☆検索サイト☆
検索サイトによる恣意的な検索結果の表示や広告拒否を防ぐために検索サイトの独占化を防ごう!
具体的には超有名サイト以外のサイトも率先して使おう運動!!

詳しい話は、この記事参照
Infoseek
fresheye
朝日新聞社HP
産経新聞社
サンデー毎日
毎日新聞
光文社
日立製作所
小学館
文芸春秋
東洋経済
講談社
フォロー中のブログ
仙波眞弓のココロ
散歩道
掬ってみれば無数の刹那
動物園写真館
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
5号館を出て
Chocolates
スローCatsライフ
戯言の放浪者
動物園写真館
O V E R D O ...
日本がアブナイ!
ウォールストリート日記
広島瀬戸内新聞ニュース(...
Anything Story
にこにこ日和
glass cafe g...
この国は少し変だ!よーめ...
なんでも好奇心
フィレンツェ田舎生活便り2
新田均のコラムブログ
pessimist
わたしのイチニチ!
エキサイトブログヘルプ
omoigawa2
三十路女の溜息
ywatariのブログ
マイノリティー
日本青年社 埼玉懸本部
河野談話リンク集
渋ろぐ
uni☆Rock
A moment of...
WAY OF LIFE
セルリアン☆ブルー
Bee AQUA
麻生太郎の笑顔がとてつもない
つれづれ雑写
Kazumoto Igu...
千風の会
右翼でもなく左翼でもない...
新攘夷運動 排害社ブログ...
あきぞら 2
カテゴリ
全体
目次
入門講義勉強方法編
決意表明
現在の弁護士・受験生の意識
自己紹介
良く見るブログなど
メモ
大学時代
社会問題①エリート?
合格者の進路
主に法律以外の書評
現在の法曹界2
社会問題②ネット
大学院選び
法曹界への提言
ロー法科大学院入試対策
中田英寿と日本の惨状?
法曹制度について
平野裕之先生について
中田英寿その2
サッカー日本代表
現在の日本(世界)の惨状
司法試験受験生の体調管理
趣味
司法試験・法科受験界

歴史
現在の法曹界3
雑談と関わったゴミ箱系ブログ
要望系
更新などお知らせ
video.news.com
司法試験@2ch掲示板
現在の司法試験勉強
現在の法曹界4
司法試験コラム系の矛盾
文系研究者層の意識
掲示板上のロー生との一問一答
ブログ
雑談
ネットマスコミ社会
videonews.comの予備知識
初心者歓迎法律論
検索サイトの対応
耐震偽装
社会メディア問題資料集
2007年度videonews.com
書評の読み方(法律編)
検索制御当ブログへのgoogle編
パピレスvideonews.com1
2007参院選特集以降videonews

ミドルマン(videonews関連)
2008-2009videonews
麻生太郎総理記者会見
行政政治の基礎知識
PC関連ニュース
映像集
保守系政治家
国防
リライバル
騙り系のブログ
マスコミ報道
ブログランキング
記者政治家評論家
左右性格編
怒らない地方国公立大学生
行政刷新会議チェックコーナー
亀井静香金融大臣
荒らし報告
管理人よりとリンク集
ゲストブック
財政投融資
労働
保守
法科大学院時事評論
国家的・公的職業訓練
エキサイト
投票所
ブロガーリンク集異常編Cランク
人を見る目
国家社会主義への道
社会運動
社会運動への提言
移民問題
騙されるネット右翼
外交と関連政局
さようなら人物団体
表現の自由
2010以降選挙感想
外国人問題
労働組合
青少年少女保護
経済政策
放送界
地震と原発問題
選挙
未分類
ニューメディアの趨勢
反極右反在特会
NPO外追編
帰化制度
以前の記事
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
最新のトラックバック
民主党解散秒読み:民主党..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
チェルノブイリから400..
from 【地震ちゃんねる】
「読売・朝日・毎日」を今..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
再稼働前提のストレステス..
from 雪裏の梅花
「食べたら健康を壊す」「..
from 雪裏の梅花
野田増税内閣は存在理由な..
from ふじふじのフィルター
ある日のツィッター2
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
チャンネル糞桜・水島社長..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
外国人雇用税の新設(企業..
from 雪村総也の不安
天罰の不合理~東京都民へ..
from たかしズム「ネトウヨ、バカウ..
NO.2018 事態回避..
from 大脇道場
保護貿易は常に悪なのか?..
from 政治の本質
リフレに対する素朴な疑問..
from ロンドンで怠惰な生活を送りな..
国家崩壊を導く奇型マルク..
from 風林火山
東京都青少年の健全な育成..
from 東京のばかやろーブログ
日本政府の国債借金問題ー..
from 未来を信じ、未来に生きる。
瀕死の日本株式市場、即効..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
元凶は日銀のデフレ政策だ..
from 正しい歴史認識、国益重視の外..
麻生ファンは麻生先生に惑..
from ◆WE LOVE JAPAN..
新カテゴリ設立
from 東京のばかやろーブログ
ライフログ
検索
タグ
(72)
(55)
(42)
(32)
(28)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(9)
(9)
(9)
その他のジャンル
最新の記事
☆管理人より☆
at 2012-12-31 23:30
☆管理人より2☆
at 2012-12-31 23:00
☆管理人より3☆
at 2012-12-30 00:00
タグ集
at 2012-12-25 07:08
リンク集1
at 2012-12-20 22:39
リンク集2
at 2012-12-15 04:33
他サイト・ブログ記事紹介
at 2012-12-05 08:18
税収足りる。村野瀬玲奈の秘書..
at 2012-07-04 16:58
自民党への期待。小沢一郎と手..
at 2012-06-26 05:39
小沢一郎有罪論と検察審査会の..
at 2012-06-26 05:07
☆原発を批判するとネットでも..
at 2012-05-09 05:23
oharan氏達の東村山問題..
at 2012-04-25 04:55
野村旗守氏の転向(三浦小太郎..
at 2012-04-23 02:50
カルトと有門大輔氏(my日本..
at 2012-04-23 01:00
有門大輔氏の問題点2(みそ汁..
at 2012-04-13 03:14
平家平氏論争とoharan氏..
at 2012-04-10 05:48
原発議論の背景とNPT体制1..
at 2012-04-09 04:54
有門大輔氏ブログ周辺
at 2012-04-07 10:33
人権擁護法案に反対する2ちゃ..
at 2012-04-06 01:44
みそ汁の具ブログのみたいな実..
at 2012-04-05 06:34
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


保守とは何か葉隠から考える


☆お知らせ☆
思うところあってブログを続けることにした。各エントリーはエントリーで自由にやるとして、基本的に特定の政治団体などにこだわらず、ゆっくりとしたペースせいぜい週に1か2回でやっていこうと思う。現在毎日ネットに30分~1時間以上繋いだりツイッターを毎日チェックなければついていけないブログが幅を利かせすぎている。その為、ポイント数の割りに多様な読者を取り込めていない。要は本当にその運動に携わっていたり密な人かネットオタク、平日に時間が取れる人しかいない。そこで週末もしくは週に平日1か2度以下の頻度でまとめて読めるようなものにしたい。そして、それは執筆者である私にも合っている。


http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=37495


人気ブログランキングへ

とれまが就職・転職人気ブログランキング

web拍手 by FC2

上記2つ3つの画像をクリックすると当ブログの内容がより多くの人に伝わります。
今年の技能五輪↓
技能ルネッサンス!神奈川2010
映像は↓のch1から4よりどうぞ。
http://ginougorin.jp/

☆保守とは何か葉隠から考える☆


 今回は保守右翼右派反民主党系統の思想に近しいだろうという方々を中心としたブログにTBさせていただきます。その人たちに言いたいことなので。

 評論家の西部邁先生と言われる方が、willと呼ばれる雑誌に出された投稿がネットの一部のほんの一部で話題を読んでいるようだ。

ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
命を賭すほどの最高の価値を見つける構えを持って(西部邁さんの論説)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid922.html

文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/
保守論壇のゴロツキ・西部邁は『葉隠』を読んだことがないらしい。西部邁の『葉隠』解釈は幼稚園児並みかも……。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101217/1292520159
『葉隠』をハイデガー哲学で読み解く。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101218/1292652365

爆ちゃん吼える
http://blog.livedoor.jp/cordial8317/
武士道とは死ぬ事と見付けたり
http://blog.livedoor.jp/cordial8317/archives/51575868.html

バカモヤスミヤスミイエ
バカモヤスミヤスミイエ
西部先生は私の北極星
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-f7d9.html
保守の敵は朝鮮人ではない
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3b24.html
再び、「伝統とは何か」について
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-b8cc.html
少数派にこそ真実が宿る
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-a29b.html

 (最後の
少数派にこそ真実が宿る
http://isinnsha.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-a29b.html
はあんまり関係ないが、少数派が正しいならこれまであげたブログの中で一番ポイントが少ない私のブログがこれらのブログの中で一番正しいことになる。つまり、私のブログをもっとも尊重しなければいけない。しかしながら、上記のブログでリンク集におかれているのがブログランキングでかなり上位のものがかなり多くおかれている。非常に理不尽なものを感じる。私のブログがおかれたなら一番少ない私のが一番上におかれるのだろうか聞きたいところでもある。

 そして、
どなたかが政治に目覚めた時、右派のブログが上位にあれば、きっかけにはなるかもしれませんね。それも本当はきちっとしたブログが上位であればいうことありませんけど。
という考えもあるようだが、実はこれは自分に問いただす必要があるようにも思う。自分の姿勢として「この人は顔も見たこともない人だけども今まで会った人たち先生方よりより良い物をもっているのではないか」ということがどの位あったかということ。あったならば、見方も自身のブログのやり方も変わっていって、その結果、逆に実も知らない無関係者が自分のブログを見てくれた時に与える影響も全然違う。

 他人様に「あなたが目覚めたときに良いブログがあるといいですね。」と知らない赤の他人のものでも中身がよければ読むのが当たり前だと言い切るならば、その前に自分が姿勢を示さなければいけない。そうなると、ろくでもないネット上でもそれなりにまあまあ良い物が見つかってリンク集も今まで親しくない会ったことも無い人のもので一杯になるかもしれない。ということ。それを更に進展させると、知っている人間より知らないけどもより良い考えをとっていくことになる可能性も高まる。以上一般論。)

 そこで葉隠に関するお話もあったようなのでこの際、日本の保守の思想家評論家全般にある問題点を思いっきり取り出してみようと思う。

 この葉隠を用いた西部邁先生の主張は以下の通りのようだ。


a0065225_0283671.jpg

(上記写真はhttp://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51633481.htmlより)
NPO法人 外国人犯罪追放運動 本部へ
↑は会員募集中だそうです。
顧問での会員募集↓
外国人犯罪追放運動の組織拡大について
2ch裏へ
☆TB先ブログ☆
http://haigai.exblog.jp/12533717/
↑いいことだな。右翼保守のブログで初めて納得できる道徳らしいことを聞かせていただきました。

http://youmenipip.exblog.jp/15182910
↑数十年であそこまで団結力を誇るまでに至った国と1000年以上の伝統をもつわが国の現在の凋落の差は大きい。
ありのままの日本へ
2010/09/20連休前と連休中
http://tamogamicomeback.blog.ocn.ne.jp/weblog/2010/09/post_ab67.html
↑正しいと思う。
http://zaitokuhokkaido.blog82.fc2.com/blog-entry-198.html
↑同感過ぎる。


・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ
・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング
・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
画像が表示できない人の為のブログランキングリンクは↓
http://blog.with2.net/link.php?916012
http://blogrank.toremaga.com/rank/s13/1.html




ぼやきくっくり
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/さんの
命を賭すほどの最高の価値を見つける構えを持って(西部邁さんの論説)
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid922.html
から少し頂きます。
生命第一主義、あるいは生命史上主義ほど人間をダメにする、ましてや国民精神をダメにする思想もありません。生命が、すなわち生き延びることが最も大事だとしてしまうと、人間は生き延びるために人を裏切ることも、嘘をつくことも、臆病風をふかすことも、不道徳のかぎりを尽くすことも、何もかも許されてしまう。

 僕は単に嘘をつくことや、不道徳を働くことがダメだと言っているわけではない。命が一番大事だと言っている人間も必ずいつかは命をなくす。したがって、生命第一主義者たちの存立基盤がなくなり、自分が生きていることの意味もなくなる。そんな君たちは何者なんだ、はたして人間なのか、と問いたいのです。

 命について言えば、僕は、昔、山本常朝の武士道について考えたことがある。『葉隠』の有名な一節には「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」とあり、この言葉の解釈は、少なくとも現代になお通用するように解釈しようとすると、その命題は次のようなことになる。

 「武士道とは『もしも最高の価値というものを見つけているのならば、その最高の価値のために』死になさいということだ」と。

 さらに『葉隠』には「人生一生まことにわずかのことなり、好いたことをして暮らすべきなり」とも書かれている。

 三島由紀夫さんは、「この二つの文章には矛盾があるが、山本常朝は矛盾したことを言っているから面白い」で済ませてしまった。しかし僕から言わせてもらえば、矛盾しているから面白いなどというのは文学者のとぼけた話であって、その矛盾は解決しきれないとしても、解決すべく論理を組み立てるべきです。

 そこで、この二つの文章を結びつけるとこうなる。

 「人生はまことに短いから、命を賭すほどの最高の価値はなかなか見つからないかもしれないが、最高の価値を見つけることが一番好きだと構えてこその人間なんだから、それを見つけるべく暮らしなさい」と。

 「暮らす」とは、議論しなさい、間違っていたら訂正しなさい、新しいことを思いついたら人に話をしてごらんなさいということです。そういうふうに暮らしなさいと言っているわけです。

 日本人は戦後、命を賭すほどの最高の価値を見つける構えを全て投げ捨ててきた。そして、なによりも命が大事で通してきた。


 ・・・です。

 葉隠というのはそういうものではないようにも思う。
葉隠はいかにも戦前の悪しき道徳などを徹底的に押し付けてくる封建的な時代の恐ろしい書物であるかにみえるけども、読むと違う。

 中学高校時代のやや右翼か保守系の先生方が葉隠を道徳の教科書化何かだと思って「死ぬことと見つけたり」などという文章を何とか便りか通信で学内に巻いていたことがあった。

 だが、私は葉隠れの原文に注釈がついていたのを本屋でパラッとみていて目次が現代文になっていて一応意味はすぐわかる。目次のタイトルを見ると「嘘をついてもしょうがない」を初めとして色々反道徳的なものがちらほらある。これだけでわかりますよね。

 ↓の()内は趣味の話で本題に直結しないのでスルーされて結構です。

 (結局、中高時代に原文を少しは立ち読みで読んだけども本当に数ページしか読むゆとりが無く、そのまま現在に至るのだが、隆慶一郎というジャンプで連載をしていた「花の慶次」という歴史漫画の原作者が書かれた「死ぬこととみつけたり」という歴史小説は読んだ。隆先生は当時売れっ子小説家でいくつもの連載を抱えながら連載中になくなってしまい、多くの未完作品を残してしまうのだが、「死ぬこととみつけたり」も未完で終わってしまい、大変残念である。是非とも生き返って完成させて欲しいのだが、話を戻すとする。)

 葉隠れと言うのは、一応戦乱の時代が終わって、江戸時代の綱吉将軍時代辺りから強化された儒学あるいは朱子学のような道徳教育が一定程度普及していた時代に書かれた作品なのだ。中国辺りから朱子学とか儒教が入ってきてそういったもののなかから、お上が「これは日本を統治して自分達に逆らわないようにする仕組みとして使えるぞ」というのをピックアップして教えさせたのです。

 そういったものと対極に合ったのが日本の武士、特に戦国大名戦国時代の武士達だった。下克上とかあるからわかりますよね。

 そういったことがらに対しての反発が葉隠にある。綱吉将軍が犬公方と呼ばれるような生類憐みの令とかそういうことに対する反発と言えば一番理解しやすいかもしれない。

 そういったことが

文藝評論家・山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/
『葉隠』をハイデガー哲学で読み解く。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20101218/1292652365

 で小難しく描かれている。よくこんな糞長文で書くな。よっぽど暇か余程金をもらってないと、いや、自分ならもらってもやりたくないなというほど書かれている。ハイデガー哲学がどういうものでどう関係するのか私にはよくわかりませんが。

 ここで大事なことは、
江戸時代と今は状況が変わらない面があるということ。

 戦後ここ最近は、グローバリゼーションアメリカニズム、細かく言えば法と経済学とかそういったものが大量に入ってきた。それも色々な権限拡大の為に日本の支配層の一定数がそれを導入したわけです。

 江戸時代は、将軍なりその周辺の知識人が似たような理由で朱子学を導入したわけです。

 似ている。大変似ている。

 その上で、こういったアメリカニズムや朱子学を取り去ったらどうなるか?

混沌だと思います。

 江戸時代以前にしても、国内的には南北朝時代があってはっきりいって王朝が変わっています。そういったことを言わないけど明らかに変わっている。大化の改新だって似たようなもの。

 外交的に言っても、結局中国に対する朝貢外交が大半。表では中国に頭を下げて利を取る手法は前からあった。朝鮮半島の国々に対しても同じ。

 何度も言うが、
中国が一番、朝鮮半島が二番。三番目が日本。



 戦後はアメリカ合衆国が一番に躍り出たというだけなのです。

 そこを考えないといかんと思う。

 だから、在日特権反対を掲げて日本人が京都でデモをしたら、朝鮮人、北朝鮮の人や大韓民国人在日朝鮮人の人達が「日本人ごときが何を言うか」という態度に出る人が現れるのは歴史的伝統から言って自然なことです。保守主義者は正しいと言うのではないかな。

 そこのところを全然真正面から見て克服しようとしないからおかしくなってしまう。

 そういった伝統文化を否定するなり変えていくということを考えていかないとうまく行かない。

 でも、そこを逃げると永遠にうまく行かない。真剣に考えるべきだと思う。

 思想的なことを考えると、日本は今まであるときは中国の言いなりになってみたり朝鮮にくっついてみたりその逆をやってみたり・・・とやってきて何が何やらということになっていたわけです。そしてアメリカがやってきたりヨーロッパがやってきたり、果ては大東亜共栄圏。

 保守運動について「大衆運動をやると敵味方入り混じって何が何やらわからないなる」と指摘された方がおられたがまさしくそうなっている。
a0065225_1722158.jpg

 日本はあるときは朝鮮半島のを都合よく使ったり中国のを取り入れてみたりアメリカニズムに乗ってみたりヨーロッパの保守思想を入れてみたりアジアの国を入れてみたり国内的にもアイヌや沖縄人とやってみたり・・・その結果それなりに繁栄しては来たのだろう。白鳳も永住資格か帰化を申請するらしいし。

 だが、それを断ち切って行くか行かないか、線を引いてやっていけるか、に今後のあらゆる運動の成否は関わってくるのではないかという気がする(沖縄に関しては独立させろってこともあるが、自治州として考えても良いそのかわり選挙権などは外国人に知覚するべきだと思うし議論はすべきだと思う)。

 これは外国人参政権や移民問題だけに留まらず、文化的な部分もある。風俗問題にしても江戸時代から昔の風俗も結構緩かったがそれでいいのか、ある程度きっちり線を引いてやっていくべきではないか。公営風俗を作ってそれ以外は半分もしくは全部無くすということにするべきだという議論を展開しても良いんじゃないかということになる。


☆関連サイトエントリー☆
今回の記事は
給費制度の疑問と司法制度改革
http://yuukinohan.exblog.jp/11713669/の後半部分で
バカモヤスミヤスミさんのブログに当てた形で書いたのだが理解されなかったようなので
1つの独立したエントリーとして書きました。

東京都青少年の健全な育成に関する条例改正
http://yuukinohan.exblog.jp/11737433/

2度の朝鮮動乱こそ戦犯法廷へ!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51619349.html

博士の独り言
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
みなさまへの御礼
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-4001.html
↑■ 国思う主催勉強会・参考資料
□ 平成22年12月18日 中国共産党「対日解放工作」への対峙
は凄い役立ちます。ただ、今回触れられていないのだが対日工作について青木直人さんあたりのジャーナリストも甘かった。具体的に言うと、青木さんは、平沼赳夫氏について「中国の招待にも自費で応じたので信頼できる。」と書いていた。後に「平沼さんも中国に頭を下げ配慮するようになってしまった」と論調を変えたのだ。論調を変えるのは別に構わないが、だいぶ前から中国の対日工作の要領には「日本の保守的な政治家も自費でもいいから中国に招き入れるように」と書かれていた、少なくともユーチューブとかにはアップされていた。真面目にジャーナリストの仕事をしていたら警告を発しておくべきだろ。ということ。そうした間違いを素直に反省修正しないと将来は無いと思うが、ジャーナリズムやマスコミのレベルに応じた対応ということかね。少なくとも私がつき5千円以上のお金を払っていて集会や講演会もかなりお金を払っていたとしたら詰め寄って「どういうつもりだ」とやると思う。
学歴を考える
http://yuukinohan.exblog.jp/9446457
でも指摘したが、じぶんの都合でものを言いすぎる気がする。妻子を抱えた大手出版社のサラリーマンが大学院で勉強するのをほめるのは別に構わないが、それだったら欧米ではシンクタンクでは院卒が普通であることを指摘すべきだし大手出版社が学部新卒優先だというのはおかしいというべきだろう。言わないで自分によくしてくれた人間に対して公共の場で褒め言葉か。それって中国人、華僑とかの発想ですよね。しょうもないな。でも、田舎出身から出てきた人とか場所を転々とする人はこういう人が多い気がする。西の人にも少し多い気がするが偏見かもしれない。
http://seaside-office.at.webry.info/201012/article_11.html
今回のエントリーと関係は無いが↑凄いことになっている。。。
以前TBした別のエントリー
日護会副代表 行本慎一郎 東京都議会の全議員へ陳情書提出
http://seaside-office.at.webry.info/201012/article_9.html

凪に反日って言われちゃった v(^_^ )
http://angel.ap.teacup.com/grnahtgasgra/という人が
2010/12/19
「アンケート調査。あなたの意見をどうぞ。その他いつも通りのリンク貼り付け」 
http://angel.ap.teacup.com/grnahtgasgra/456.html
をTBしてアンケート投票箱を先頭に乗せたエントリーのリンクを貼っていた。
つまり、「ある法案に賛成ですか反対ですか?」というアンケートをわざわざ反対派のブログに飛ばしているのだ。その分、反対派の人数は割り増しされるじゃないか。
でっちあげ八百長、こうして偽の民意が作られるといわれてもしょうがない。卑怯なやり方と言わざるを得ない。この男(女?)は昔から胡散臭かった。以前も別の政策に関して、
http://yuukinohan.exblog.jp/10986177
http://yuukinohan.exblog.jp/10517262
でも書いたように、彼がブログで「こんな政策が上手く行くわけがない。上手く行く理由や例があったら教えてくれ。」と書いてあって、なおかつ「反日と思われる方のブログへのコメントが規制されたから始めたブログ。」とあってあるブログのコメント欄で反対の意見を述べたら消されたり規制されたことに憤っていたようなのだ。だから、私は「・・・ということは本当に教えを乞うているわけか。反対意見を受け付けないブログを大変嫌っているし憤っているから少し思っていることとずれているからといってTBを拒絶しないだろう」と思って
http://yuukinohan.exblog.jp/10986177
http://yuukinohan.exblog.jp/10517262
をTBしたのだ。ところが、この人はTBを受け付けなかったようだ。しかし、私は「いやいや、プロバイダーやブログの調子と言うこともある。そんなに人を疑うのはやめよう。以前も決め付けてしまい迷惑をかけたこともあったのだから。」と性善説にたってみていたのだが、こういうことがあるとやはりこの男は相当ズル卑怯なまねをしているなと言わざるを得ない。

 私はフェアと言うか純粋にアンケート投票なので私が賛成派でも普通に反対派のブログにも飛ばします。日護会の今回のエントリーもそうだし、共産党はこの法案に反対でしたが、その党員らしい人のブログに2つか3つは飛ばしました。あとは、中立かはっきりしないブログです。賛成派は1人か2人だったかなあ。「日本は何処」さんにも飛ばしました。

 自画自賛ではないが、ブログ・・いや、私の人間としての信頼の高さが現れている。自分に厳しい私でもやはりそこらへんのブログや人間と相当な差をつけていると言わざるを得ないなあと確信した。顔を合わせない一応匿名のネット社会においてもこれほどまともならば、実社会においてもおよそ「ずば抜けている」という言葉で表現しきれないように思う。・・・もうこれ以上やると慢心があるので程ほどにしよう。

http://toidahimeji.blog24.fc2.com/blog-entry-747.html
↑↑何度も言うが著書の宣伝に無職とはいえ元国会議員の先生をお使いになるのは良いのだろうか・・?

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
在日の若手活動家に問いかける
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/52614817.html
2010-12-17 新防衛大綱=軍縮大綱!
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20101217/1292563096
≪「動的防衛」を目指す日本、海自・空自を増強:新「防衛大綱」今週中に閣議決定≫とのタイトルで、

陸自兵力:15万5000人→15万4000人。

戦車  :600両→390両

火砲  :600門→400門

空自戦闘機:260機→現代化を推進

海自潜水艦:16隻→22隻

とわかりやすい表が入っている。

職業の防衛大学校である能力開発総合大学校は無くなってしまうので生き残った方だと思う。そのことについては
http://yuukinohan.exblog.jp/9204042/を参照されたい。
偽善者と言えば、私が以前経済の議論をしていたときに、「自分は(大手の?)金融マンだ」とアピールしてきた者がいた。しかし、その人は人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズのランキング政治部門で第五位に入っている。その議論の後、めっきり彼は経済の議論をしなくなってしまった。今考えてみれば、私が反対の議論をしていて負けそうになったとわかったのでそういうアピールをしてきたようだ。チンピラが「俺のバックには大きい組織がいるぞ」と言ったり議員の資格を振りかざすのと似ている。ところが、彼は在日特権を許さない市民の会やそういった団体NPOのデモ常連らしく誰も表立っては批判や対応はやらないように見える。やったのは私一人だけ。少なくとも表立ってできない方々はこんなのは恥ずかしいという観念くらいは持っていただきたいものだ。もてる人は少ないだろうが。そして、防衛大学校関係者の一部も危機感は抱いているだろうが、IT関係の技術者の専門教育は民間の専門学校に丸投げするシステムも非常に危ういものを感じる。ITは軍事技術だからだ。


◆ ケシクズ ◆
2010年12月10日■許すまじ入管法の否定
http://blog.livedoor.jp/akito3ta/archives/51930785.html
↑↑こういう書き方は少し私も見習いたい。



<補足説明>当ブログではエントリーを通して読まれた方にはもう少し下のほうにあるバナー(画像のこと)もしくは画像が表示できない人の為のブログランキングのリンクのクリックによる応援を毎回毎日お願いしております。
各バナー・リンクはブログランキングを行っている会社のサイトと繋がっており、押すと検索に乗りやすくなります。ある単語を検索しても単なる文字列を入力した場合と同じにならないようにするためです。例えば「ニューヨーク」と検索したのに単に「ニューヨーク」という単語が入っているだけで中身が「ニューヨーク」とは全然無関係なのにわざと文中に入れたり検索に引っかかりやすい単語を羅列した記事でも見てしまいます。そういう記事の場合は通常通して読みません。ですから、通して読んだ方がクリックして頂くことは非常に大事なことになっているのでご協力をお願いしているしだいです。3つあるクリック先の、1つ目は一般人用のサイト、2つ目はビジネス・日経関連のサイト3つ目はアメリカのITサイトで、各バナーの上にランキングサイトの名称URL及び運営会社を明記しておきました。


下記バナー2、3箇所の応援クリックよろしくお願いします(クリックを毎日行うとより多くの人に伝えることが出来ます)。

・人気ブログランキング(http://blog.with2.net)株式会社アットウィズ
人気ブログランキングへ

・とれまが就職転職ランキング(http://blogrank.toremaga.com/)株式会社サイトスコープ
とれまが就職・転職人気ブログランキング

・fc2拍手ランキング(http://fc2.com/ )FC2 inc.
web拍手 by FC2
(以上計3つ)
[PR]
by chikkenndo | 2010-12-20 23:39 | 保守
<< 東京都青少年の健全な育成に関す... 東京都青少年の健全な育成に関す... >>